24時間の訪問介護に対応してくれるサービスの実態とは

NHKは7月6日、「介護離職 こうして切り抜けました ~知っておきたい 24時間 訪問介護~」と題したクローズアップ現代+を放映。政府が目指す「一億総活躍社会」に向けた経済の活性化対策として掲げられている「介護離職ゼロ」の達成に欠かせない訪問介護の現状や、新サービスなどを紹介した。

「認認介護」「老老介護」という事態が決して人ごとではなくなってきている昨今だけに、放映後にはインターネット上に視聴者のさまざまな意見が見られた。

24時間訪問介護の仕組み

超高齢社会の日本では現在、1年間の介護離職者が10万人、介護離職予備軍が42万人にものぼるとされている。高齢者の暮らしを支える現役世代の離職はGDPの減少に直結してくるため、日本が対応しなければならない喫緊の課題の一つと言えるだろう。

番組では冒頭、要介護5の母親と暮らす男性が紹介された。男性は、毎朝午前6時30分に自宅から車で1時間の職場に出掛けている。母親に何かあった際はすぐに職場から自宅へと戻れないが、その状況を可能にしているのが「24時間訪問介護(定期巡回・随時対応型訪問介護看護)」だという。

男性が家を出た後の午前7時にヘルパーが男性宅を訪問し、洗顔や食事の介助、服薬、排せつの確認などを実施。30分ほどで作業を終えるとそのヘルパーは退去し、午前10時に別のヘルパーが男性宅を訪問。床ずれを防ぐための体位変換や排せつチェックをし終えると、12時にはさらに違うヘルパーが食事の準備や介助などをする姿が映し出されていた。

従来の訪問介護は1日1回程度、決まった時間に訪問し、最短でも原則30分以上という制約があったが、24時間訪問介護はヘルパーが要介護者のケアを同じ日に何度も行うという。このように一日に複数のヘルパーが入れ替わり立ち替わりでケアをするのが、24時間訪問介護の特徴。夜間などの緊急時の駆けつけもOKで、24時間の対応が可能とのこと。

かつて、この要介護5の女性は有料の老人ホームで暮らしていたが、月々の費用は27万円にものぼったそうで、金銭面の負担から息子の男性は違う施設への入所を決意。だが、待機者が多くて入所まで半年以上もかかると言われた。退職して自宅介護も考えたが、退職したら生活費が稼げなくなるため、八方ふさがりになっていたところでこの介護サービスに出会った。

24時間訪問介護の料金は、利用回数に限らず定額。地域や加算によって異なるが、自己負担1割の場合は要介護5でも料金は3万円程度(食費に別途1万5,000円の負担が必要)ですむという。

午後6時過ぎに仕事を終えて帰宅した男性が見守る中、午後10時にその日6回目のケアをヘルパーから受けて、この日の訪問介護は終了。仕事をしている間は24時間訪問介護に手助けしてもらっている男性は、「本当に楽しく介護させてもらっている」と話していた。