総務省は6月29日、平成27年国勢調査の抽出速報集計の結果を発表した。同調査によって、総人口に占める65歳以上の割合(高齢化率)が過去最高となる26・7%に達したことが明らかになった。1920年の国勢調査開始以来、高齢者が25%を超えたのは初めてとなる。

人口及び人口増減率の推移

日本の総人口は平成22年実施の前回調査から94万7,000人減り、1億2,711万人となった。15歳未満人口は1,586万4,000人(総人口の12.7%)、15~64歳の人口は7,591万8,000人(同60.6%)、65歳以上の人口は3,342万2,000人(同26.7%)となっている。15~64歳の人口が63.8%から60.6%へと減少した一方で、65歳以上の高齢者は前回の23.0%から3.7ポイントも増加している。

年齢別人口の割合の推移

65歳以上人口の割合が最も高いのは秋田県(33.5%)で、以降は高知県(32.9%)、島根県(32.6%)と続く。逆に最も低いのは沖縄県(19.7%)で、以下は東京都(22.9%)、愛知県(23.8%)となっている。

諸外国と日本の65歳以上人口の割合の推移

日本の65歳以上人口の割合は調査開始以来最高で、総人口に占める65歳以上人口の割合を各国と比較すると、イタリア(22.4%)やドイツ(21.2%)よりも高く、世界で最も高い水準にあるとのこと。

65歳以上人口のうち、単独世帯の人口は562万6,000人となっており、65歳以上人口に占める割合は16.8%となっている。男女別にみると、男性が179万7,000人、女性が383万人で女性が男性の約2倍となっている。65歳以上人口に占める割合は男性が12.5%、女性が20.1%となっており、65歳以上の男性のうち8人に1人、65歳以上の女性のうち5人に1人が一人暮らしとなっている。

都道府県別の65歳以上人口の割合

高齢者の生活を支える労働者の割合を見てみると、15歳以上人口の労働力率は 59.8%で、5年前と比べると1.4ポイント低下している。男女別にみると、男性が70.8%で5年前より3.0ポイント低下しているのに対し、女性は49.8%で 0.2ポイント上昇。女性の社会進出が数字の上ではわずかに進んだことが伺えるが、それでも男性と比べて20ポイント以上の開きがある。

※画像はすべて国勢調査の抽出速報集計結果より