Jリーガーの1試合における疲労度は非常に高い。1試合に走る距離は優に10kmを超え、試合中に数十回にも及ぶスプリントをかける。試合終了後、イレブンがピッチに倒れこむ姿を見たことがある人もいるだろうが、それも納得なほどのハードワークなのだ。そしてもちろん、それだけの運動量に耐えられるよう、日々厳しい練習を積んでいる。

それだけの負荷を体にかけつつも、食事や運動の量を調整してピークを試合にもってくる。プロである以上は当然かもしれないが、その「調整力」あるいは「体調管理力」が選手によって差が出てくるのも事実だ。

そこで今回、歴代のサッカー選手たちの中で、最も体調管理の力が優れていそうなプレーヤーに関してマイナビニュース会員300名にアンケートを実施。上位の選手と気になった回答を紹介しよう。

最近は「アモーレ」としてお馴染みの長友佑都選手は4位

Q. 体調管理術に優れていそうだと思うサッカープレーヤーを教えてください


1位: 三浦知良(20.6%)

2位: 本田圭佑(12.7%)

3位: クリスティアーノ・ロナウド(8.2%)

4位: 長友佑都(7.2%)

5位: 中田英寿(6.2%)


■三浦知良
・「年をとってもプロとしてピッチに立つ姿は、健康管理も一流の証し」(41歳男性/その他/その他)
・「徹底した食事管理、まさにカズのことだと思います。初めて食べるものは、写真を撮って専属トレーナーに送り、カロリー計算をしてもらうらしいです」(40歳男性/専門店/販売・サービス関連)
・「元Jリーガーの友達に聞いたら人一倍練習を一生懸命やっているということを聞いたことがある。また、あの年齢で現役を続けているから」(46歳男性/その他メーカー/技能工・運輸・設備関連)
・「年齢も年齢なのに体脂肪率が低く、食事にもかなり気をつかっていると聞いたことがあるから」(36歳男性/インターネット関連/IT関連技術職)
・「専属のマッサージ師や、栄養管理士がいると読んだから。また、年を重ねても現役を続ける努力をしていそうだから」(31歳女性/百貨店/事務・企画・経営関連)

■本田圭佑
・「慣れない海外生活の中で体調を崩さずにあれだけのプレーができるのは、奥さまやコーチ、ご自身の体調管理法があってのことだと思うから」(30歳女性/その他/その他)
・「自分の体重をノートに書いていて体調を管理している」(36歳男性/医療・福祉・介護サービス/その他)
・「サッカー以外にもかなり忙しいと思うから。独特の健康法を持っていそう」(32歳男性/教育/専門職関連)
・「何事にもストイックだから、体のこともストイックだと思う」(22歳女性/リース・レンタル/営業関連)

ほれぼれするほどのスタイルを持つクリスティアーノ・ロナウド選手が3位

■クリスティアーノ・ロナウド
・「専属シェフを雇ったり、かなりハードな筋トレメニューをこなしたりしているから」(47歳男性/その他メーカー/技能工・運輸・設備関連)
・「ほぼ休みなく常にトップパフォーマンス」(50歳男性/投資信託委託・投資顧問/営業関連)
・「広告によく出ているけど、肉体美を惜しげもなく披露できるからストイックな生活を送っているのかなと想像してしまう」(37歳男性/その他/建築・土木関連技術職)

■長友佑都
・「あれだけ何度もダッシュができるのはすごいと思う。いつも万全に体調を整えている証拠だと思う」(26歳女性/食品/専門職関連)
・「体幹のトレーニングを先駆けてやっていたから」(27歳女性/その他/その他)
・「海外での食生活はかなり気にしていると過去にテレビで見たことがある気がするから」(20歳男性/その他/その他)

■中田英寿
・「細かく厳しそうなイメージがある」(34歳女性/建設・土木/事務・企画・経営関連)
・「何につけてもストイックという印象から」(47歳男性/輸送用機器/営業関連)
・「プロテインで体調管理していそう」(39歳女性/流通・チェーンストア/販売・サービス関連)

■総評

49歳にして今なお横浜FCでプレーする「キング・カズ」こと三浦知良選手が1位という結果になった。6月19日に自身が持つJリーグ最年長得点記録を更新するなど、ゴールへの"嗅覚"は衰えてないカズ。「50歳近くになっても、バリバリの現役として頑張っている」などのように、年齢を重ねても現役でいられるのはきちんとした体調管理の裏返しとみている回答者が大半だった。

2位には本田圭佑選手がつけた。イタリア・セリエAのACミランに所属する本田選手には、不慣れな海外の地でも活躍できている点を評価する声や、「ストイックなので」など、本田選手自身が周囲に感じさせるイメージを回答理由に挙げる人が多かった。3位は世界でも屈指の名プレーヤー、クリスティアーノ・ロナウド選手がランクイン。テレビのCMなどで鍛え上げられた肉体美を披露したり、マンチェスター・ユナイテッドやレアル・マドリードといったビッグクラブで実績をあげていたりする点が評価されていた。

なお、6位以降は中村俊輔選手(4.6%: 常に体を大事に考えていそう)、リオネル・メッシ選手(4.6%: メッシほどの体を手に入れるには体調管理がしっかりしていないと不可能そうだから)、長谷部誠選手(3.9%: 一日のスケジュールが分刻みで決まっていそうなくらい真面目そうだから)という結果になっていた。

調査時期: 2016年6月16日
調査対象: マイナビニュース会員
調査数: 男性172名 女性128名
調査方法: インターネットログイン式アンケート