「ブライダルチェック」の検査項目とは

女性向けのメディアや友人同士の会話で「ブライダルチェック」という言葉を耳にしたことはありませんか? ブライダルチェックとは、一般的に、結婚を控えた女性が婦人科や産婦人科で、将来の妊娠・出産に影響を及ぼす病気がないかをチェックする健康診断のことを指します。今回は、その検査内容やメリットについて詳しくお伝えします。

検査の項目は人それぞれ

ブライダルチェックに含まれる検査項目は、医療機関や受ける人の希望によって異なりますが、主に次のような検査が行われます。

内診
医師が外陰部や膣内を目で見て、炎症や感染症がないかを確認します。加えて、膣内に指を入れて、子宮や卵巣の状態を診察します。

超音波検査
膣の中に、超音波を出す「経膣プローブ」と呼ばれる棒のような装置を挿入して、子宮の内部や卵巣の様子をモニターで確認し、子宮筋腫や子宮内膜症、卵巣のう腫などの病気がないかを調べます。

血液検査
血液を採取して赤血球の数やヘモグロビン濃度を調べ、貧血かどうかをチェックします。さらに血糖、腎機能、肝機能に異常がないかをチェックすることもあります。貧血や糖尿病、腎臓病、肝臓病があると、妊娠中に母体や赤ちゃんにトラブルが起こる可能性が高くなるためです。また、風疹は妊娠中にかかると赤ちゃんに障害を起こす可能性のあるので、その抗体(免疫)があるかどうかも調べます。

性感染症の検査
梅毒、クラミジア、淋菌(りんきん)感染症などの性感染症を放置すると、悪化して将来の不妊の原因になることや、妊娠中に赤ちゃんに感染して障害の原因になる可能性があります。検査方法は感染症によって異なりますが、血液やおりものなどを採取して、感染の有無を調べます。

子宮頸がん・体がん検査
ブラシのような器具で細胞を採取し、細胞に異常がないかを調べます。子宮頸がん検査では、子宮頸部(子宮と膣をつなぐ部分)の粘膜から細胞を採取する「子宮頸部細胞診」、子宮体がん検査では、子宮の中から細胞を採取する「子宮体部細胞診」を行うのが一般的です。