生理前や生理中も体重を増やさないコツとは?

それまで順調にダイエットを続けていたのに、生理が近づくと食欲が急に増して、挫折してしまったことはありませんか? もしくは、生理前や生理中に毎回、体が重くなったように感じたり実際に体重が増えたりして、「何とかしたい」と思っている人もいるかもしれませんね。

今回は、この時期における女性の体の状態を理解した上で、できる限り体重を増やさない方法を考えてみましょう。

体重が増えやすい理由

女性の体では、一般的に、生理が始まる2週間ほど前に排卵が起こります。その後、妊娠に備えて「黄体ホルモン」という女性ホルモンの分泌が増加します。生理前に体重が増えやすくなる現象には、この黄体ホルモンが関係しています。

まず、黄体ホルモンの働きによって、体が子宮内膜を厚くするために栄養や水分をためこもうとし、全身がむくみやすくなります。

また、黄体ホルモンには、インスリン(血糖値を下げるホルモン)の働きを低下させ、体内の血糖値を上げる作用もあります。血糖値が上昇すると、それを下げようとしてインスリンが過剰に分泌されます。すると血糖値が急激に低下して、低血糖の状態に。低血糖になると空腹感を覚えやすくなり、つい食べすぎてしまう原因になります。さらにインスリンには、脂肪を合成して蓄える働きがあるため、体に脂肪がつきやすくなります。

生理が始まると、黄体ホルモンの量は減るのですが、生理中は体温が低くなり、血行や代謝が悪くなる傾向があります。つまり生理前から生理中にかけての時期は、むくみや食欲の増加、代謝の悪化などによって体重が増えやすく、ダイエットしても体重が落ちにくい時期と言えるのです。