女性は妊娠前に保険に加入しておいたほうがよい

保険に加入するのは、病気やケガをして不意の出費が必要なときに経済的に困らないよう、事前対策として備えをしておくため。せっかく保険に入っていても保険金が出ずに役に立たないのでは意味がないし、病気になって生命保険や医療保険への加入が難しくなるというのでは困ってしまいます。

特に女性の場合は、加入するタイミングに注意をしておきたいもの。いざというときに保険が役に立つように、保険加入の際の盲点や注意点を確認しておきましょう。

妊娠中毒症や帝王切開は保障されない

女性が医療保険に加入するときは、気をつけたいことがいくつかあります。そのひとつが「なるべく妊娠前に加入しておく」ということです。

多くの保険会社では、妊娠中でも妊娠27週目までは加入可能としているものの、妊娠に関する保障については「特定部位不担保」となり保険金が支払われません。つまりせっかく医療保険に入っていても、妊娠中毒症や切迫流産、帝王切開などの妊娠・出産に関するトラブルが起こった場合には保障されないということなのです。

いくら健康に自信がある人でも、つわりが激しく入院を余儀なくされるなど、妊娠や出産にはリスクが付きもの。保険会社もその事実を分かっているからこそ、はじめから保障しないことにしているのでしょう。「まだ独身だし、子供を作る予定がない……」という人でも、妊娠の可能性があるなら考えておきたいことです。

また、いくら健康に気を使っていても、女性の身体はデリケートです。食事やストレス、年齢などいろいろな要因が絡み合ってホルモンバランスが崩れてしまうこともよくあります。

ホルモンのバランスが崩れると病気にかかりやすくなります。身体からの"サイン"をうまく受け取ることができれば、その前に保険に加入することも可能ですが、忙しくバリバリ働いていてその"サイン"を見逃してしまう女性も少なくありません。

職場で突然激しい腹痛を訴えたり、会社の健康診断で子宮や卵巣の病気が発覚したりする……なんてこともあり得ます。女性の場合、健康だからこそ早めに医療保険に加入しておく方が賢明といえるでしょう。