生理用品の種類と注意点を押さえておきましょう

女性にとって、生理用品は毎月使う生活必需品。しかし、生理のときに出る経血を吸収処理するものという性質上、男性がいる前では話題にしづらいため、その必要性を正しく理解していない男性もいるようです。

また、女性の中にも、注意すべき点を怠って使っている人、これまでのナプキンやタンポン以外の選択肢が出てきていることを知らない人も少なくありません。この機会に、生理用品の基本をおさらいしておきましょう。

男女ともに生理用品の必要性を知ろう

生理用品は赤ちゃんにとってのオムツと同じで、女性にとってはなくてはならないもの。生理開始日から2~3日目までの経血量は、男性が思っているよりは量が多いと言えるかもしれません。ですから、災害時のような緊急時であっても生理用品は必要不可欠で、なくてもどうにかなるというものではありません。

その必要性を実感できない男性も、日頃使っている女性もそのことを忘れず、災害時などに入手困難になることも念頭において、常に多めにストックしておくことを心がけておくとよいでしょう。

国内での主流はナプキンとタンポン

続いて、生理用品の種類を知っておきましょう。現在、日本国内で一般的に使われている生理用品には、主に次のようなものがあります。

・ナプキン
細長い形状をしたシートに吸水性ポリマーなどでできた吸水体を入れたもので、ショーツ(下着)に付けて使います。日本では、複数のメーカーからさまざまな形・タイプのナプキンが発売されているので、経血量や肌タイプ、生活スタイルに合わせて好みのものを選ぶことができます。もっとも手軽で、初潮を迎えたばかりの女子でも簡単に使える生理用品です。

・タンポン
タンポンは、経血を吸収する吸収体が入った棒のような生理用品。ヒモ付きで、腟に挿入して使います。日本製のものは、腟に入れやすいようにプラスチックのアプリケーターが付いたものがほとんど。体内で経血を吸収するので、ナプキンと違って漏れやずれを気にする必要がありません。

また、ナプキンの場合、経血を長時間そのままにするとムレや臭いの原因にもなりますが、体内で吸収するタンポンにはその心配がなく、快適に過ごせるのが魅力です。無理のない範囲ならスポーツも楽しめますし、プールにも入ることができます。ただし装着にコツが必要なので、自分の体の扱いに慣れた大人の女性に向いています。