RJCリサーチはこのほど、「シニアライフスタイル調査」の結果を明らかにした。同調査は2015年12月18日~22日にかけて、首都圏(埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県)在住の55歳~75歳以上の男女1,000人を対象にインターネットで実施したもの。

シニアを5つの昆虫タイプに分類

まず、対象者に経済、家族・交友関係の状況や健康状態、趣味、娯楽などのライフスタイルに関する意識や、現在・将来の生活に関するアンケートを行い、その結果をもとにシニアを5つの昆虫タイプに分類した。

最も多いタイプは、「無関心閉じこもりミノムシ型シニア」(24.9%)だった。このタイプは、世の中に無関心で、「流行、身なりは気にならない」「健康、スポーツ、趣味・教養などの興味が低い」という特徴がある。リタイア前50代後半の現役世代が多いという。

最も多いタイプ「無関心閉じこもりミノムシ型シニア」(イメージ)

次に多いのが「堅実リッチカブトムシ型シニア」(23.9%)だった。裕福ですべてに高い満足を感じているのが特徴で、「将来の生活資金の準備ができている」「現状の生活に満足している」という回答が5つのタイプの中で最も多い。70代以上の男性に多いとのこと。

3番目に多いのが「健康大好きミーハーアゲハ蝶型シニア」(22.2%)だった。それなりに裕福な暮らしを楽しんでいる層で、いろいろなことに興味関心が高く、テレビや人から得た健康情報をよく試すという特徴がある。お腹(なか)周りなど、見た目を若々しく保ちたい人や女性に多いという。

3番目に多い「健康大好きミーハーアゲハ蝶型シニア」(イメージ)

「将来が不安なキリギリス型シニア」(15.1%)は4番目に多かった。積極的にさまざまな活動に参加し、意欲的で趣味や人との交流が盛んだが、金銭的な不満が大きいという。「これからの生活に不安がある」と回答した人が、5つのタイプの中で最も多い。現在働いている人、仕事で収入がある人も多かった。

最も少ないのは、孤独や不安を多く抱える「もやもや不安カタツムリ型シニア」(13.9%)だった。収入が少なく、経済状況へ不満がある、家族、友人との交流が少ない、家族との関係に不満が多いといった特徴がある。未婚率は2割以上を占め、64歳以下の女性が多かった。

全体で見ると、現在の経済状況に満足している人は4割程度、不満な人は3割と、シニア間でも経済格差が顕著になっていることがわかった。健康状況に関しては全体的に健康に気を配っており、約6割が健康のため週に2~3回は運動をし、7割以上が健康維持のために食事に気を使っていると答えている。

また「家庭菜園や園芸を行うこと」「自分の気になる箇所を改善するサプリの使用」が各3割前後で、食の面からも健康に気を使っている人も多いことがわかった。

外見は「お腹周りが痩(や)せたい」と思っている人が6割以上と高くなっている。一方で、身なりにお金をかけている人は2割以下と少なかった。

興味関心のある事柄は「断捨離(35%)」と「終活(29%)」が多かった。しかし実際の経験率は断捨離は15%、終活は6%と低く、興味はあっても実際に行動に移すまではしていないこともわかった。相続税に関する知識があるシニアは全体で3割程度だが、実際に相続税対策をしているのは7%にも満たないことも明らかになった。