断捨離も兼ねて古い着物を処分したいと思っています。

着物の買収価格は年代や保管の状態などによって違うようですが、正絹でかなり高価だったものも数千円から、よくて1万円が相場のようです

しかし、タンスに眠らせておくだけなら、必要としている人に着てもらう方が良いに違いありません。


買い取り価格の相場について
着物の買取価格は店舗によっても違うようですが、証紙や証明書、鑑定書、保証書、たとう紙、保存袋、箱、共布などその着物の価値が証明されるものがあるかどうかで、価格は大幅に違ってきます

着物の流行は10年単位と言われているので、10年以内だと高値で買い取ってもらえる可能性が高いです

しかし状態の良いものでも、振袖や訪問着で1万円くらい、紬や留袖、小紋、紬で6~7千円くらい、帯は5~7千円くらいが相場のようです。


高額で買い取ってもらえる着物とタダ同然の着物との違い


同じ年代の同じレベルの着物でも、一度も袖を通していない未使用の着物は高値で買い取ってもらえます

また、最近の女性は背が高いので着丈が長いものの需要が多いようです。

ほとんど期待できない着物は、ウールやポリエステルの着物です。

正絹でも裏地が黄ばんだものや、防虫剤のニオイ移りがあるもの、色やけやシミや傷があるものもはタダ同然のようです


インターネット買取
インターネット買取とは、無料梱包キットを申し込むと段ボールが送られてきて、それに詰めて送ると査定も買い取りもしてくれる方法です。

買い取り実績や口コミを見て信頼できる業者があれば、余計な気を使わずに買い取ってもらえるので便利と思います。

その際は無料で査定をしてもらえるかどうかや、もし査定後に買取価格が満足できない場合はキャンセルできるか、キャンセル料は無料かなども事前にインターネットで業者の実績や評判について調べておくと安心です。


実店舗で買い取ってもらうときのコツ

 



私は、まず2点だけ大島の紬とそれに合う帯を持ち込んだのですが、相場より少し高く買い取ってもらうことができました。

趣味的な着物は帯と合わせて買い取ってもらった方が、需要が多いです。

また、買取に出す前に着物を干して樟脳のにおいを取り、産地の証明や布の重さなどが貼ってある着物の残り布も一緒に持ち込んむと査定価格が上がります

買い取ってほしい着物のがたくさんある場合は、ほとんどの店舗が出張買い取りや宅配買取といったシステムもとっているようですが、売りたいお店が近い場合は、まず1点持ち込んで買取価格などの実情を見てみてはどうかと思います。

自分には必要でなくなった着物も、海外からの旅行者がインテリアとしてお土産に買って帰ったり、お茶やお花、着物の着付けの稽古着などに使われて、再び日の目を見みます。

「タンスの肥やし」状態の着物は、信頼できる業者を選び上手に売って有効に活用してもらいましょう。そしてちょっぴりお小遣いを得ましょう。(執筆者:志水 恵津子)