レポート

2016/01/18 20:04:08

フィリピン初の人工衛星「DIWATA-1」が公開、北大・東北大が開発に協力

- PR -

宇宙航空研究開発機構(JAXA)の筑波宇宙センターにて1月13日、50kg級の超小型衛星「DIWATA-1」が報道公開された。フィリピン政府が全額出資した同国初の人工衛星。フィリピンから人材を受け入れ、北海道大学と東北大学が開発に協力した。今年4月にも、国際宇宙ステーション(ISS)の日本実験棟「きぼう」から軌道上へ放出される予定。

目次

1 フィリピンを見守る"妖精"
2 10カ国による衛星コンステレーションも視野に
3 新型ケースによる初めての軌道投入も