「フリーランス」という働き方を自分が選ぶことになるなんて、夢にも思いませんでした。フリーランスと言うと、才能溢れる方が会社という枠に縛られずに自由に働く、というイメージがありました。

また、「自営業」と言うと情熱溢れる方が自分の店を持つとか、もしくは代々八百屋をしている人が親の店を引き継ぐ、ぐらいのイメージしかありませんでした。

でも、わたしが溢れるほどの才能も情熱もなく、また「親も自営業だった」などのバックグラウンドもなく、本当に何もないところからフリーランスという働き方を選び、そして今、普通に生活できるほどの収入を得ています

自分のペースで働けるフリーランスは、子供がいるママにもおすすめできる働き方です。でも、「フリーランスなんてリスクが高そう!」と思っている人は多いはず。そこで、今回はわたしがフリーランスという働き方を選んだ理由について、お話しいたします。


副業から始めれば怖くない


わたしは副業として、今の仕事を始めました。きっかけは、ランサーズというクラウドソーシングです。ネットサーフィンをしていてたまたま見つけたもので、何やら「文章を書くことでいくらかもらえる」ということが分かったため、とりあえず登録してみました。

お仕事の一覧を見ていると、わたしにもできそうなものがたくさんありました。
たとえば、

・あなたの引越しの失敗談を400字以上で書いてください
・ダイエットの体験談を500字以上で書いてください


などなど、身近なテーマで、しかも体験談など特別な知識がなくても書けるようなネタがあります。

試しにいくつか実際に書いてみると、50円、100円などのお小遣いがランサーズ内の口座に貯まっていくのが確認できました。そうして、毎日子供が寝たあとの時間をランサーズ上で働く時間に充て、月に3万円程度の収入が得られるようになりました

※ランサーズ以外にも、クラウドワークス・シュフティなどさまざまなクラウドソーシングがあり、仕事内容もライター、デザイナーなど何十種類もあります。
※このとき選んだのはランサーズの「タスク」というカテゴリの仕事で、1記事ごとに報酬が支払われるシステムです。


継続案件で安定した収入が得られる


フリーランスという働き方で怖いのは、「仕事がなくなること」ではないでしょうか。フリーランスの収入って波がありそうですよね。

でも、継続案件があればリスクはかなり低くなります。一度一緒にお仕事したクライアントが自分のことを気に入ってくれれば、その後も継続して仕事をくれるようになります。

わたしがフリーランスでやっていこうと決断したとき、大きな継続案件が1つありました。「今後も長期にわたってお願いしたい」と言われたため詳細を確認すると、「少なくとも月に15万円分以上、期間は2~3年」とのことでした。他のお仕事が途絶えてしまったとしても、最低でも月に15万円は稼げるということです。

15万円あれば最低限の生活はできるし、また、空いた時間でアルバイトでもすれば十分暮らしていけると判断したため、フリーランスでやっていくことになりました。

※わたしの場合は1件の大きな継続案件でしたが、金額が小さくても継続案件が複数件あれば十分にやっていけますし、むしろ、分散している方がリスクは低くなります


最低限必要な生活費を知っているか?


仕事がなくなるのは怖いものですが、やみくもに怖がってはいけません。大切なのは、「自分がいくらあれば生活していけるか」を知ることです。

実は当時わたしはシングルマザーだったのでわたしが家計を一人で支えなくてはならない状況でした。しかし、子供と二人で暮らしていくには最低12万円あれば大丈夫だということを分かっていました。

もともと、「たとえ正社員として働けなくても12万円ぐらいならアルバイトでも稼げるし、12万円程度で暮らしていけるように家賃が安いところを探そう」と、当時は家賃4万5千円の物件に暮らしていたんです。だから、フリーランスを選ぶというときにも「12万円あればとりあえずなんとかなる」と思ったのです。


ママでもフリーランスなら自由に働ける


このように、わたしがフリーランスとしてやっていく決断ができたのは、

・副業から始めたこと
・最低限必要な生活費を知っていたこと
・継続案件である程度安定した収入が見込めたこと



この3つの要素が大きかったということです。

何もないところからフリーランスの世界に飛び込むというのは確かに怖いものです。でも、副業として少しずつ始めてみて、継続案件が増えていき、最低限の生活費ぐらいはなんとかなるという目星がついてからなら、なにも怖いことはありません

ほとんど在宅での仕事になるので子供が体調を崩しても仕事を休む必要がありません。満員電車に詰め込まれることも、子供を長時間預けなくてはならないことも無いので、子供がいるママにこそ、フリーランスという働き方を知ってもらいたいと思います。(執筆者:吉見 夏実)