グラビアアイドルでタレントの石川恋が7日、東京・福家書店新宿サブナード店で、『石川恋 2016年カレンダー』(2,700円 トライエックス刊)の発売記念イベントを行った。

『石川恋 2016年カレンダー』の発売記念イベントを行った石川恋

ブルーのミニスカートで登場した石川は、「まさか自分がカレンダーになると思ってなかったのでうれしい」とカレンダー発売に大喜び。カレンダーには、今年1年で撮影したグラビアのアナザーショットを掲載しており、「見せたい写真がたくさんあったので、私が好きな写真を集めました。クールな感じが好き」とお気に入りの黒ビキニショットを紹介した。

今年5月に映画が公開された書籍『学年ビリのギャルが1年で偏差値を40上げて慶応大学に現役合格した話』(坪田信貴著)のカバーモデルとして注目を浴びた石川。「グラビアの仕事が増えて、今までで1番充実した楽しい年だった。新しい自分を発見しました」と振り返り、「来年もグラビアを続けたい。今、演技のレッスンにも通ってるのでお芝居もできたら」と女優業への意気込みも見せた。

また、自身の名前にちなみ、"恋"について聞かれると、「今はそれどころじゃない。本当にインドアで外にも出ないし……」と男性との出会いがない様子。好きな男性のタイプは、「華奢な細い人が好き。アンガールズさんみたいな人が歩いてるとつい見ちゃう」と笑顔で明かしたが、「細くて綺麗に見えて汗のニオイがすると男を感じる。弱々しいけど脇が臭いとか、ギャップがある人が好き」とニオイフェチを公言していた。