グラビアアイドルの橋本マナミが12日、東京・新宿の福家書店 新宿サブナード店で写真集『接写』(発売中 3,456円税込 幻冬舎刊)の発売記念イベントを行った。

写真集『接写』の発売記念イベントを行った橋本マナミ

"国民的愛人"キャラとして人気を博し、今やグラドルの枠を飛び越え、テレビなどでも大活躍の橋本マナミ。通算3枚目となる同写真集は、橋本の自宅や野外、ラブホテルなどで撮影され、橋本と疑似恋人体験ができるエロチシズム要素が満載の1冊となっている。

胸元全開の黒ワンピース姿で登場した橋本は「今日もノーブラです。下もはいてません! いつもしてないですけどね(笑)」と報道陣を悩殺。写真集の内容について「タイトルが『接写』ということで、普段見られない場所まで寄っちゃっているところが見どころです。普段着でメイクもスッピンに近い感じですね。撮影が終わった後の生着替えも撮ったので、カメラマンさんの前で全裸になりました(笑)」と説明しながら「アンダーもニップレスもつけていないし、修正もしていません。本当にオカズにして欲しいし、1冊では足りないと思うから、見る用と保存用、パリパリ用の3冊買ってください!」と下ネタ全開でアピールしていた。

愛人キャラで人気を博している橋本だが、この日はかつて妻子持ちの男性の愛人だったことを告白。「間違って愛人になったことはあります。色々と体験しましたよ。法廷には行ったことはありませんが、その方の家に乗り込もうと思いましたね」と明かしながら「男性の皆さん! 女性には気をつけてくださいね!」とメッセージを送っていた。