引っ越しで出てきた不用品、どうやって処分する?

引っ越しで出てきた不用品、どうやって処分する?

引っ越しをする際に困るのが大量の不用品。一般的な燃えるごみならいいけれど、家具や家電などの粗大ごみなど、一体どう捨てればいいの?と悩んでしまうもので、種類もさまざま。そこで、引っ越し時に出た不用品の処分方法のあれこれと、処分するときの注意点についてお伝えします。


■リサイクルショップやフリマを活用する
引っ越し時に出る不用品の処分方法はさまざまな方法が考えられます。例えばリサイクルショップでは、近隣であれば無料で見積もりに来てくれたり、引き取りに来てくれたりする場合があります。これなら持ち込みの手間がかからないので便利ですね。

また、引っ越しの数週間前など時間に余裕がある場合は、ネットオークションや、フリーマーケットで1品ずつ売るのもよいでしょう。自分にとっては不用品でも、思わぬ高値がつくことがあるかもしれません。


■欲しい人に無料で譲る、エコな処分法
個人同士のやりとりで不用品を譲渡するサイトや掲示板もあります。その多くが、送料を抑えるため、お互いのエリアを限定していることが多いのも特徴です。譲る人は処分費用がかからず、必要な人は無料でもらうことができる、エコな処分法と言えます。ただし後でトラブルにならないよう掲示板などに掲載する際は、譲るものの詳細や送付方法をきちんと記載しましょう。


■粗大ごみでは捨てられない“家電リサイクル法”に注意!
エアコン、テレビ、冷蔵庫・冷凍庫、洗濯機・衣類乾燥機は、“家電リサイクル法”の対象となる家電商品で粗大ごみとして処分できません。その製品を購入した家電小売店か、買い替えをする小売店に有料で引き取ってもらうことになります。そのほかの家具や自治体に粗大ごみとして捨てる場合は事前の申し込みが必要です。混み合っている場合は受付されないこともありますので、余裕を持って申し込みをしましょう。


■引っ越し業者の“不用品買い取りサービス”を利用する
不用品の買い取りを行っている業者は数多くありますが、「無料」と謳っていても結局は代金を要求してくるなど、中には悪質なところもあるようです。どこに頼めばいいか分からないという方は、大手の引っ越し業者が行っているサービスを利用するという手も。ただし、引っ越しサービスとの同時利用の場合のみや、買い取りできるものが細かく規定されていることもありますので、事前の下調べはお忘れなく。


引っ越し費用を節約するために、不用品の賢い処分は重要なポイント。処分方法に困って、結局引っ越し先に不用品を持ってきてしまった……なんてことにならないよう、早めの準備を心がけたいものですね。