有料老人ホームでの虐待が発覚し、老人ホーム選びにも不安がつきまといます。しかし、虐待のない、安心した暮らしを期待できる老人ホームは必ずあります。安心できる老人ホームを見極める方法を紹介します。


老人ホームを申し込む前に一番やってほしいこと


少しでも不安を取り除く為に、後悔しない為には、希望した老人ホームの見学をすることをおすすめします。安心して暮らせる老人ホームを見極めるのは正直難しいですが、実際の施設を直接見てみることが一番重要になります。

立地や料金から希望の老人ホームを見つけたら、見学に行きましょう。後悔しない見学ポイントは、3つです。

1 料金と施設の豪華さは関係無い
特に有料老人ホームの場合、利用料金が高額であるのは、建物やサービスを多少豪華にしているからでもあります。ただ、低額な特別養護老人ホームのように、国からの補助金が無いため、その補助金部分が自己負担になっていると考えるべきなのです。

高額な料金を支払ったからといって、入居者へのサービスが手厚いとは考えにくいのが現状です。清潔かどうか、安全に配慮されているかは大切ですが、建物の豪華さだけで、決めないことです。

2 職員が生き生きと働いているか
働く環境が良いと、介護する側も、利用する側も、気持ちよくサービスが行われていると考えられます。また、ボランティアを受け入れていたり、地域の活動に参加している施設は、方針や毎日の暮らしに自信を持って運営しているといえます

3 入居している方々の表情
例えば、入居者が集まるフロア(自宅ではリビングのような場所) に一人でいても、生き生きとされていれば、充実した毎日を送られているといえます。

逆に、同じ一人でいても、ポツンと孤独にされている雰囲気の場合もあります。この時、あなたが感じた「なんか寂しいな、暗いな」は、その施設の本当の姿だと考えて良いと思います。


3つのポイントを挙げましたが、短時間の見学で感じとるのは、容易ではありません。希望している老人ホームに少し不安がある方もいるでしょう。

そんな時は、実際に入居している方の家族や、担当のケアマネージャーに評判などを聞いてみましょう。入居者の家族も介護で悩んでいるのは同じですから、声をかけられて、悪い気はしません。


家族からの目は、虐待防止になる


入居すると、安心して施設に任せきりになりがちですが、「家族は入居者本人のことを大切に思っている」という気持ちを施設職員に伝え続けて印象づけることです。家族の思いが、虐待への強壁になります

これから、老人ホームを検討される方は、できれば、ご本人が元気なうちに、ご本人と足を運びましょう安心して暮らせる老人ホームは、見学や家族の訪問を嫌がらず、「助かります。」、「ご本人がよろこびますね。」など、快く受け入れてくれるものです。(執筆者:佐々木 政子)