引っ越し業界が最もにぎわう時期といえば年度末ですが、お盆の時期も意外と引っ越し業界は忙しいです。新生活を4月からスタートさせたものの、イメージと異なったため引っ越しして心機一転を考えている人も多いからです。



引っ越し料金を安くするには
引っ越し作業をするには、それなりの大きさのトラックとそれなりの人手が必要です。単身者であればトラックも大きくなく人手も必要ありませんが、ファミリーの場合は大きいトラックと多くの人出が必要となります。荷物が多いほど料金はかさみ、引っ越し先が遠くても料金は高くなります。

引っ越し料金を下げるために、あえて仏滅の日や平日に引っ越しをしたり、午前ではなく午後に引っ越し作業を始めてもらったり、他の引っ越しの荷物との「相乗り」や空の引っ越しトラックへの「ヒッチハイク」などで料金が安くなります


クレジットカードだけで料金が安くなる


そんな涙ぐましい努力も重要ですが、もっと簡単に引っ越し料金を下げられる方法があります。それは、クレジットカードを使うこと。クレジットカードの中には、優待割引として引っ越し料金の割引を打ち出している会社もあるのです。

例えば「イオンカード」では、アート引越センターやサカイ引越センターなど大手を使った引っ越し料金が、20%オフに。さらに、事前の仕分けに便利な段ボールも30~50箱無料でサービスしてくれます。

「三井住友VISAカード」でも、アート引越センターでの引っ越し基本料金が20%オフとなります。

割引率で選べば「セブンカード」でしょう。セブンカードならば、ダック引越センターでの引っ越し基本料金がなんと30%オフとなります。しかも、それ以外にも特典がありますので詳しくはホームページを確認してください。

引っ越しには「断捨離」が肝心。いらないものは引っ越しの際に処分してしまうと気分もスッキリしますし、何より引っ越し料金もスッキリと安くなります。(執筆者:角野 達仁)