梅雨の時期に活用したい! 「室内で洗濯物を干す場所」ランキング

梅雨の時期に活用したい! 「室内で洗濯物を干す場所」ランキング

これからの梅雨の時期、洗濯物を干す場所に困ることってありませんか? 特に一人暮らしをしている方の中にはベランダがない場合や、部屋自体が狭いことも多いため、雨の日は洗濯物を干す場所に悩むということもしばしばあるかもしれません。今回は、そんな悩みの種である洗濯物を干す場所についてみなさんの声を聞いてみました!


ranking

【質問】
Q.梅雨の時期だからこそ大活躍する、一人暮らしの部屋で洗濯物の干す場所といえば?


【回答数】
第1位・・・お風呂場:34.3% (103)
第2位・・・カーテンレール:24.3%(73)
第3位・・・部屋の角に掛けたロープ:9.0% (27)
第4位・・・エアコンの下:7.7% (23)
第5位・・・窓際:7.3% (22)
第6位・・・ドアの上:3.0% (9)
第6位・・・ベランダ:3.0% (9)
第8位・・・壁掛けフック、レール:2.3% (7)
第9位・・・洗面所:2.0% (6)
第10位・・・廊下:1.7% (5)
※11位以下は省略


■室内で干す場所の定番といえば「お風呂場」

やはり匂いや湿気もあるため洗濯物はお風呂場に干すという人が非常に多かったです。

・「部屋干しならではの臭いも気にならないし、場所もとらないから」(10代/男性/学生)
・「お風呂場は一人暮らしだと1日に30分ぐらいしか使用しない場所なので、そこが洗濯物で占領されても困らないからです」(30代/女性/会社員)
・「完全に蒸気がない状態が前提だが、換気扇を回しっぱなしの状態のお風呂場は意外と乾燥する」(30代/女性/パートアルバイト)

お風呂場は1日の中で使う時間が限られており、しかも普段過ごしている部屋とは切り離された場所なので、匂いや場所を気にせず干しておけるのがGOODです。また、換気扇さえ回しておけばお風呂場は意外と乾燥するらしく、洗濯物がスムーズに乾くという利点も見逃せません!


■たくさん干すために…「カーテンレール」は使えます!

二番目に多かったのが部屋に備え付けられているカーテンレールを使うという回答です!

・「やったらいけないと思いつつ、ついついかけてしまうカーテンレール」(30代/男性/会社員)
・「カーテンレールの高さもちょうど良く、更に窓を開けておくと乾きも早いですよ」(30代/女性/パートアルバイト)
・「カーテンレールが引っ掛けやすいのと長いので間隔を開け干すことができるのでここを選んでいます。すぐ乾かしたいときはエアコンを送風でつけてその下に干して乾かしています」(20代/男性/学生)

ハンガーをかけるだけという圧倒的なお手軽感が人気のようです。確かにカーテンレールはどこの部屋にもありそうですね! 人によっては窓を開けておく、エアコンをつけるなどしてできるだけ早く乾かす工夫を凝らしているそうです。レールが長いのでたくさん干せるというメリットもあります!


■もっとたくさん干したい人には「洗濯ロープ」もオススメ!

部屋に干す場所がない、洗濯物が多いという人を中心に、部屋にロープを張ってそこに洗濯物を干すという回答が寄せられました!

・「部屋の角から対角線上にロープをかけ、外出する際には、そこにすべてを干して乾かしました」(30代/女性/自由業・フリーランス)
・「部屋の中に適当な部分がなかったので,ロープを張って洗濯物を干した」(60代/男性/会社員)
・「一人暮らしでは部屋を自由に使える。洗濯物を乾かすのは見苦しくても邪魔になっても部屋を広く使って干すのが一番」(50代/女性/専業主婦主夫)

一人暮らしなので好きなようにロープを張って洗濯物を干すという方法、こちらも定番のやり方といえそうです。多少部屋の見た目が悪くなるかもしれませんが使えるスペースが限られている場合はやはりロープが使いやすそうです。特に洗濯物をためてしまいがちな人は1回に干す量も増えるため、たくさん乾かせるロープを使うのがいいかもしれませんね!


■とにかく早く乾かしたいという人は「エアコンの下」に干す

梅雨の時期は部屋に干していてもなかなか乾かないもの、除湿モードにしたエアコンの下に干すという意見も多かったです!

・「少量ずつ洗濯して、乾かす時に間隔をあけて干したら、エアコンの風を直接当てる」(30代/女性/契約派遣社員)
・「梅雨の時期はなかなか乾かないので、エアコンの除湿機能で少しでも早く乾くようにエアコンの下に物干し竿を設置しています」(30代/女性/専業主婦主夫)
・「必要な服だけを洗濯し、エアコンを除湿モードにして、扇風機を洗濯物に当てて乾かす」(30代/女性/専業主婦主夫)

エアコンを使う場合は大量に乾かすというよりも、少しずつ洗濯して素早く乾かすという人が多いように見受けられました。なかには扇風機と組み合わせてさらに早く乾かそうとする人もいるようです…電気代が気になる所ですが、すぐに洗濯物を乾かす必要があるという場合にはオススメできる方法のようです!


■あなたに合った干し場所を探そう!
さまざまな回答が寄せられた中で洗濯の方法も人によってさまざまのようですが、洗濯物の量や回数、部屋の条件によっても干す場所は変わってきます。やはりお風呂場は圧倒的な人気を誇っていますが、一人暮らしのお部屋にお風呂場があるとは限りません。特に梅雨の時期は雨が続くため洗濯物が干せずにイライラすることもあるかもしれません…。今回のアンケート調査の結果を参考にライフスタイルに合った干し場所を探してみましょう!


【アンケート対象】
調査地域:全国
調査対象:年齢不問・男女
調査期間:2015年5月1日~5月15日
有効回答数:300サンプル