グラビアアイドルで女優の内田理央が6日、東京・福家書店新宿サブナード店で、2nd写真集『Magical』(発売中 3,024円 ワニブックス刊)の発売記念イベントを行った。

写真集『Magical』の発売記念イベントを行った内田理央

現在放送中の特撮ドラマ『仮面ライダードライブ』(テレビ朝日系)で、ヒロインの詩島霧子を演じている内田。約3年半ぶりとなる同写真集には、笑顔を見せないクールなヒロイン像から一転、セクシーな水着や下着姿のほか、キュートなセーラー服姿を披露している。

白いミニワンピースで登場した内田は、「大人っぽい一面が出せたと思う。やりたいことを詰め込んだ一冊になった」と胸を張ってアピール。下着姿のお気に入り写真を見せ、「ライダーの人たちに見せたら、『胸を覗いてるところが、おっぱい大きくならないかな?って考えてそう』って言われた」と照れ笑いを浮かべつつ、自らの要望で着たセーラー服について、「23歳なので最後の制服姿になるかも」とはにかんだ。

また、自身のチャームポイントはヒップだと言い、「まさかのお尻だけのカットがある。おっぱいよりお尻の方が大きい気がする。プリケツって言われます!」と自信を見せるも、「(仮面ライダーファンの)子どもたちには想定外だと思うので、お父さん、お母さん、フォローをお願いします」と苦笑い。そんな内田は、アニメ&漫画オタクとして知られており、「『To LOVEる』っていうハーレム漫画が好き。実写化されたら是非やりたい!」とお色気漫画好きを明かして笑いを誘っていた。