教育資金、お宅ではどのように用意されていますか?

学資保険を活用されている方も多いと思いますが、預貯金で準備したいという方もいますし、お子さんが小学生以上だと加入できる学資保険もほとんどありません

そこでおすすめなのが「積立定期預金」です! 積立定期預金とは、学資保険の保険料引落と同じように、毎月決まった金額が、決まった日に振り替えられる方式で、定期預金口座にお金が貯まっていきます。

積立定期預金も、通常の定期預金と同じように普通預金よりも高めの金利が適用されるのでお得。しかも、子供がいる人ならさらに金利の優遇が受けられることがあるんです!



子育て応援! 金利優遇の仕組みとは?
銀行によって名称は違いますが、「子育て応援」や「教育」といったワードの入った商品名が多く、その条件は以下の通りです。

≪子供の年齢≫
「18歳まで」、「22歳まで」など、商品によって異なりますが、おおむね20歳前後に設定されています。

≪子供の人数≫
「一人でも子供がいれば金利優遇」という商品もあれば、子供の人数に応じて金利がアップするタイプのものもあります。

≪期間≫
「子供が成人するまで」など子供の年齢を基準にしているものや、「5年以内」など、期間が決まっているものもあります。

≪金利優遇≫
通常の金利にプラスして、0.05~0.2%程度の上乗せがあります。

≪その他特典≫
商品によっては、教育ローンの金利割引などの特典が付くものもあります。

現在(2015年4月)、普通預金の金利は0.02%程度です。0.05~0.2%の上乗せがあるとすると、合計0.07~0.22%とかなりお得になるということが分かりますね♪


子供がいる人に対する金利優遇アリの積立定期預金
北日本銀行【子育て応援定期積金】
(ウェブサイト[http://www.kitagin.co.jp/yokin/yen/kosodate_teitsumi.html])

≪子供の対象年齢≫
22歳未満

≪契約期間≫
6か月・1年・2年・3年

≪金利≫
子供の人数1~2人……+0.15%
子供の人数3人以上……+0.20%

≪預入単位≫
500円以上1円単位


大東銀行【ため吉くん(子育てプラン)】
(ウェブサイト(pdf)[http://www.daitobank.co.jp/personal/entrust/pdf/17.pdf])

≪子供の対象年齢≫
18歳未満

≪契約期間≫
3年以上5年以下

≪金利≫
+0.1%(6か月複利)

≪預入単位≫
10,000円単位


東日本銀行【子育て定期預金】※積立ではありません
(ウェブサイト[http://www.higashi-nipponbank.co.jp/personal/saving/kosodate.html])

≪子供の対象年齢≫
22歳未満

≪契約期間≫
5年

≪金利≫
子供の人数1~2人……+0.05%
子供の人数3人以上……+0.10%

≪預入単位≫
10万円以上300万円以下


千葉銀行【積立式定期預金<はぐくみ>】
(ウェブサイト[http://www.chibabank.co.jp/kojin/saving/installment/hagukumi/])

≪子供の対象年齢≫
成人するまで

≪契約期間≫
3年間

≪金利≫
子供1人につき+0.2%(上限5人まで)

≪預入単位≫
100円以上300万円未満、1円単位


北越銀行【積立定期預金プラス M「子育て応援」】
(ウェブサイト[http://www.hokuetsubank.co.jp/contents/kojin/plusm_kosodate/index.html])

≪子供の対象年齢≫
18歳以下

≪契約期間≫
1年以上19年以下

≪金利≫
子供1人あたり+0.1%

≪預入単位≫
10,000円以上1,000円単位

≪その他特典≫
育英ローン、マイカーローン、住宅ローンの金利引き下げ


福邦銀行【子育て応援定期】※積立ではありません
(ウェブサイト[http://www.fukuho.co.jp/save_increasing/raising_children.php])

≪子供の対象年齢≫
18歳以下

≪契約期間≫
1年間

≪金利≫
子供1人……+0.10%
子供2人……+0.15%
子供3人……+0.20%

≪預入単位≫
10万円以上1000万円以下、1円単位


愛媛銀行【子育て応援積立定期預金】
(ウェブサイト[http://www.himegin.co.jp/personal/service/tsumitate_detail.html])

≪子供の対象年齢≫
20歳になるまで

≪契約期間≫
1年以上20年以内

≪金利≫
1.経過年数1年以上かつ残高10万円以上:店頭表示金利+0.1%
2.経過年数3年以上かつ残高30万円以上:店頭表示金利+0.2%
3.経過年数5年以上かつ残高50万円以上:店頭表示金利+0.3%

≪預入単位≫
毎月1,000円以上、1,000円単位
特定月積立金額(年2回) 10,000円以上、1,000円単位


肥後銀行【肥後優育定期預金】※積立ではありません
(ウェブサイト[http://www.higobank.co.jp/personal/save/fixed/higoyuuiku.html])

≪子供の対象年齢≫
18歳以下

≪契約期間≫
6か月以上6か月単位
自動継続時1年

≪金利≫
+0.1%

≪預入単位≫
10万円以上1000万円未満

≪その他特典≫
通帳にお子様の写真をプリントできる


沖縄海邦銀行【<かいぎん>子育て応援積立定期】
(ウェブサイト[http://www.kaiho-bank.co.jp/syohin/yokin.htm])

≪子供の対象年齢≫
18歳未満

≪契約期間≫
無期限

≪金利≫
子供1人……+0.05%
子供2人……+0.10%
子供3人……+0.15%
子供4人以上……+0.20%

≪預入単位≫
5,000円以上、1,000円単位



近くにお得な定期預金が無い人は?
子供がいる人向けの積立定期預金や通常の定期預金は、金利面でとてもお得です。教育資金はもちろんのこと、マイホームやマイカーのための貯蓄としても活用してもいいでしょう。

定期預金の場合は、とりあえずは普通預金で積み立てしておき、10万円以上貯まったらこまめに定期預金に移していく、という方法がいいでしょう。

ただ、お近くにこういったお得な定期預金が無い人もいらっしゃると思います。そういう場合でも、子育て支援関係以外でお得な銀行はあります。

イオン銀行【イオンカードセレクト】
(ウェブサイト[http://www.aeon.co.jp/sp_aeoncard/campaign/select/tokimeki/bank.html])

キャッシュカードに、クレジットカードとWAONの機能が付いたカードを作ると、普通預金の金利が0.10%になります。WAONを貯めている人なら特に、このカードを持つことでさらにお得になりますよ。

楽天銀行【マネーブリッジ】
(ウェブサイト[http://www.rakuten-bank.co.jp/assets/intermediation/moneybridge/])

楽天銀行と楽天証券の口座を持っていれば、この2つを連携させる(マネーブリッジ)することによって、普通預金金利が優遇金利0.10%になります。(わたしもマネーブリッジのおかげで常に0.10%になっています)

金融機関によってお得な商品はいろいろありますから、まずはお手持ちの口座がある銀行や信用金庫のホームページで、お得な商品をチェックしてみましょう! もしなければ、楽天銀行のようなネットバンクも含めて調べてみるといいですね。

子育て中の方は、ぜひこれらの優遇金利を活用して、効率よくお金を貯めてくださいね。(執筆者:吉見 夏実)