ソニー生命保険は4月15日、「社会人1年目と2年目の意識調査2015」の結果を発表した。調査は3月27日~30日、この春就職する、または、就職してから1年経つ20~29歳の男女1,000名を対象にインターネットリサーチで実施された。

「結婚」(上)「出産」(下)を何歳頃までにしたいと考え、計画を立てているか

調査では、ライフイベントや大きな買い物を何歳頃までにしたいと考え、計画を立てているかについても質問している。まず、「結婚」について聞いたところ、「~24歳」が6.7%、「~29歳」が46.4%、「~34歳」が16.9%となった。20代のうちに結婚したいと考え、計画を立てている人が半数以上となり、平均年齢は30.1歳だった

「マイカーの購入」(上)「マイカーの購入」(中)「リタイア生活」(下)を何歳頃までにしたいと考え、計画を立てているか

次に、「出産(第一子の誕生)」について聞いたところ、「~29歳」が29.5%、「~34歳」が30.1%となり、20代後半から30代前半には子どもが欲しいと考えている人が半数以上で、平均年齢は32.0歳だった。また、女性は男性より「~29歳」が高く(女性38.6%>男性20.4%)となった。

また、「マイカーの購入」は平均29.9歳、「マイホームの購入」は平均36.7歳となっている。他方、「マイカーの購入」を「したいと思わない」は19.4%、「マイホームの購入」を「したいと思わない」は16.4%と、これらの購入意欲がない新社会人も少なくないことがわかった。

さらに、「リタイア生活」についても聞いたところ、「したいと思うが、計画は立てていない」(33.3%)が多く、まだリタイア後の生活を考えていない人が3人に1人の割合だった。