水回りからなんとも言えない匂いが漂ってきて、気分がブルーになってしまったことはないでしょうか。水回りの生ごみを適切に処理をするだけで、だいぶ匂いが変わってきます。ぜひ匂いが気になりやすい季節は、こんな生ごみ処理方法を試してみてください。

■ディスポーザーを使う

ディスポーザーは流し台の排水溝下に設置する、生ごみを粉砕してくれる機械です。家やマンションの設備としてもともとついているケースがほとんどなので、今、家にないという方は使うことができませんが、ついていればとても便利。今日捨てたい生ごみを、その日の内に粉砕して水と一緒に流してしまえるため、生ごみの臭いが気にならなくなります。

■生ごみを冷凍してしまう

生ごみを出してもいいゴミの日まで、生ごみを保管・放置していると、どこからやってきたかコバエが生ごみにたかったり、生ごみからなんとも言えない腐敗臭が漂ってきたりしがちに。ただ生ごみといっても、使っているその日は単なる野菜のへたや皮、果物の皮、茶殻という「食材の余った部分」「使い終わったもの」でしかありません。ごみが新鮮な内に凍らせてしまえば冷凍庫もきれいに使え、嫌な匂いもせず、コバエもたからず。快適な状態で生ごみを捨てることもできます。

■市販の電動生ごみ処理機を使う

市販の電動生ごみ処理機には、ゴミを温風で乾かして水分を飛ばし、生ごみを1~2割程度の小ささにしてしまう乾燥型処理機と、微生物の働きで生ごみを分解するバイオ型処理機、温風乾燥とバイオ処理をMIXしたハイブリッド処理機とがあります。また機械には屋外型と屋内型があり、バイオ処理型・ハイブリッド型は屋外型のものが多く、熱処理器は小型で屋内型のものがあります。バイオ処理型とハイブリッド型では、処理した生ごみをそのまま肥料として使えますが、乾燥型から出たゴミを肥料にする場合は、水分を補給し土に混ぜるなどのひと手間がかかります。

■非電動の生ごみ処理機を使う

非電動の生ごみ処理機には、微生物の力を借りるバイオコンポストと、みみずの力を借りるみみずコンポストとがあります。バイオコンポストに使われる容器は、市販の容器を使う場合もあれば、段ボールや植木鉢、発泡スチロール箱などを利用して、中に基材を入れて使う場合もあるようです。みみずコンポストの場合は、専用の市販容器を使う場合もあれば、ベニヤ板で自作する場合、手近な容器を利用する場合、地面に穴を掘るだけ、空いたスペースに土を持っておくだけなど、何を使うかはさまざま。中には容器をみみずとセットで売っている業者もあります。

生ごみを適切に処理すれば、気になる水回りの匂いが激減します。ぜひ、気になる処理方法があれば、夏本番が来る前に試してみてくださいね。

(画像は本文と関係ありません)