日常のふとした瞬間に感じる目の疲れが老化のサイン!?

昔と比べて、読書やパソコン作業をするときに目が疲れるようになったと感じることはありませんか? 単なる疲れ目と思っていても、実は老眼の症状かもしれません。そこで今回は20~30代のマイナビニュース読者300名に「目の疲れと老眼」について調査。さらに、若い人に増えているという目の疲れの実態とその対策について、専門家に話を聞きました。

20~30代の4人に3人は疲れ目

まずは「普段の生活で目の疲れを意識することはありますか?」と尋ねたところ、全体の73.7%にあたる221人が「はい」と回答。じつに4人のうち3人が疲れ目を感じているようです。

目の疲れを意識していると回答した人に「目の疲れの度合い」を聞いたところ、「困っているがあまり気にしていない(41.2%)」、「困っているが全く気にしていない(5.9%)」といった回答が合わせて47.1%にのぼることがわかりました。

半数近くの人が「気にしていない」という目の疲れ。実際にどのような対策をする人が多いのでしょうか。

最も多い回答は「目薬を差す(47.0%)」で、次いで「目を休める(18.7%)」、「目の周りのマッサージ(10.3%)」などが挙がりました。一方で「何もしていない」という回答も16.7%に達します。

もしかしたら、あなたも老眼かも!?

ところで、こうした目の疲れが老眼を早める原因になっているということをご存知でしょうか。通常は40代より症状が出るものの、仕事内容や携帯電話の普及により若年者でも症例が確認されています。

しかしながら前述のアンケート調査では、52.0%の人が「老眼になるのは仕方ない」と回答しつつも、14.7%の人が「自分とは関係ない」と回答するなど、20~30代の多くはまだ遠い先のことと思っているようです。

老眼とは無関係と考えている若い層は、老眼についてどのように考えているのでしょうか。老眼にまつわるエピソードを自由回答形式でたずねたところ、次のような回答が見られました。

・「母が老眼鏡デビューしたときいたときは、何だか切ない気分になりました」
(23歳女性/ホテル・旅行・アミューズメント/営業職)

・「実家に帰るたびにどんどん汚くなっていくのが、親がゴミが見えないからだとわかった」
(26歳女性/金融・証券/事務系専門職)

・「おばあちゃんのメガネを自分のものだと思ってかけたら、変な感じで気分が悪くなりました」
(27歳女性/医療・福祉/事務系専門職)

・「老眼になると人生終わったと思う。年取ったなって感じる」
(32歳男性/金融・証券/専門職)

「老眼になるのは仕方ない」といいつつ、やはりネガティブなイメージを持つ人が多いようです。