生活の様子をSNSで配信! 若者の夢を応援する「ソーシャルハウス」が登場

インタープラネットは、夢を追う男女の応援をコンセプトにしたシェアハウス「ソーシャルハウス」(東京都港区麻布)を5月21日にスタート。合わせて、SNS上でのドキュメント番組を放送する。


同企画は、全国から夢を追う男女を集め、そこでの「出会い」とYouTubeやツイキャスなどの「SNSによる宣伝効果」を活用し、若者の夢を後押ししようと計画されたもの。通常1週間ごとに開催される短期間のシェアハウスとなり、生活の様子を複数のSNS上で配信し、当事者以外の若い世代も活性化していこうとしている。


募集人数は各回8名。応募条件は18歳以上の独身男女で、「開催期間のうち規定日数はソーシャルハウスに帰宅する」、「運営側からのミッションを実行する」、「1日1回、規定の時間帯にツイキャス・Ustreamなどで生放送を行う」、「一般視聴者からのリクエストやコメントをリアルタイムで受け付ける」といった基本ルールが与えられている。


最初のWEEKである「WEEK001」には、年末の電撃婚約・スピード破局で話題となったネオヒルズ族の久積篤史氏が一般入居者に混ざり登場。同社に送られた入居動機で久積氏は「今回は、メディアで演出している久積ではなく、ただありのままの久積を見て欲しい。私服で、飾ることなく、ただ出逢いを求めて入居します。」とし、「その中で一緒に過ごす人に、なにかしらの良い影響を与える事ができたら、さらに嬉しいです」とコメントしている。


なお、同社では東京での公開を皮切りに、全国へ「ソーシャルハウス」を普及させ番組化していくことで、テレビ番組のような宣伝効果を発揮し地域活性にも繋がる可能性があると考えているという。詳細は、公式ホームページ(http://socialhouse.jp/)を参照のこと。