学習院女子中等科の入学式で、これまで引っ込み思案といわれてきた愛子さまが、報道陣から「ご入学、おめでとうございます」と声がかかると、はっきりとした大きな声で「ありがとうございます」と答えて、初めて肉声を披露された。

 正直、報道陣も愛子さまからお言葉が返ってくることは期待していなかったという。それが逆に、報道陣一同が仰天するような大きな声で、お答えになった愛子さま。大きく成長されたことを物語るワンシーンとなった。

 この歴史的な瞬間が実現した背景には、このところ吹き荒れていた皇太子ご一家への逆風があったようだ。

 一部で報じられたように、両陛下が伊勢神宮参拝中に、私的なスキー旅行をされたと批判を浴びた。

「それ以外にも、3月22日には皇太子ご一家はプライベートで少年合唱団の演奏会へ出かけられています。愛子さまはお友達と一緒で、両殿下とは別行動だったようですが、やはりスキー旅行も含め、私的なご活動が目立ったため、宮内庁内部からも少なからず非難する声があがっていたんです」(皇室記者)

 また皇族方は卒業など節目に際しては、昭和天皇と香淳皇后が眠られる武蔵野陵と武蔵野東陵を参拝されるのが慣例となっているものの、愛子さまは初等科を卒業された後も行かれていない。

「3月に大学を卒業された眞子さま、そして昨年3月に幼稚園を卒業された際には、まだ幼い悠仁さまも参拝されています。

 愛子さまに関しては、東宮職は“検討している”とは言うものの、いまだ実現していません。伝統を重んじる皇室において、それが批判の対象となっているんです」(宮内庁関係者)

 もちろん、こうした声は雅子さまの耳にも届いているという。

「雅子さまは、これ以上、国民との距離が広がらないようにと、東宮家の思いを愛子さまに託されたそうです。ですから、愛子さまが記者から声をかけられた際、“答えていいのよ”と囁かれたわけです。この言葉に後押しされたお陰で、愛子さまは自分のお気持ちを自らの口で話すことがおできになられたというわけです」(前出・宮内庁関係者)

 これまで“メディアへの不信感”が伝えられてきた雅子さま。もしかしたら愛子さまの存在が、その雅子さまのお気持ちをとかしていくのかもしれない。

※女性セブン2014年4月24日号