知らない人間同士がひとつ屋根の下で暮らす、新しい暮らし方を提案してくれるシェアハウス。そんなシェアハウスに引き続き、複数の人たちで住まいをシェアできる「ソーシャルアパートメント」という物件が登場していたのをご存じでしょうか。シェアハウスとソーシャルアパートメント、一体どう違うのでしょうか? 調査してみました。

■シェアハウスはアットホーム空間、ソーシャルアパートメントは社交空間

シェアハウスは、少人数でひとつ屋根の下(主に一軒家)に暮らすという、アットホームな雰囲気が特徴の住居です。それと比較した場合、ソーシャルアパートメントはアットホームな住居というよりは、大人数でひとつ屋根の下(主にマンション等の大規模な施設)に暮らす、社交空間としての機能がある住居です。共有スペース(リビング、キッチン、テラス等)にかなり広いスペースが取られており、そこに住む、様々な人たちとのコミュニケーションが楽しめるようになっています。

■共有部の掃除は、シェアハウスとソーシャルアパートメントで違う?

少人数で暮らすシェアハウスの場合は、共有部の掃除は当番制で交代に行うことが多くなります(共有部の掃除を管理会社や業者が行ってくれることもあります)。一方、ソーシャルアパートメントは大人数で住居を構えることから、共有部の掃除は、管理会社や業者が行うことが多いとか。掃除が苦手な方や、仕事柄、生活が不規則になりがちな方は、ソーシャルアパートメントがお勧めかもしれません。

■シェアハウスの家賃は安め、ソーシャルアパートメントは高め

シェアハウスの場合は、一軒家を複数でシェアする形態の施設が多くなります。更に一軒家は古い建物をリノベーションをして、シェアハウスとして再利用されているケースが多く、築年数が古いことから家賃が安いのが魅力です。またおしゃれで新しい内装なのに、ワンルームよりも安い家賃で利用でき、更に住人が絞り込まれることから、女性からの人気が高い住まいです。

一方、ソーシャルアパートメントの場合は、大人数で暮らすことが前提なため、建物も設備も豪華なところが目立ちます。更に共有部の管理も、管理会社や業者が請け負うのが通常。そのため、ソーシャルアパートメントの家賃はワンルーム並み、若しくはワンルームよりも高いケースが多いようです。また敷金・礼金についてはどちらの住居もかからないか、もしかかったとしても少ないことが多いそうです。

似ているようで似ていない、シェアハウスとソーシャルアパートメント。どちらがいいかは、それぞれのライフスタイル次第かもしれません。