篠原烏童「ファサード カリカチュア」扉ページ。

本日2月28日に発売されたウィングス4月号(新書館)では、篠原烏童「ファサード」シリーズが6年ぶりに再始動。「ファサード カリカチュア」がスタートした。

「ファサード」は「狼面」「ニ対」「教授」と呼ばれる人ではない者たちと身体を共有する男・ファサードを描くシリーズ。「ファサード カリカチュア」では、羽の生えた人間と獣人が戦う世界を舞台に物語が繰り広げられる。なお4月下旬にはヒヨコ姿の神様・ウヅメが活躍するスピンオフ単行本「コトホギノウタ」が発売されることも決定した。

ほかにも今号では、前田栄原作による前田とも「結晶物語」が完結。付録には荒川弘「百姓貴族」のICカード用ステッカーが封入されている。なお4月28日に発売される次号ウィングス6月号では、葉芝真己が初登場。表紙と巻頭カラーで新連載「リセット」をスタートさせる予定だ。また、なるしまゆり「少年魔法士」の完全攻略ガイドも付いてくる。