NTTタウンページは27日、スマートフォンと連動し、誌面の広告から店舗・会社の詳細情報を閲覧できるサービス「つながるタウンページ」を提供すると発表した。3月1日発行の東京23区エリアのタウンページを皮切りに全国にサービスを拡大していく。

つながるタウンページは、タウンページとスマートフォンとを連動させたサービス。タウンページの広告に専用アプリを起動したスマートフォンのカメラをかざすと、該当の店舗・会社の詳細情報(電話番号・メールアドレス・ホームページ・地図・iタウンページ広告)が閲覧できる。専用アプリは、iOSおよびAndroidデバイス向けにすでに公開中で、ダウンロードは無料となっている。アプリ名称は「つながるタウンページ」。

同サービスは、3月発行の東京23区エリアのタウンページより利用可能となり、今後は、5月発行の青森県・山形県・滋賀県・奈良県エリアのタウンページ、タウンページ&ハローページ、以降順次、全国で発行するタウンページ、タウンページ&ハローページにサービスを拡大していく。

関連記事

Android向けカーナビアプリ「NAVIelite」が登場 - 3月26日より提供開始(2012年3月22日)