エンディングノートといえば、資産や連絡先、医療や介護の希望、葬儀や相続関係について記載するのが一般的です。もちろんいずれも大切なことなのですが、それらは仮に記載されていなくても、誰かが決めて何らかの処理をしてくれます。

しかし、故人のブログやFacebookなどのSNSは、存在自体を遺族が認識していないことも多く、何の記載もなければ放置されることになるでしょう。実際、ネットの世界では、主を失ったホームページやブログ、書き込みの数々が、亡霊のように彷徨っています。


本人亡き後、ブログ等を放置するリスク
今や、年配の方も普通にインターネットを利用しています。自分亡き後も、ネット上に個人情報や、書き込み情報が残ることを、どのように感じるのでしょうか? ある企業の調査によれば、情報を消したいと考えている人が7割を超えているそうです。ちなみに、遺族の側では残したい、消したいが拮抗するという結果

ミクシィの場合は匿名登録ですが、Facebookは原則実名ですし、生年月日や住所などの個人情報をはじめ、学歴や職歴、過去の出来事などが詳細につづられているケールも少なくありません。悪用されたり、データを改ざんされたりする危険だってあります。ネットでは意図を誤解され、いわれない誹謗、中傷にさらされることもありますが、もはや本人に弁明の機会はありません

また、その時はそう思ったけれど、後になって不適切な記載だった、書くべきではなかったと後悔しているというのもよくある話。もはや、それを改めることもできないわけですね。私など、自分が責任を取れない状況で、過去の書き込みが独り歩きすることに恐怖を覚えます。


ネット各社の対応 面倒な手続き必要になることも
ネット各社の対応ですが、一般的には親族が死亡を証明する書類などを提出して申請すれば、アカウントを削除することになっているようです。なりすましを防ぐために、署名付きの公文書の提出等、かなり面倒な手続きが必要になるケースも

でも、そもそも遺族がブログやSNSの存在を知らなければ、手続きをすることもないでしょうし、遺族にとってはネット上の書き込みなど大した問題ではないかもしれません。

むしろ、存在を知っても、そこに故人の懐かしい思い出、人生の軌跡が刻まれているから、そのままにしておきたいと考える人だっているでしょう。となると、ネットの世界から自分の亡霊を開放できるのは、自分しかいないと考えるべきなのではないでしょうか。

ネット先進国のアメリカでは、利用者が生前に手続きできるサービスがあります。利用者の複数のアカウントやパスワードを暗号化したうえで一元管理し、指定した「デジタル相続人」が死後の対応を行うというものです。日本では、まだそうしたサービスが行われていないので、遺族の対応に委ねられています。


エンディングノート活用で遺族や友人に安らぎを
SNSをよく利用し、ブログを発信しているという方は、自分亡き後、どのようにしてほしいのかエンディングノートに書いておくことをお勧めします。エンディングノートは、書かなければ誰もわからない、判断しようのないことこそ書いておく必要があるのです。

私なら、ネット上の書き込みは完全に消去してほしいと思いますが、それとは別に遺族や友人が訪れることができる「場所」を用意することもできます。会社によっては、「追悼アカウント」として、一般には公開されない特別なアカウントを用意してくれるからです。命日や、誕生日に、お墓参りをするように、「追悼アカウント」を訪問することもあるのかもしれません。

そう思うと、SNSの内容も、時々見直してみる必要がありそうです。あまりにまぬけな写真を、未来の孫たちに見られたくはないですもの。(執筆者:草薙 祐子)