グラビアアイドルの紗綾が15日、東京・福家書店新宿サブナード店で、写真集『IS』(発売中 3,150円 発売元:ワニブックス)の発売記念イベントを行った。

写真集『IS』の発売記念イベントを行った紗綾

10代最後の撮影となった同写真集は、「10代との決別」、「自らの中にある"少女"との区切り」をテーマに沖縄で撮影。真っ赤なワンピースで登場した紗綾は、「赤が似合う女性になれたかな」とはにかみ、「今までやってきたグラビアをこの1冊に詰め込みました。セクシーで自分でもドキッとする。等身大の大人っぽさが出せた」と自信満々でアピール。プールでのお気に入りの写真を披露し、「スクール水着は最後だと思って。水面に映る顔が違って見えて好きな写真です」と笑顔を見せた。

ベッドでくつろぐ姿など初のセミヌードに挑戦し、大人のセクシーな表情を見せている紗綾は、「ドキドキした。水着は私の制服なので、水着をはずした時の何とも言えない感覚が忘れられない」と振り返り、「今後の私にもご期待ください」と一皮むけた表情。また、「ここで一区切り。ここから、また飛躍出来たら」と語る。11月に20歳になり「責任感とか、大人としての立ち方を考えるようになった。成人だからしっかりしなきゃ。20代でアカデミー賞を取りたいです」と女優業への意欲も見せた。