ベネッセコーポレーションは、雑誌「たまごクラブ」「ひよこクラブ」(以下:たまひよ)の創刊20周年を記念し、2013年12月より、自然光の入るハウススタジオ型の写真スタジオ「たまひよの写真スタジオ」の展開をスタート。正式オープンに向けて2013年10月27日(日)、公式WEBサイトをオープンし、同日に開催された日本最大級のマタニティ&赤ちゃん連れファミリー向けイベント「たまひよ ファミリーパーク2013 in横浜」にて、「たまひよの写真スタジオ」の初お披露目会を実施した。

「たまひよの写真スタジオ」の公式サイトがオープン

■「たまひよ」が目指すのは、赤ちゃんと家族の"ハレの日"に、楽しく幸せな思い出を作る写真スタジオ
「たまひよの写真スタジオ」は、「たまごクラブ」「ひよこクラブ」の創刊20周年を記念した特別企画の一環として実施する新事業。正式オープンに先駆けて、2013年10月27日(日)には「パシフィコ横浜」にて開催された日本最大級のマタニティ&赤ちゃん連れファミリー向けイベント、「たまひよ ファミリーパーク2013 in横浜」内にて、初お披露目会を実施した。

現在、子どもの記念撮影の多くが「七五三」などの伝統的なイベント時のニーズに対応しているのに対して、「たまひよの写真スタジオ」は、新生児フォト、ハーフバースディや毎年の家族の誕生日フォトなど、その家族だけの"ハレの日"に、写真撮影を通して楽しく幸せな思い出を作る写真スタジオ。「たまひよ」がこれまで雑誌の企画制作で培ってきたノウハウをいかし、赤ちゃんと家族の"ハレの場面"を演出し、楽しく幸せな思い出を作るというコンセプトにこだわって、スタジオの設計や内装、撮影のスタイル、フォトブックの企画などすべてをプロデュースしている。

自然光がたっぷり入り、非日常の内装が施された空間で、自然で生き生きとした表情の温かい写真を撮影し、美しく編集されたフォトブック「家族ブック」を作ることが可能。「家族ブック」は、赤ちゃんが生まれ、成長していくスペシャルな期間の「家族の幸せな記憶」がつまったメモリアルブックとして、家族の宝物にすることができる。

■自然光あふれるハウススタジオで、プロカメラマンが撮影 NYのアトリエやクラシックヨーロッパをイメージした非日常の空間
ウッドデッキ付きの一戸建てハウススタジオには、トップライトなど自然光を取り入れるための工夫が施されており、内装は人気の空間デザイナー・坂田夏水氏が手掛け、ニューヨークのアトリエや、クラシックヨーロッパをイメージした非日常空間になっている。

どの面を向いても絵になるように作られた、子ども写真専用のハウススタジオとなっており、ポーズをつけての記念写真にとどまらず、スタジオ内の各部屋で、赤ちゃん、そして家族が自由に動き、カメラマンも、手持ちのカメラで様々な角度から撮影するスタイルを採用。赤ちゃん、子育て家族を撮影し続けてきた「たまひよ」だからこそ表現できる写真を、自信をもってお届けするという。

「たまひよの写真スタジオ」で撮影した写真は、すべての撮影データだけでなく、特製のフォトブック「家族ブック」も作成可能。赤ちゃんのかわいさを伝える「たまひよ」のノウハウが注ぎ込まれた「家族ブック」は、3つの製本タイプから、好きなものを選ぶことができる。撮影した写真に合わせて、要望を聞きながら編集される、世界に一つのフォトブックとなっており、仕上がりも本格的。誕生日や生まれたときの体重などのメモリアルデータが残せるほか、メッセージも書き込めるなど、何年、何十年経っても、思い出の瞬間がよみがえってくるような内容になっている。

「家族ブック」は3つの製本タイプを用意

雑誌誌面のノウハウが活かされたデザイン

■お披露目会には山田まりやがスタジオ体験&初のイベント親子出演
「たまひよ ファミリーパーク2013 in横浜」で実施された「たまひよの写真スタジオ」の初お披露目会では、一戸建てハウススタジオを1棟そのままイベント会場に持ち込み完全再現。約28,000人が来場し、赤ちゃん連れファミリーで大賑わいとなった。内装を手掛けられた空間デザイナーの坂田夏水氏のほか、特別ゲストとして、タレントの山田まりやも、昨年出産したばかりの現在10カ月の赤ちゃんと一緒に登場した。

お披露目会の様子(中央右:山田まりや・中央左:坂田夏水氏)

山田まりやがメディアイベントに親子で出演をするのはこの日が初めてで、子供と一緒に、いち早く「たまひよの写真スタジオ」を見学した。スタジオやフォトブックのサンプルを見た山田は、「内装がすごくおしゃれでかっこいい。今までありそうでなかった、甘すぎないスタイリッシュなデザイン」、「仕上がったフォトブックも素敵で、まるで海外の雑誌を見ているよう。写真を見ているだけで外国に行ったような気分になれる」、「カット数も多く、データがもらえるなんて太っ腹。我が家でもぜひ利用したい」などとコメント。子供と一緒に、「たまひよの写真スタジオ」の魅力を存分に堪能した様子だった。

「たまひよの写真スタジオ」を体験する山田まりや

「たまひよの写真スタジオ」は、赤ちゃんや家族を待たせる時間が少しでも短くなるように、完全予約制となっている。正式オープンは2013年12月21日(土)、最初の出店場所は東京都江東区の豊洲駅近くが予定されている。この第1号店での来店者の反応をふまえた上で、以降の展開が検討されるとのこと。最新情報は「たまひよの写真スタジオ」公式サイトにて公開されるので、しっかりチェックしておきたい。なお、すでにWEB予約もスタートしている。

「たまひよの写真スタジオ」の詳細は公式サイトをチェック