ヒロイン・アキ(能年玲奈、20才)が東京から北三陸に戻り、地元の人たちが満面の笑みで「お帰り」と心から歓迎した、NHK朝の連続テレビ小説『あまちゃん』の第137話。その放送日の9月6日、岩手・盛岡市内の県民会館で『あまちゃん』のファン感謝祭が開かれた。

 アキ、祖母の夏(宮本信子、68才)、今野弥生(渡辺えり、58才)、足立ヒロシ(小池徹平、27才)、琥珀掘りの勉さん(塩見三省、65才)の5人が、「じぇじぇじぇ」の文字入り看板が躍る楽しげな舞台に登場すると、会場から割れんばかりの拍手が沸き起こった。

 1時間半のイベントにはさまざまなコーナーが設けられた。クイズ大会では、「アキがじぇ!×9はどんな時に言ったのでしょうか?」(ちなみに答えは、片桐はいり演じる安部ちゃんと東京で再会するシーン)といった、あまちゃんファンも考え込むような問題も出て、終了予定時間が20分も過ぎてしまうほどの盛り上がりだった。

 定員2000人に対し、応募数はなんと1万5000通。イベントに出演した塩見は感慨深げにこう話す。

「地元・盛岡だけではなく、東京や神奈川など、全国各地からこのイベントを楽しむために、多くのかたが来てくださっていました。『あまちゃん』を愛してくれているかたに直に会って、その人気のすごさを改めて実感しました」

※女性セブン2013年10月3日号