週刊誌『FLASH』が主催するミスコンテスト「ミスFLASH2013」の発表記者会見が4日、都内で行われ、グランプリに階戸瑠李、永井里菜、池田裕子が選ばれた。

ミスFLASH2013グランプリに選ばれた階戸瑠李、永井里菜、池田裕子(左から)

過去に辰巳奈都子らを輩出したグラビアアイドルの登竜門となっている同コンテスト。7年目を迎える今年は、約600通もの応募者から、昨年9月にセミファイナリスト30人を選出。その後にチャットや撮影会、ブログや携帯、特設サイトを通じて大規模な読者投票を実施し、10月にはファイナリスト12人が選ばれ、選考を経て、階戸瑠李、永井里菜、池田裕子の3人がグランプリに決定した。

これまでイメージDVDを2枚出し、ともに好セールスを記録した人気グラビアアイドルの階戸瑠李は「この場に立てて凄くうれしいです。本当に決まった時は信じられなくて、みんなと一生懸命サバイバル期間を戦いましたから自分が選ばれた時は感激しましたね」と喜びの声。上智大学を卒業して一度は就職しながらもグラビアアイドルに転身したという異色の経歴の持ち主である階戸は「川村ゆきえさんとかグラビアアイドルが大好きで、自分でも週刊誌のグラビアとかを見ていてグラビアアイドルになりたいと思い、就職したのを辞めてグラビアアイドルになりました」と説明して、「毎年ミスFLASHはG☆Girlsというユニットをやっていると思うので、3人で入って一緒に活動できたらと思います」と意気込んだ。

3人の中では最年少でもある20歳の永井は、5人組のアイドルユニット"BLESS"のメンバーとしても活躍中。「BLESSと両立しながら頑張りたいです」と話して、「こういうオーディションを受けたことも初めてで不安でしたが、グランプリに選ばれて本当に嬉しいです」と笑顔だった。有吉弘行がMCを務める日本テレビ系の深夜バラエティー『アイドル☆リーグ!』にも出演中の池田裕子は、アイドルとしてデビューしてから4年目の受賞。「知らせを聞いた時は、ほっとして涙が出ました。ほかの皆さんより芸歴が永井のでプレッシャーもあり、落ちたら婚活しようと思いましたが、婚活せずにファンの方と会えるのでほっとしています」とグランプリに安堵した表情だった。

なお、FLASHでは2月4日発売の2月19日号にグアムで撮り下ろした「ミスFLASH2012」お披露目グラビアが掲載され、2月11日発売の号で階戸瑠李の単独グラビア、2月19日発売の号で永井里菜の単独グラビア、2月26日発売の号で池田裕子の単独グラビアをそれぞれ掲載。そのほか、4月18日にはDVDの発売も予定され、その発売記念イベントが4月26日に東京・秋葉原のソフマップ アミューズメント館で開催される。