経済効果880億円!のはずだった。“スカイツリーバブル”が期待された墨田区内の“皮算用”だ。当のスカイツリーが依然として1か月に460万人の来場者を数える一方、お膝元、押上通り商店街はというと。

「みんなスカイツリーにもっていかれて、閑古鳥だよ」

 そう語るのは、80年近く続く地元飲食店の70代経営者。

「880億円の経済効果なんて、どこ行ったって感じだよ。開業前は見物客や作業員の人たちでにぎわったけど、開業後はいっこうにお客さんが来てくれません」

 なにしろスカイツリーには東京ソラマチという312店舗を誇る大型商業施設が。飲食店や雑貨店、生鮮食品店から惣菜店まで軒を連ねる。

 近所を回ってみると、出るわ出るわ、の不満の声。

「開業直後はスカイツリーの“整理券”を持った4~5人連れのお客さんがよく来たけど、最近はそんなに並ばないのか、めっきり人が減っちゃったよ」(60代男性・喫茶店経営者)

「ソラマチで魚から野菜まで何でも買えるから、地元のお客さんまで取られちゃって…」(30代女性・地元スーパー店員)

 そびえ立つ特大えび天が迫力満点の『タワー丼』が話題となった『そば処 かみむら』の店主もため息をつく。

「12月に入ってから落ち込みが激しくなりましたね。馴染みのお客さんは来てくれるけど、観光客が…。『タワー丼』の売り上げは3割減だよ」

※女性セブン2013年1月10・17日号