脱毛専門店「銀座カラー」を全国展開するエム・シーネットワークスジャパンは7月、学生向けサービスとなる「脱毛学割」の開始を機に、女子大生500名を対象として「ムダ毛処理」に関する実態調査を行った。その結果、ムダ毛処理に多くの時間やお金を費やしている女子大生たちの実態が明らかになった。

薄着の季節、女性にとって気になるのが“ムダ毛”の存在

大学生・大学院生の女性(18歳~25歳)500名を対象に、7月5日~6日に実施された今回の調査では、女性にとって悩ましきムダ毛処理についての“ホンネ”を聞いた。まず「ムダ毛の自己処理を面倒だと感じますか?」との質問には、94%が「面倒だと感じる」と回答。一方で「ムダ毛処理のやり方」を聞いてみると、80%の人が「すべて自己処理をしている」という結果が出た。

具体的な自己処理方法を聞くと、「カミソリ」(89%)、「毛抜き」(68%)が上位にランクイン。しかし、自己処理においては肌トラブルも多いようで、「ムダ毛の自己処理によるトラブル経験者」は76%と約8割にのぼる。内容としては、1位「黒い毛が埋没した」(71%)、2位「カミソリ負けした」(63%)、3位「肌が荒れた」(56%)、その他「腫れ・炎症がおきた」(37%)など。自己処理により肌に負担がかかっている様子がうかがえる。

そんな肌に負担がかかりやすく面倒なムダ毛の自己処理に対し、近年興味をもつ人が増えているとされるのが「サロンでの脱毛処理」だ。しかし、“時間もお金もかかる”というイメージをもつ人も多い。そこで、今回の調査では自己処理とサロンでの脱毛処理、それぞれにかかる“時間”と“お金”の比較も行われた。

生涯換算でみると、自己処理よりサロンのほうがお得!?

まずは自己処理の時間について「ワキ」と「腕」を例にとり、ムダ毛処理にかける1カ月あたりの合計時間を調査したところ、ワキと腕だけで約100分となり、生涯換算(※1)すると、およそ800時間にのぼる結果となった。次に、ムダ毛の自己処理アイテム(カミソリ・脱毛クリームなど)にかけるお金については、平均して1年あたり約2,506円で、一生涯(※1)で考えると10万円を超える大きな額になってしまうようだ。

一方のサロンでの脱毛処理についても、ワキと腕を例にして計算。「銀座カラー」の通常メニューを例に算出された時間と金額は、脱毛し放題で約360分(※2)、5万1,000円(※3)という興味深い結果となった。

※1:現在20歳の大学生が60歳になるまでムダ毛の処理をし続けると考えた場合
※2:「脱毛し放題」で仮に12回にて計算した場合
※3:「ファーストチャレンジコース」で「両ワキ」「レギュラーコース(脱毛し放題)」で「両ヒジ下」を同時に申し込んだ場合(2012年7月現在のキャンペーン適用)

【関連リンク】

女性のムダ毛に5人に2人ががっかり。夏の女性の身だしなみに関する意識調査

ワックスで脱毛!? イタリア発のオーガニック脱毛シート発売

【女性編】永久脱毛したい箇所ランキング

温スチーム&リズムタッチでハリのある目もとに-目もとエステ発売