人気グラビアアイドルの森下悠里が29日、東京・秋葉原の書泉ブックタワーで写真集『月刊NEO 森下悠里』(発売中 1,890円 特装版は4,725円 発売元:イーネット・フロンティア)の発売記念イベントを行った。

写真集『月刊NEO 森下悠里』の発売記念イベントを行った森下悠里 拡大画像を見る

グラビアを飛び越えて映画やバラエティー番組などでも活躍中の人気グラビアアイドルの森下悠里が、過酷な減量をして臨んだ最新写真集。レディー・ガガやバーレスクの女王、ディタ・フォン・ティースをイメージした世界観を表現した同写真集では、バストのトップをシールで隠すなど、これまでにない限界ギリギリに挑んだ意欲作となっている。

森下は「今回のコンセプトは"攻め"。最初で最後の限界露出です! これ以上露出したらヌードのオファーがきちゃいますね(笑)」と苦笑いを浮かべるも「今までの写真集やDVDでも着なかったTバックを初めて見せています。仕上がり私的に大満足!お気に入りは監禁された感じの写真です。無になった気分でできました」と振り返った。

森下は、撮影前の10日間で5キロ痩せて同写真集の撮影に臨んだという。「もう戻っちゃいましたが、48キロから43キロに痩せ、ウエストも58から54になりました。撮影前は1日600kcalの食事しか摂らなかったり、寝る時はサウナスーツを着て上下に電気毛布を敷いて寝たりしました。減量中のボクサー以上に過酷なんじゃないかというぐらいのダイエットでしたよ。面白いぐらい痩せました。ダイエット本を出したいぐらいに(笑)」と話していた。