渡辺ペコ「コミック星新一 妖精」の扉イラスト。「妖精」(新潮文庫刊『ボッコちゃん』所収)(C)1962 星ライブラリ/新潮社

本日3月6日に発売されたミステリーボニータ4月号(秋田書店)では、「にこたま」などで知られる渡辺ペコが「コミック星新一 妖精」を発表している。

「コミック星新一」は星のショートショートを人気マンガ家がコミカライズするシリーズ。今号の作品は、いつも自分の上をいくライバルに勝ちたいと悩む少女の前に、願いを叶える妖精が現れるところから物語が始まる。

なお4月6日発売のミステリーボニータ5月号に掲載される「コミック星新一」には、「にんぽぽ123」で知られる鈴木志保が登場。鈴木が「コミック星新一 花とひみつ」を発表する。花が大好きな少女が主人公の、メルヘンファンタジーだ。