女優の深田恭子が28日、東京・新宿のバトル9で行われた映画『アリス・イン・ワンダーランド』の「白の女王は誰だキャンペーン」発表会に出席した。

『アリス・イン・ワンダーランド』の白の女王姿で登場した深田恭子

同作の公式サイトでは、主人公のアリスとともにワンダーランドの運命を賭けて戦う白の女王の声を誰が務めているのかを予想するキャンペーンを4月3日より実施。この日は、声を担当した女優が、深田恭子だったと発表された。

発表とともに白い女王をイメージしたドレス姿で登場した深田は、日本語吹き替えは初挑戦。「ディズニーが大好きなんです。ディズニープリンセスになるのが夢だったので感動しました。ティム・バートン監督の大ファンだったので、こういった形で作品に参加させていただけて、とても嬉しく思っています」と喜びを語った。深田はドレスのデザインにも参加。「アン・ハサウェイさんに限りなく近いようにスタッフさんたちと相談しながら決めました」と話し、「一歩間違えると妖怪みたい(笑)。ここまでたどり着くのは大変でした」と苦労も明かした。

また、報道陣から熱愛報道のあった清水アキラの三男・清水良太郎との関係を聞かれると「フフフフ」と笑顔を見せながらもノーコメント。「(映画のように)求婚されたいです」と語って会場を後にした。

『アリス・イン・ワンダーランド』は、ティム・バートン監督とジョニー・デップの最新作で、ルイス・キャロルの名作『アリスの不思議な国』をベースに、19歳に成長したアリスの冒険を描いた3Dファンタジー映画。現在公開中。