メルセデス・ベンツ日本は4月19日、高級ロードスター「SL350」をベースに、内外装に特別装備を施した「SL350 ナイトエディション(Night Edition)」を発売した。外装色「オブシディアンブラック」が1280万円で限定10台、同「designo マグノナイトブラック」が1330万円で限定1台のみの発売となる。

メルセデス・ベンツ SL350 ナイトエディション

特別仕様車は「SL350」をベースに、「AMGスタイリングパッケージ」に、オブシディアンブラックもしくは特別色のdesignoマグノナイトブラック(マットペイント)のボディカラーを採用。チタニウムグレー(ツートン)の専用19インチAMG5ツインスポークアルミホイール、ハイグロスドアハンドル、クロームショルダーライントリムなどを装備し、精悍なエクステリアとした。

インテリアは、上質なナッパレザーを随所に使用。アローシェイプのステッチやシルバーのアクセントを加えたシートやインテリアトリム、シルバーペイントのエアスカーフ、クローム処理のドアシルプレートなどを装備する。

外装色designoマグノナイトブラックは、本特別仕様車のために開発されたつや消しブラックのペイントで、周囲の風景が映りこまず、独特の存在感となる。このモデルは日本で1台のみの販売につき、購入希望者多数の場合には抽選となる。申し込み期間は4月19日より5月10日まで。

10台用意される外装色「オブシディアンブラック」モデルは、AMGスポーツパッケージ(94.5万円相当)や数々の専用装備を施しながら、ベースモデルより80万円高の1280万円とした。