ミスFLASH2009に選ばれた3人

週刊誌「FLASH」が主催するミスコンテスト「ミスFLASH2009」の発表記者会見が3日、都内で行われた。

2006年にスタートした「ミスFLASH」は今年で4回目を迎え、過去に辰巳奈都子や澤田友美らを輩出している。グラビアアイドルの登竜門としての注目度の高さを裏付けるように、今年は全国から約550通もの応募があったという。その中からファイナリスト10名が選ばれた後、読者投票によりグランプリ1名、準グランプリ2名が決定した。

準グランプリ

準グランプリ1人目は村上友梨。1992年生まれの16歳で、史上最年少での受賞となる。

1992年11月7日生まれ、広島県出身。サイズはT168・B92W58H84

「本当にに嬉しく思っています。お仕事で海外に行くのも、DVD撮影も初めてでとてもいい経験ができました。準グランプリに選ばれたと聞いたとき、嬉しさの反面、本当に私でいいのかという不安もありましたが、私を選んでくれた方がいるんだと思うと自分に自信を持つことができました。これから自分らしく頑張っていこうと思います」。

ミスFLASH2008準グランプリのかの夏帆から花束の贈呈

そしてもう1人の準グランプリはこれがグラビア初挑戦だという平有紀子。

1988年4月22日生まれ、埼玉県出身。21歳。T162・B84W59H84

同じく昨年準グランプリの野田彩加から花束を贈られる

「準グランプリを受賞することができてとても嬉しく思っています。グラビアのお仕事は初挑戦で、とても緊張していたのですが、グアムロケも無事終えることがでいました。これから平有紀子という名前を1人でも多くの方に覚えてもらえるよう頑張りたいと思いますので宜しくお願いします」。

ファッション誌の読者モデルのほか、ファッションショーやバラエティ番組にも出演している

グランプリ

投票総数53,000票の中から、読者が選んだグランプリは栁本絵美。現役の高校2年生だ。モットーは「清く、正しく、おもしろく」。

1992年4月20日生まれ、東京都出身。17歳。T161・B82W61H86

「最終選考に残していただいた時点ですごく光栄に思っていたので、こんなふうにグランプリをいただけたのは、皆さんが応援してくださったおかげです。これからも自分らしく、清く正しく面白くステップアップしていけたら」。

昨年のグランプリ澤田友美と

フォトセッション

受賞セレモニーの後はワイシャツを脱いでの写真撮影。

チャームポイントは「胸」だという村上。「学校で着替えるときはいつも『おっきーい!』って触られます(笑)」

平は背中に自信があるとか

栁本のチャームポイントは唇。「いつもプリプリリップを保つよう努力してます!」

新旧ミスFLASH全員で

現在発売中のFLASH8月18日・25日合併号にはグアムで撮り下ろした「ミスFLASH2009」お披露目グラビアが掲載されている。来週火曜(11日)には別冊スペシャルが発売される。