ゲームソフトの開発・販売などを手がける元気は、ニンテンドーDS専用FXトレーニングソフト『マネパ1000万人のFXトレーニング』を発売した。ストーリー仕立てで基礎知識を理解するモードのほか、実践的なデモトレードを行えたり、市場を揺るがす様々なシーンも体験できたりするなど、基礎から応用まで幅広く学べるように、趣向が凝らされている。本体価格は3,800円。

同ソフトは、外国為替証拠金取引(FX)の取扱業者である「マネーパートナーズ」の協力の下で開発された。FX初心者にとって必要な情報をゲーム感覚で学ぶことができる構成となっている。

物語形式でFXの知識を学べるストーリーモードは、「基礎知識」「基本トレーディング」「チャート」「応用トレーニング」の四部構成。口座開設から基本的な注文やチャートの操作方法、レバレッジ効果や損切り、指値注文のやり方、ファンダメンタル分析やテクニカル分析などについて、それぞれ章立てで物語が進行していく。章ごとに、「まとめ」が掲載されているので、それを読み直すだけでも、自分の得意・不得意分野を洗い出す上で役立つだろう。また、図解や実際にトレードを行いながら話が展開していくので、より効率的にFXについて理解度を深めることができる。応用トレーニングにはクイズ形式で復習ができるので、基礎を理解できたかどうか、まとめとして使うのもよい。

3名の方に『マネパ1000万人のFXトレーニング』をプレゼント。応募はこちら!!

ストーリーモードでは、専門用語や知識も図説で分かりやすく解説

基本的な注文操作

トレンドの探し方

応用トレーニング

トライアルモードは、実践的なデモトレードを繰り返し楽しめるモード。自動生成される為替レートから、市場データの分析・解析を行うので、実践さながらの感覚を身に付けることができる。初心者には「おまかせ条件設定」がお勧めだが、ある程度FXに慣れた人であれば、トレード期間や開始時の維持証拠金などを選べる「自分で条件設定」を選ぶことで、より実践的なトレード体験を行える。

トライアルモード

なかでも面白いのがトレースモード。市場を揺るがす様々なシーンを追体験できる。シーン選択では「米同時多発テロ発生」「日経平均の暴騰」「米財務長官辞任」「イラク戦争勃発」「G7の表明」「カトリーナ襲来」「サブプライム問題」「世界的金融危機」など、32のトレードシーンを用意。一瞬にして大きく変化する市場にどう対応すればよいのか、どのタイミングで売買を行うのか、練習を積んでおけば、ここぞというときチャンスを逃さずに済む。

トライアルモードでは↑下値支持線などを書き込めるツールも搭載。一瞬にして大きく変化する市場についてアドバイスを受けられる

FXにまつわる専門用語や各種経済用語を解説する「FX用語辞典」はあいうえお順で簡単に検索できる。また、用語説明の中でわからない用語がさらに出てきても、関連用語リストからわからない用語を選べばいいだけだ。

専用に用意されたコースをプレイし、記録したスコアを全国のトレーダーと競う「オンラインランキングモード」もあり、どこまでも遊べる同ソフト。初心者はもとより、FXに慣れ親しんでいる人も「今更聞けない」「苦手分野がある」という人にも最適。一度手にとって遊んでみては?

「FX用語辞典