エロなのかお笑いなのか――? セクシーポーズで胸を強調したかと思えば、お下品なネタで笑いも取るお笑いコンビのチェリー☆パイ。今、ゲリラ的に多くのバラエティー番組に出演し、賑やかしている。そんな彼女たちのファーストDVD『PURE☆SMILE チェリー☆パイ パイパイパイパイチェリー☆パイ』が発売された。笑いとエロが満載の内容らしいが、一体どっちの路線で行くの? そこんとこを2人に直撃してみたぞ!

チェリー☆パイ
みほ(右):1981年3月20日生まれ。宮城県出身。身長162cm、スリーサイズはB83・W59・H82。趣味はアルバイトのシフトをうまく組むこと。特技はトランペット、手話。
かっすん:1986年4月4日生まれ。大阪府出身。身長162cm、スリーサイズはB81・W58・H84。趣味は牛丼店のタレを必要以上に持ち帰ること。特技はダンス。
現在、『"笑"たいむ2008』(NHK衛星第2)にレギュラーとして、『ラジかるッ』(日本テレビ系)に準レギュラーとして出演中。公式ブログはこちら
撮影:山村修治

――そもそものコンビ結成のきっかけは?

かっすん : 芸人になりたくて、上京して今の事務所に入ったんですけど、みほは私の教育係だったんですよ。事務所のライブにお手伝いに行った時に、たまたまある先輩が出られなくなって、1枠空いたんです。そこで、マネージャーに「お遊びでいいから1回組んでみたら」って言われて。

みほ : 私は、なんでこんなド素人でギャルみたいな人と組まなきゃいけないのって思いましたよ。当時のかっすんは、ギャルみたいな格好をしてたんですよ。髪はヤマンバみたいにエクステンションを付けて、ミニスカートヘソ出しルックで。意味わかんないよって。でも、組んだら組んでみたで、悪くないなって思うようになったんです。

――チェリー☆パイというコンビ名もオッパイを意識して付けたんですか?

みほ : これがまったくの偶然なんです。ORIEという同じ事務所の女芸人が付けてくれたんですけど、オッパイのギャグができることは想定外でしたから。ORIEのおかげですね。だから、彼女も売れてほしいです(笑)。

かっすん : 2人で出るんだったら、名前がいるねってことになって、ORIEさんが「チェリーパイはどう?」って言ってくれて。めっちゃカワイイって思って、そうしたんです。その時はオッパイは意識してなかったんですよ。だから、名前に救われたところがありますね。でも、オッパイにも限界がありますから(笑)。

みほ : え~? 私は、オッパイ一筋で行こうと思ってたんだけど。

かっすん : この1年間は運もあったし、全力できましたけど、今後は違う方向性も考えていきたいなって。

みほ : 確かに。私たち、芸の基本をやってこなくて、いきなりオッパイをやりはじめたんで、これからはそれ以外のネタにチャレンジしていきたいという気持ちはあります。普通にショートコントや漫才もできたらいいですね。ま、最後のオチだけは「ごめんなパイ」って自分たちのらしさを入れるけど、パイに頼りすぎるのはな~って。

以前は、ピン芸人としてSM女王様のネタをやっていたというみほ。DVDの本編にもそのネタが収められている

――オッパイネタは封印する?

みほ : いや、むしろオッパイで世界を平和にしたいんです(笑)。今はオッパイというと卑猥なイメージがあるし、うつむいちゃう方が多いじゃないですか。日本では恥じらいがあるんですよね。これを変えていきたいです。

かっすん : まだ世界に伝わってないんですよ(笑)。この前、番組のロケでアメリカ行ったんですけど、オッパイネタをやったら、みんなポカンとしてて。だから、世界に通用するようにしたいですね。

みほ : 「アイ アム チェリーパイ!」と言った時も「はぁ?」みたいな顔されて。向こうの人からしてみれば、「私は納豆です」みたいなもんじゃないですか。頭がおかしいんじゃないかと思われまして(笑)。オッパイは見せていいものだし、堂々と見てもいいものなんだよってアピールしていきたいですね。

――でも、見せてはいないですよね(笑)?

みほ : 私のオッパイは神秘的ですから(笑)。中のその輝きは大切な人のためにとっておくんです。

かっすん : パンツとかもパンチラのほうがいいって言うじゃないですか(笑)。

みほ : 男性って女性の身体が怖いって思う人もいるみたいですね。きれいな身体してると思っていたのに、開けてみたら化け物だって(笑)。私は凄く神秘的ですけど(笑)。