写真左から、藤井玲奈、松山まみ、来栖あつこ

ボディコンファッションに身を包んだセクシー女刑事たちが活躍するドラマ『ボディコンコップ』のDVDが発売され20日、東京・秋葉原で行われた発売記念イベントに主演の松山まみ、来栖あつこ、藤井玲奈が登場した。

"ボディコン女刑事"が、知性と強靭な肉体と特殊な武器で奇怪な連続殺人事件に挑むという破天荒なストーリーの同作。刑事アクションドラマとしてシリアスな面もありながら、"ローアングル"を多用したカメラワークや、服の破れを強調した演出をふんだんに取り入れるなど、"しっかりと"男性向けに制作された。しかも、出演者はすべて女性という徹底ぶりで、昨年末にBS11で放送され、好評を博した。

イベントに登場した3人は松山が20歳、来栖が30歳、藤井が14歳。ボディコンを着たのは同作の撮影で初めてという。松山は「とにかく動きにくいですね。丈も短いので周りを気にしちゃいます」と苦笑い。藤井は「『ボディコン』という言葉すら知りませんでした。衣装については、お母さんが教えてくれたんですが、本当の"意味"は教えてくれなかったです(笑)」と言い、これには報道陣が苦笑い。一方、ミニスカポリスからの"異動"となった来栖は「この歳で秋葉原でイベントをやれるなんて、自分でもびっくりです。これで最後かも……」と哀愁を漂わせたが、今春には「6年ぶりに雑誌のグラビアを飾ることになりました!」と笑顔でファンに報告していた。

「まさかDVD化されるとは思っていなかったので、うれしかったです!」(松山)

「面白い動きをするおばあさんに注目して下さい。どこが面白いかは見ればわかります(笑)」(来栖)

「瓶の牛乳を飲むシーンでNGを何度も出してしまい、苦労しました。でもちょっとしか映ってなかったです(笑)」(藤井)

松山まみ、来栖あつこ、藤井玲奈 フォトコレクション

『ボディコンコップ』発売中 3,990円
発売・販売元:ポニーキャニオン
購入はこちらから