西日本鉄道は、ICカード「nimoca(ニモカ)」のサービスを5月18日から開始すると発表した。

ICカード「nimoca(ニモカ)」

「nimoca」はIC乗車券として電車・バスに利用できるほか、電子マネーとして買い物にも利用できるカード。西日本鉄道では利用者の用途に合わせて基本カードの「nimoca」、お買い物でもポイントがつく「スターnimoca」、クレジット機能が付いた「クレジットnimoca」の3種類のカードをそろえた。

発売金額はnimocaとスターnimocaが2,000円(デポジット500円、利用可能金額1,500円)、クレジットnimocaは無料(クレジット会社への申し込みが必要)。なお、クレジットnimocaは当初利用可能額が0円であるため、IC 乗車券や電子マネーとしての利用には事前のチャージが必要となる。

サービス開始当日から利用できるのは、電車は天神大牟田線全線、バスは福岡都心部を走る一部の路線、商業施設は天神地区と天神大牟田線沿線を中心とした加盟店。西日本鉄道では利用可能範囲を今後順次拡大していくとしており、nimoca専用サイトを開設してサービス内容や取り扱い方法、利用エリアなどを案内している。