マイナビニュース | 旅と乗りもの | 鉄道 | イチオシ記事

イチオシ記事

2017年03月22日(水)

東急大井町線急行、2017年度下期から7両編成に - 4/21ダイヤ改正概要も発表

東京急行電鉄は22日、田園都市線・大井町線・世田谷線で4月21日に実施するダイヤ改正の概要と、朝ラッシュ時における田園都市線・大井町線の混雑緩和施策について発表した。田園都市線は4月21日のダイヤ改正で、平日早朝に急行などを増発。大井町線は2017年度下期から急行を7両編成に増やして運行する。

[20:58 3/22]

鉄道ニュース週報 第62回 JR豊肥本線と南阿蘇鉄道、復旧に向けた取組みが始まる

熊本地震の発生からもうすぐ1年。被災不通区間となっていたJR九州の豊肥本線と南阿蘇鉄道で復旧へ向けた取組みが始まるようだ。豊肥本線はまず肥後大津~立野の復旧をめざす。南阿蘇鉄道立野~中松間の復旧へ向けた協議会も設立される見込みで、熊本~高森間の鉄道ルートが復活しそうだ。

[07:00 3/22]

2017年03月21日(火)

JR九州、門司港駅を創建当時の姿に復原へ - 駅全体の供用開始は2019年春頃

JR九州は21日、門司港駅の駅舎復原方針と今後のスケジュールについて発表した。保存修理工事が完了した後の駅舎は創建当時の姿に復原することを基本とし、修理前と同様、駅として使用される。耐震補強工事の実施などで工事完了予定時期が変更となり、2019年春頃をめどに駅全体の供用開始を予定しているという。

[18:21 3/21]

2017年03月19日(日)

「西武 旅するレストラン 52席の至福」乗車記 - 車内でおいしい食事味わう

西武鉄道の車両4000系をリメークし、昨年4月にデビューした「西武 旅するレストラン 52席の至福」。車内ではおいしいコース料理が食べられることが話題となり、予約客が殺到しているという。このほどプレス向けツアーが企画され、「52席の至福」に乗車することができたのでレポートしたい。

[10:37 3/19]

2017年03月18日(土)

西鉄9000形、新型車両デビューを前に試乗会 - 西鉄福岡(天神)~筑紫間走行

西日本鉄道は18日、天神大牟田線に導入する新型車両9000形の試乗会を実施した。3月20日から運行開始する新型車両9000形は、2016年度に計10両(3両編成×2編成、2両編成×2編成)、2017年度に計8両(3両編成×2編成、2両編成×1編成)を導入。おもに急行・普通で運用される予定となっている。

[19:09 3/18]

JR九州783系「ハウステンボス」オレンジのリニューアル車両が博多駅を出発

JR九州は18日、博多駅にて特急「ハウステンボス」783系リニューアル車両の運行開始出発式を実施した。特急形電車783系を水戸岡鋭治氏のデザインでリニューアルし、オレンジを基調とした外観、ぬくもりのある木をふんだんに使用した内観が特徴の車両に。運行初日は下り「ハウステンボス91号」、上り「ハウステンボス96号」に使用される。

[10:16 3/18]

鉄道トリビア 第397回 駅の売店で販売された「路線図入りの回数券」で電車に乗れなかった理由

電車やバスの回数券は、私たちの暮らしに根づいた割引きっぷだ。毎日は乗らないけれど、通院や買い物などで週に2~3回、電車やバスを利用するときなどに使われている。しかし、1960年代の東京の駅で、電車に乗れない回数券が販売されていた。入場券でもなかった。どんな回数券かというと……。

[08:00 3/18]

2017年03月17日(金)

東急田園都市線2020系、新型車両は「これまでにない新しさ」2018年春導入へ

東京急行電鉄は17日、田園都市線に新型車両2020系を導入すると発表した。「2020年の東京オリンピック、さらに2020年の当社創業100周年に向けて、田園都市線により親しみを持っていただき、沿線の街や駅と調和する車両にすることを目的に命名」したという。2018年春に30両(10両編成×3編成)導入し、その後も順次導入予定としている。

[19:37 3/17]

2017年03月15日(水)

東京メトロ13000系、日比谷線の新型車両3/25デビュー! 東武線へ直通運転も

東京メトロは15日、日比谷線新型車両13000系の本格運行を3月25日から開始すると発表した。東武鉄道70000系(2017年度運転開始予定)と仕様を共通化した車両で、日比谷線から東武スカイツリーラインへ直通運転を行う。日比谷線は2020年度までに、既存の03系(全42編成)から13000系(全44編成)へ更新する予定となっている。

[16:26 3/15]

鉄道ニュース週報 第61回 電車初の重要文化財指定へ - ともに日本の電車時代幕開けの象徴だった

3月10日、文化庁の文化審議会は、国宝として7件、重要文化財として37件の美術工芸品を指定すると文部科学大臣に答申した。その中で、歴史資料の部として鉄道関連が2件あった。どちらも電車で、1914(大正3)年に製造された鉄道院のナデ6141号電車と、1927(昭和2)年に製造された東京地下鉄道1001号電車だ。

[07:00 3/15]

2017年03月13日(月)

京阪電気鉄道、京津線800系と石山坂本線600形・700形のカラーデザイン変更

京阪電気鉄道は13日、大津線(京津線・石山坂本線)全車両のカラーデザインを順次変更すると発表した。今年4月から塗装工事に着手し、塗装変更が完了した1編成目(700形)は6月から営業運転開始。全車両の塗装変更完了は2020年度を予定している。

[16:17 3/13]

2017年03月12日(日)

西武鉄道40000系「S-TRAIN」新型車両2編成並ぶ - 初運行・お披露目イベント

西武鉄道は12日、新型通勤車両40000系の初運行イベント・お披露目イベントを開催した。初運行イベントで池袋~西武球場前間を走行し、西武球場前駅にて40000系2編成の車両撮影会・内覧会を行った。40000系は3月25日から営業運転を開始する。

[19:01 3/12]

2017年03月11日(土)

鉄道トリビア 第396回 国鉄最後の日限定のフリーきっぷは前代未聞の大盤振る舞いだった

2017年4月1日、JRグループは発足30周年を迎える。鉄道専門誌の4月号で特集が組まれ、すでにJRのあゆみを紹介するムックも販売中だ。JR各社も記念商品を用意している。ところで、JR発足の前日、国鉄は最後の日限定のフリーきっぷを販売した。当時の鉄道ファンは歓喜に沸くほどの価格と内容だった。

[07:59 3/11]

2017年03月10日(金)

東武鉄道500系「リバティ」新型車両に試乗、浅草~東武日光間2時間弱で走行

東武鉄道は10日、新型特急車両500系「リバティ」に試乗し、日光東照宮「陽明門」の修復完成公開を見学する記念ツアーを開催した。4月21日のデビューに先立ち、「リバティ」を使用したツアー列車が浅草~東武日光間を走行した。

[10:40 3/10]

2017年03月09日(木)

JR東日本、南武線川崎~登戸間開業90周年! E233系の記念列車が川崎駅を発車

1927(昭和2)年3月9日、南武線の前身である南武鉄道の川崎~登戸間が開業してから今年で90周年を迎える。JR東日本は3月9日に南武線開業90周年記念列車の運行を開始し、川崎駅で出発式を開催した。

[17:07 3/9]

鉄道ニュース週報 第60回 2017年3月ダイヤ改正、市販の時刻表に最も影響を与えた路線は?

JRグループは3月4日、例年より少し早くダイヤ改正を実施した。利用者にとって使いやすい運行ダイヤに改め、自社の利益を高める目的があると筆者は思う。市販の時刻表のダイヤ改正号を眺めると、2つの特徴が掲載位置に反映されていた。

[07:00 3/9]

2017年03月06日(月)

神戸市営地下鉄3000形「市電デザイン列車」特別試乗会「東洋一の市電」蘇る

神戸市交通局は5日、名谷車両基地にて「市電デザイン列車」撮影会・特別試乗会を開催した。今年は「東洋一の市電」といわれた神戸市電開業100周年、神戸市営地下鉄開業40周年にあたり、その特別企画として地下鉄3000形1編成を神戸市電カラーに塗装した。当日は「市電デザイン列車」の試乗会と神戸市電の車両が特別に公開された。

[21:00 3/6]

2017年03月04日(土)

鉄道トリビア 第395回 ヤマト運輸は路面電車で荷物を運んでいる

ヤマト運輸といえば宅配便の最大手。最近は通信販売の発達で取扱い量が増大している。労働組合が会社に対し、来年度の取扱い荷物量を今年度より超えないように要求して話題になった。そのヤマト運輸は2011年から、貸切路面電車を使った荷物輸送を実施している。

[08:00 3/4]

2017年03月03日(金)

鉄道ニュース週報 第59回 観光列車の新段階「トワイライトエクスプレス瑞風」「HIGH RAIL 1375」

先週の鉄道の話題はなんといっても「TWILIGHT EXPRESS(トワイライトエクスプレス)瑞風」の完成披露だろう。その陰に隠れてしまったけれど、JR東日本が小海線に投入する「HIGH RAIL 1375」も興味深い。どちらも観光列車の新しい時代を告げる列車だ。観光列車のブームはまだまだ終わらない。

[08:00 3/3]

2017年02月25日(土)

鉄道トリビア 第394回 東京23区のある区と同じ名前の列車が走っていた

「東京23区を全部言えるか」と言われると、東京に住んでいる人もちょっと怪しい。自分の生活範囲から遠い区はなかなか思い出せない。ところで、1959年(昭和34)4月、東京23区のある区と同じ名前の列車が走った。ヒントは「東京マラソン2017のコースが通っている」「列車名は漢字ではなく、ひらがな」だ。

[08:00 2/25]

JR西日本87系寝台気動車「トワイライトエクスプレス瑞風」新型車両の概要は

JR西日本の新たな寝台列車「TWILIGHT EXPRESS(トワイライトエクスプレス)瑞風」の車両初お披露目の記念式典・報道公開が23日に行われた。この中で「TWILIGHT EXPRESS 瑞風」に使用される新型車両「87系寝台気動車」の概要も明らかにされた。

[07:15 2/25]

2017年02月24日(金)

JR西日本「トワイライトエクスプレス瑞風」車内も豪華! スイートにバスタブ

JR西日本が23日に実施した「TWILIGHT EXPRESS(トワイライトエクスプレス)瑞風」の報道公開にて、7号車「ザ・スイート」の内覧も行われた。最上級の客室にふさわしく、世界的にも希少な1両1室の広いスペースにエントランス、プライベートバルコニー、リビング・ダイニング、寝室、バスタブ付バスルームを備えた最上級の客室となっている。

[08:48 2/24]

2017年02月23日(木)

JR西日本87系「トワイライトエクスプレス瑞風」車内・外観公開! 写真125枚

JR西日本は23日、「TWILIGHT EXPRESS(トワイライトエクスプレス)瑞風」の報道公開を実施した。午前中に行われた記念式典でラッピングを外した車両外観がお披露目され、午後からの車両撮影では車内の様子も公開(一部車両を除く)された。

[20:32 2/23]

2017年02月22日(水)

鉄道ニュース週報 第58回 さようなら583系、鉄道旅行全盛期の象徴だった

国鉄時代の名車がまた消える。JR東日本に1編成のみ残っていた583系が4月8日をもって引退すると発表された。昼も夜も運行できる車両として誕生し、高度成長期に大活躍した寝台座席兼用電車だ。もう同じ企画で設計される車両は現れないだろう。

[07:00 2/22]

2017年02月20日(月)

JR東日本EV-E801系「ACCUM」男鹿線の蓄電池電車3/4デビュー! 車両展示会も

JR東日本秋田支社は17日、交流蓄電池電車EV-E801系「ACCUM(アキュム)」の営業運転開始日を3月4日と発表した。これに先立ち、2月25日に秋田駅で車両展示会が行われる。

[17:02 2/20]

2017年02月19日(日)

西武鉄道新型車両40000系「S-TRAIN」でデビュー - 新宿線の有料列車導入は?

有料座席指定列車「S-TRAIN」でデビューする西武鉄道の新型通勤車両40000系は、同社の30000系に続く「スマイルトレイン」シリーズの車両となる。「人にやさしい、みんなと共に進む電車」をコンセプトに、通勤・通学利用者や車いす・ベビーカー利用者、子供たちからシニア世代まで心地良い時間を過ごせるように工夫された。

[07:42 2/19]

2017年02月18日(土)

鉄道トリビア 第393回 日本の地下鉄で最も標高の高い駅には展望広場がある

地下鉄の駅が地下にないという話は当たり前すぎてトリビアにもならない。東京メトロ銀座線渋谷駅が山手線の上にあるのも常識だ。しかし、正真正銘の地下鉄トンネル駅で、日本で最も標高の高い駅が仙台市にある。しかも駅と展望広場がエレベーターで直結している。標高が高いトンネル型の地下鉄駅で展望広場。どういうことだろう。

[08:00 2/18]

JR東日本583系、秋田車両センター所属の最後の編成が引退へ - 4/8最終運行

JR東日本秋田支社は17日、秋田車両センター所属の交直流特急形寝台電車583系の引退を発表した。4月2・8日に583系の団体専用列車が設定され、4月8日の秋田~弘前間が最終運行となる。4月9日に秋田駅で車両展示会も行われる。

[06:18 2/18]

2017年02月17日(金)

JR四国2600系、新型車両を公開! 次世代特急列車に赤と金の彩り - 写真70枚

JR四国は17日、特急形気動車の新型車両2600系の報道公開を実施した。デザインコンセプトは「Neo Japonisme(ネオジャポニズム)」。日本の伝統意匠を現代風にアレンジし、安らぎと先進性をあわせ持つ特急車両となった。

[14:52 2/17]

2017年02月16日(木)

東武亀戸線"緑亀"電車が出発 - オレンジに続く8000系リバイバルカラー車両

東武鉄道は16日、亀戸駅にてグリーンの車体に白帯の塗装を施した8000系リバイバルカラー車両の出発式を開催した。昭和30年代の「標準色」を再現したリバイバルカラー車両とともに亀戸線などで運行予定。愛称を「緑亀」とすることも発表された。

[17:47 2/16]

2017年02月15日(水)

鉄道ニュース週報 第57回 葛飾区が南北鉄道路線の調査費を計上 - 東京の新路線構想に動き

先週は東京の新路線構想に動きが2つ。2017年度予算で葛飾区が貨物線を利用したLRT構想に調査費を計上した。南北方向の鉄道路線を整備し、地域の一体化をめざす。地下鉄よりも投資額が小さいから、実現の可能性は高そうだ。

[07:00 2/15]

2017年02月14日(火)

JR西日本「トワイライトエクスプレス瑞風」最高倍率68倍! 第1期公開抽選会

JR西日本は13日、同社本社にて「TWILIGHT EXPRESS(トワイライトエクスプレス)瑞風」の「第1期公開抽選会ならびに受付結果に関する会見」を実施した。

[15:53 2/14]

2017年02月13日(月)

西武鉄道40000系「S-TRAIN」新型車両を公開! 同社初の設備多数 - 写真73枚

西武鉄道は13日、新型通勤車両40000系の内覧会を実施した。2016年度製作導入編成は、同社の通勤車両において初のロング・クロスシート転換車両。他にも「パートナーゾーン」や中吊り広告に代わる広告用デジタルサイネージなど、同社初という設備を多数備えた。3月25日から有料座席指定列車「S-TRAIN」で運行開始される。

[18:19 2/13]

2017年02月12日(日)

東京メトロ・埼玉高速鉄道「鉄コン大運動会」恋の終着駅はもうすぐなのか!?

各地で開催される婚活イベント。鉄道事業者においても、たびたびこういったイベントが行われるようになった。2月11日に開催された「SR&東京メトロ Presents 鉄コン大運動会 in 浦和美園 ~恋の終着駅は遠くて近い。~」もそのひとつだ。

[21:02 2/12]

2017年02月11日(土)

鉄道トリビア 第392回 出会いと別れ…ドラマの人物相関図のような列車たちがいた

新幹線「はやぶさ」「こまち」は盛岡駅で分割・併結する。寝台特急「サンライズ瀬戸・出雲」は岡山駅で分割・併結する。これは2系統で単純だけど、1968年頃の東北地方では、10系統以上の列車が分割・併結する運用があった。まるで大河ドラマやミステリー小説の人物相関図のようだった。

[08:00 2/11]

2017年02月10日(金)

西鉄9000形、天神大牟田線の新型車両3/20デビュー! 試乗会を開催、記念品も

西日本鉄道は10日、天神大牟田線の新型車両9000形の運行開始と試乗会の開催、運行開始記念品の発売について発表した。試乗会は3月18日に行われ、西鉄福岡(天神)~筑紫間を往復する。運行開始日は3月20日と発表された。

[21:30 2/10]

2017年02月09日(木)

西武鉄道・東京メトロ「S-TRAIN」運行開始で3/25ダイヤ改正 - 列車の増発も

西武鉄道と東京メトロは9日、西武池袋線・新宿線および東京メトロ有楽町線・副都心線・南北線で実施するダイヤ改正について発表した。有料座席指定列車「S-TRAIN」の運行開始に合わせ、3月25日にダイヤ改正が行われる。

[19:33 2/9]

JR「青春18きっぷ」「青春18きっぷ北海道新幹線オプション券」2017年も発売

JRグループは9日、「青春18きっぷ」「青春18きっぷ北海道新幹線オプション券」(春季・夏季・冬季)の発売について発表した。年齢にかかわらず誰でも利用可能で、全国のJRのおもな駅や旅行センター、おもな旅行会社で発売される。

[16:12 2/9]

2017年02月08日(水)

鉄道ニュース週報 第56回 減少続く車内販売、廃止発表より事業者公募を望みたい

JR北海道は3月4日のダイヤ改正で車内販売サービスを大幅に削減する。JR北海道については景気の悪い話ばかりで、いよいよサービス低下を招いたかと思われそうだ。しかし車内販売の削減は全国的な傾向だ。その理由はさまざまだけれど、商売が下手だと思う部分もある。この際、やる気のある事業者に門戸を広げてもいいと思う。

[07:00 2/8]

2017年02月04日(土)

東京メトロ「熊本産直市」引退迫る銀座線01系「くまモンラッピング電車」も

2016年4月、熊本県で2度にわたり最大震度7を記録した熊本地震。大きな被害を受けた熊本を支援しようと、東京メトロは2月2・3日の2日間、銀座駅日比谷線コンコース内にて「熊本産直市」を開催した。

[18:33 2/4]

鉄道トリビア 第391回 山手線に2日間だけ開設された旅客駅があった

JR山手線が日本鉄道品川線として開業したとき、区間は品川~赤羽間で、駅は5つだった。現在は品川~田端間で17駅。運行系統としての山手線は29駅となっている。駅は増えているけれど、じつは廃止された旅客駅があった。営業期間はたった2日。場所は原宿駅のそばだった。

[11:48 2/4]

2017年02月01日(水)

横浜市営地下鉄ブルーライン3000V形、新造車両4/9デビュー - 前日に試乗会

横浜市営地下鉄ブルーラインの新造車両3000V形(6両編成)が4月9日から営業運転を開始する。前日の4月8日に試乗会を実施することも発表された。

[17:37 2/1]

2017年01月31日(火)

JR九州783系「ハウステンボス」リニューアル車両はオレンジ - 3/18デビュー

JR九州は30日、特急「ハウステンボス」車両のリニューアルを発表した。特急形電車783系が水戸岡鋭治氏のデザインでリニューアルされ、3月18日から運行開始される。

[15:52 1/31]

鉄道ニュース週報 第55回 神岡鉄道「おくひだ1号」復活 - 廃線を観光に活用する組織設立へ

2006年に廃止された神岡鉄道で、気動車「おくひだ1号」が1日だけ復活する。「ロストラインフェスティバル in 神岡 実行委員会」が25日にウェブサイトを公開し、告知した。運行日は4月8日。同日、鉄道の廃線を観光資源とする事業者の連携組織「日本ロストライン協議会」が設立されるという。

[11:15 1/31]

2017年01月30日(月)

JR四国2600系、特急形気動車の新型車両が完成! ネオジャポニズムのデザイン

JR四国は30日、特急形気動車の新型車両2600系の完成について発表した。予讃線・土讃線・高徳線で使用される特急形気動車2000系の老朽取替えを目的に新製され、このほど2編成4両が完成。2月15日に高松運転所に到着する予定となっている。

[17:42 1/30]

2017年01月29日(日)

東武「リバティ」新型車両500系、貫通形でも「特急列車のスピード感」表現

東武鉄道の新型特急車両500系「リバティ」が27日、報道関係者向けに公開された。貫通扉を備えながら先進的なデザインとなり、車内も沿線の自然や文化をイメージさせる空間に。最大の特徴である併結・分割機能を生かし、4月21日から営業運転を開始し、日光・鬼怒川・会津方面の特急列車や通勤時間帯の近距離特急列車に使用される。

[07:30 1/29]

2017年01月28日(土)

鉄道トリビア 第390回 世界遺産の敷地を走る複線電化の鉄道路線がある

私たちの国や文化はどのように成り立っているか。それが歴史を学ぶ理由であり、歴史の手がかりは大切に扱われる。しかし、その歴史の中には考古学が発達しない時代もあった。たとえば奈良時代の宮城、平城宮の敷地に近鉄奈良線の線路が横たわっている。世界遺産の敷地に近代的な鉄道路線。どうしてこうなった……。

[08:00 1/28]

2017年01月27日(金)

東武鉄道500系「リバティ」新型車両を報道公開、4/21デビューへ - 写真93枚

東武鉄道は27日、新型特急車両500系「リバティ」の車両撮影会を実施した。3両固定編成を8編成、計24両導入する予定で、車体前面は中央貫通方式を採用し、両運転台とも併結可能な構造に。4月21日のダイヤ改正から営業運転を開始する。

[15:21 1/27]

2017年01月25日(水)

伊予鉄道5000形、市内電車の新型車両は「未来型流線形デザイン」9月導入へ

伊予鉄道は25日、市内電車に新型LRT車両(次世代型路面電車)5000形を導入すると発表した。2017年9月に2両導入される予定となっている。

[17:26 1/25]

2017年01月24日(火)

鉄道ニュース週報 第54回 「リバティ」「SL大樹」運行、その先の観光列車も乗り継ぎたい

東武鉄道は1月18日、今春のダイヤ改正と新型特急「リバティ」の運行開始を発表した。同日、東武鬼怒川線のSL列車「大樹」の運行開始日も発表された。東武鉄道にとっては日光・鬼怒川地域観光の大本命だ。さらに野岩鉄道・会津鉄道を乗り継ぐと、JR東日本の観光列車群が待っている。「リバティ」は南東北観光の入口として活躍しそうだ。

[08:23 1/24]

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事