マイナビニュース | 旅と乗りもの | 観光スポット | ヘッドライン(1ページ目)

ヘッドライン

2017年06月28日(水)

朝まで営業!博多が生んだ、ちゃんこスープと麺の究極料理

さまざまな食材からダシが出て、旨みが凝縮した鍋のシメに食べる麺は本当においしいもの。それを誰もが手軽に食べられるようにと、ちゃんこのスープで麺を煮込んだ「めんちゃんこ」を独自に開発…

[12:21 6/28]

“はかた地どり”のあらゆる部位で、焼き鳥と鶏ガラスープラーメンを提供

博多駅から高架下に沿う裏通りの一画に、穴場感満点の店構え。サラリーマンやカップル、女性会グループで連日にぎわいを見せる「鳥鶏研究団」は、その名が示すように、焼き鳥の真髄を学んだ店主…

[12:21 6/28]

居心地のいい空間でゆったり味わう自家焙煎のスペシャルティコーヒー

天神西通りの突端、アップルストアがあるT字路を国体通り沿いに警固方面へ歩いた右手2つ目のビルの奥。ここを何度も通ったことがある人でも気を付けて歩いていないとうっかり見落としてしまい…

[12:21 6/28]

2017年06月27日(火)

活気あふれるレトロモダンエリアで街歩きを楽しむ

私は旅に出ると、美味しいものも食べたいし、その町の歴史にも最新のスポットにも触れたいし、友達を驚かせるようなお土産も買いたいし…と、とにかく欲張りになります。旅は一期一会、次にまた…

[15:21 6/27]

ほっとひと息つける「お茶の時間」を提供するお茶専門店

劇場、ホテル、美術館、商業施設、飲食店が集結した一大複合施設「博多リバレイン」。博多と天神のあいだに位置しているので、旅行者も利用しやすい施設です。建築と一体化したパブリックアート…

[12:21 6/27]

知る人ぞ知る穴場パワースポット!縁結びにもご利益?!

地下鉄空港線・中洲川端駅5番出口の階段を上り、川端商店街を少し進むと左手に「はせがわ 福岡本店」が見えてきます。お仏壇にはまだ縁がないと早とちりすることなかれ、ここでは人間国宝をは…

[12:21 6/27]

昔ながらの博多情緒を今に伝える、下町風情あふれる商店街

観光名所めぐりも楽しいですが、その町を知るには、地元の人々の生活に深く関わる場所を訪れるのが一番ではないでしょうか。川端商店街は、博多川沿いに新旧約120のお店が軒を重ねる一大商店…

[12:21 6/27]

2017年06月26日(月)

挽きたて打ちたて茹でたてなのに格安。しかも味は本格派の十割蕎麦

博多で麺といえば、とんこつラーメンのイメージが強いかも。ですが、一説に博多はうどん伝来の地ともいわれている。有名うどんチェーン店がいくつもあり、地元っ子はうどんを愛してやまないので…

[12:21 6/26]

ホテルメイドの本格スイーツを深夜2時まで店内外で楽しめる

中洲川端といえば、いわずと知れた「夜の街」。ビジネスでの来福であれば、なおさら接待などで訪れる人も多いはず。たらふく食べて飲んで、帰りにふと、「コーヒーでも飲みたいな」「甘いものが…

[12:21 6/26]

昼酒OK! 立ち寄りやすさと豊富なおつまみで、のんべえを魅了

初めて耳にする人もいるかもしれないが、昔から酒屋の店先で飲むことを「角打ち」と言い、今も関東や九州などを中心に、その角打ち文化が残っている地域がある。実は福岡もそのひとつ。馴染みの…

[12:21 6/26]

2017年06月25日(日)

日本初にして唯一。本場韓国タッカンマリの名店公認の店

「タッカンマリ」という料理を聞いたことがあるだろうか。韓国好きな人は知っているかもしれないが、日本での一般的な知名度はまだまだ。韓国語で「鶏一羽」という意味を持つタッカンマリは、鶏…

[12:21 6/25]

極上お茶漬けやヘルシースイーツが味わえる、老舗お茶屋の穴場カフェ

天神のど真ん中に建つ複合商業施設「イムズ」はファッションを中心に最先端ショップやサービス店舗が集まる情報受発信基地。地上12・13階には和食・中華・焼肉・寿司など多彩なレストランが…

[12:21 6/25]

肉のうまみあふれるこだわりのハンバーグを目当てに毎日長蛇の列

地下鉄空港線の天神駅直結で、観光客にも利用しやすい福岡パルコ。本店の地下1階に、毎日長い行列ができることで有名な店がある。早いときはオープン30分以上前から人が並び始めるので、入店…

[12:21 6/25]

2017年06月24日(土)

揚げたて天ぷら定食と惣菜取り放題で行列が絶えない人気店

とんこつラーメン、水炊き、モツ鍋、明太子…。博多グルメは数々あれど、仕事で福岡に来る度に天ぷらを食べるのを楽しみにしている人もいる。なぜなら、福岡には「天ぷら ひらお」があるから!…

[12:21 6/24]

ヨーロッパの雰囲気漂う、街としての魅力を誇る地下街

その名の通り、場所は天神の地下。地下鉄天神駅・天神南駅直結で、福岡パルコ、天神コア、イムズなどの商業施設や、大丸福岡、福岡三越といったデパートの地下にもつながっている好アクセス。ヨ…

[12:21 6/24]

2017年06月23日(金)

気分爽快! 2階建ての屋根なしバスで市内の観光名所を周遊!

都市部と自然が近く、多彩な魅力にあふれる福岡。電車と徒歩の移動では時間がかかり、足を運べる場所が限られてしまいます。せっかく訪れるなら、仕事でも観光でも限られた滞在時間は有効に使い…

[12:21 6/23]

愛らしい動物と花々に心和む、緑茂る都会のオアシス

空港や港、繁華街などの都市部から海、山、川といった豊かな自然までが近く、移動のストレスが少ないコンパクトシティとして「住みやすい街ランキング」上位に挙げられることの多い福岡市。一番…

[12:21 6/23]

縁結びから学業成就まで。願いを乗せて走る和テイストの開運列車

福岡市内からちょっと足を延ばして行ける観光名所としてもっとも知られているのは、「太宰府天満宮」ではないでしょうか。平日でも、外国人旅行客など多くの人が訪れています。西鉄福岡(天神)…

[12:21 6/23]

2017年06月22日(木)

明太子の名店が太っ腹で提供するボリュームランチ

飲食店がひしめくJR博多駅筑紫口エリアの高架沿い。ヨドバシカメラの目の前にある「博多もつ鍋やまや 博多店」は、福岡を代表する明太子メーカー「やまや」が手掛けるお店。今や関東・関西を…

[12:21 6/22]

ファンの熱い支持にこたえ、水炊きの名店がオープンさせた担々麺専門店

オフィス街と住宅街に挟まれた閑静な一画に、凛とした佇まい。ガラス張りの表には“唐揚げ専門店”ののれんが掲げてあるが、ここを入ると目の前が「博多担々麺 とり田」の入口だ。実は店頭で名…

[12:21 6/22]

こんなドーナツ待っていた! カラダ想いのやさしいおやつ

ドーナツが好き。コロンとした形状といい、甘い香りといい、誘惑要素満点。毎日だって食べたいくらい。でも、油ものだし砂糖たくさん使ってるだろうし、、と体のことを思うと多少の罪悪感もある…

[12:21 6/22]

2017年06月21日(水)

お一人様OK!本格もつ鍋を究極の白みそ仕立てで堪能

数ある博多グルメの中で、やはり外せないのがもつ鍋。名物だけに数えきれないほどもつ鍋店はあるが、どの店の何味にするかは最大の悩みどころ。鍋物ゆえに失敗はしたくないからだ。そこで、太鼓…

[12:21 6/21]

ランチも夜も盛況のカジュアル酒場。炊き餃子プラスアルファのメニューも秀逸

博多駅筑紫口からすぐのビル地下に、連日賑わいを見せる居酒屋がある。福岡の餃子にファンは多いが、“炊き餃子”となるとここ、「池ぽん」の出番である。福岡市内に展開している「池田商店」や…

[12:21 6/21]

職人たちが手間ひまかけた、完全つくりたてうどん

博多といえば豚骨ラーメン。だが、うどん文化も熱いことをぜひ知っておいてほしい。なんといっても博多は、うどん発祥の地なのだ。博多駅から徒歩15分ほどの場所にある承天寺には、「饂飩蕎麦…

[12:21 6/21]

2017年06月20日(火)

時間をかけてじっくり巡りたい、都心のオアシス

JR博多駅博多口から北側に延びる大博通り。オフィスビルやホテルが林立する賑やかな大通りの一画を成す御供所エリアは、由緒ある寺院が集中している寺町だ。大博通りから一本小路に入れば、大…

[12:21 6/20]

博多よかとこ、さあいらっしゃい! 昔の暮らしと文化を紹介するたい!

博多の夏を代表する祭り「博多祇園山笠」の舞台となる「櫛田神社」鳥居前に、情緒ある佇まいを見せる「博多町家」ふるさと館。明治・大正期を中心に博多の暮らしを紹介する3棟で構成され、パネ…

[12:21 6/20]

バラエティーに富んだうまい焼き鳥を、値段気にせず腹いっぱい!

JR博多駅から住吉神社方面に続く住吉通りは、学生やビジネスマン、観光客が行き交う賑やかな大通り。その通り沿いの一画で“合戦中”の灯りをともし、夕方5時から開店を迎えるのが「戦国焼鳥…

[12:21 6/20]

2017年06月19日(月)

国宝「金印」をはじめ、一見に値する福岡ゆかりの文化財を展示

いにしえから、アジアとの交流拠点として発展を続けてきた福岡。福岡に来て、博多グルメや夜の街を楽しむだけではもったいない! 副都心のウォーターフロントに建つ「福岡市博物館」には、教科…

[12:21 6/19]

運気上昇、立身出世、商売繁盛…。開運巡りとパワースポットで人生上々!

JR博多駅から徒歩10分ほどで行ける住吉神社は、ビル群に囲まれて存在する鎮守の杜。西門、南門、東口の3カ所から入ることができ、豊かな緑と清々しい空気に包まれています。地元では“すみ…

[12:21 6/19]

2017年06月18日(日)

御堂筋沿いに佇む古社。古式ゆかしい年中行事も興味深い

大都会大阪まん中に、古式ゆかしい神社があります。季節になると、花菖蒲の花が咲き誇る難波神社の創建は、何と1600年以上前。ちょっと驚きですね。この神社では、年間を通じてさまざまな神…

[12:21 6/18]

聖徳太子ゆかりの神社。一度は訪ねたい商人の街大阪のパワースポット

大阪の商売の神様として有名な神社。聖徳太子が四天王寺を建立したとき、同地西方の鎮護として祀ったのが始まりと伝えられています。毎年1月9日〜11日の3日間にわたって行われる「十日戎」…

[12:21 6/18]

2017年06月17日(土)

フクロウに触れて癒される、とっておきのプライベートタイムを!

フクロウを間近でみる、触れてみる…。そんな体験はどこでもできるものではありません。大阪には、常時いろいろなフクロウに合える珍しいカフェがあります。普段仕事や勉強、人間関係などで疲れ…

[12:21 6/17]

聖徳太子が創建し、豊臣秀吉が再建した、由緒正しい縁結びのお寺

知る人ぞ知る縁結びの神様、愛染堂(勝鬘院)の夏祭りは、大阪三大夏祭りのひとつに挙げられるほどの人気。そんなお寺の起源は、何と聖徳太子の時代まで遡ることができます。そんな由緒正しい縁…

[12:21 6/17]

大宴会場から個性的なバーまで、大阪のサブカルを凝縮

「味園ビル」は宴会場、、ホテル、個性的なバーが集まるバーフロアなどが入っている商業ビル。外観や大宴会場などからは、どこか高度成長期時代の賑わいを彷彿とさせる雰囲気。しかし今や、ここ…

[12:21 6/17]

2017年06月16日(金)

マリーンズファンは必見! ミュージアム&ショップ

千葉ロッテマリーンズの本拠地・ZOZOマリンスタジアムは、県立幕張公園の中にあります。野球ファンのアナタ、まだ行ったことがなかったら、ぜひ出張の折に時間を見つけて訪れてみては? 試…

[14:16 6/16]

ハイクオリティーなエンターテインメントを発信

世界で活躍する一流のアーティストに出会えるのが「ビルボードライブ大阪」。ここでしか聴くことができない「音楽」を求めて、全国から音楽好きが集う、日本有数のライブハウスなんです。大阪で…

[12:21 6/16]

国宝や重要文化財など多数収蔵する、有数の美術館

大阪、住友家の庭園・本邸を譲り受けて建設された美術館。静かな庭園に囲まれた、昭和初期の装飾も美しい鉄筋コンクリートの建物には趣きがあり、収蔵されている美術品への期待も高まります。雰…

[12:21 6/16]

一生に一度の願いを託すここは大阪有数のパワースポット

風光明媚な茶臼山の地に建つ、緑豊かな堀越神社。境内では樹齢550年といわれる楠のご神木が存在感を示し、まさにパワースポットの雰囲気にあふれています。また、朱色の鳥居が鮮やかな茶臼山…

[12:21 6/16]

2017年06月15日(木)

東洋陶磁に関する最高のコレクションを収蔵

大阪中之島。古くから大阪経済の中心地として栄えてきたこの小さな島に、東洋陶磁の殿堂「大阪市立東洋陶磁美術館」があります。東洋のやきもの・磁器は、世界的に評価が高く、鑑賞の対象となっ…

[12:21 6/15]

古代から現代まで、大阪の歴史に興味があるならここ!

大阪に行ったら一度は訪れたい大阪城。「大阪歴史博物館」はその大阪城のすぐ近く。大阪では「なにわ歴博」の愛称で親しまれているこの博物館、子どもから大人まで大阪の長い歴史に楽しく触れる…

[12:21 6/15]

私たちの周りにある生き物の世界を覗いてみよう!

大阪市の長居公園の中にある博物館。「自然と人間」をテーマに、動物、植物、昆虫の標本や岩石、化石類を中心に4つの展示室で約1万点を展示しています。実際に触れることができる展示もあり、…

[12:21 6/15]

2017年06月14日(水)

スポーツと健康の関わりを楽しく学べる、スポーツメーカーが造った施設

ここは世界有数のスポーツ用品メーカー・ミズノがつくったギャラリー。さまざまなスポーツ用品を見るだけでなく、触って体感でき、スポーツの歴史や最先端の技術を知ることもできます。憧れの選…

[12:21 6/14]

海外でも人気の高い上方浮世絵の魅力をあますところなく堪能できる唯一の施設

上方浮世絵とは、江戸時代後半から明治時代初期まで、主に「大坂」でつくられていた浮世絵版画のこと。美人画や風景画は少なく、道頓堀の歌舞伎芝居を描いた役者絵がほとんどでした。「上方浮世…

[12:21 6/14]

体験しながら科学技術が学べる楽しい施設

大阪科学技術館は、緑豊かな靱公園に隣接する科学館。日本を代表するさまざまな企業や研究機関などが出展しており、ゲームやクイズなどの体験型展示を巡って、楽しみながら最新の科学技術を学ぶ…

[12:21 6/14]

2017年06月13日(火)

江戸末期に創業の、古き良き伝統が守られた出雲そば

「出雲そば」は、盛岡の「わんこそば」、長野の「戸隠そば」と並んで日本の三大そばのひとつと言われるのだそうです。そば好きとしては、是非とも食べてみたいと思い、大正天皇が東宮時代に「献…

[12:21 6/13]

大航海時代を彷彿とさせる帆船に乗って、大阪湾を遊覧クルーズ!

コロンブスの旗艦「サンタマリア号」をモチーフに、約2倍の大きさでつくられた船「サンタマリアは大阪湾の帆船型観光船。湾内の風景はもちろん、海上から見る大阪の風景は、今まで感じていた街…

[12:21 6/13]

「千利休」と「与謝野晶子」を通じて、大阪・堺の魅力を再発見!

「さかい利晶の杜」の「利」とは「千利休」、そして「晶」は「与謝野晶子」から。千利休といえば、堺が生んだ茶の湯の大成者。一方、同じく堺生まれの与謝野晶子は、日本近代文学を切り開いた歌…

[12:21 6/13]

「浪華八百八橋」で有名な大阪大川の橋と川沿いの名所を堪能!

大川は旧淀川。淀川の航路としての歴史は古く、奈良・平安時代には東アジア各地へと繋がる交通路として、また江戸時代には全国から集まった物資を京都へ運び、京都と大阪を結ぶ航路として経済を…

[12:21 6/13]

幻の城・米子城を彷彿とさせる、お菓子のテーマパーク

米子ICを降りてすぐに見える、まるで本物のお城のような立派な建物。なんだか分かりますか?実はこれ、鳥取県米子市にある、お菓子のテーマパークなんです。城の中ではずらりと並んだ地元を代…

[10:08 6/13]

2017年06月12日(月)

昭和レトロが漂うお店にボリューム満点の創作カレー

南海本線の堺駅近くにある「喫茶&カレー伊勢」は、昭和45年(1970)創業の、レトロな雰囲気がたっぷりの外観と内装が印象的な老舗喫茶店。看板メニューとなっているこだわりのルーを使っ…

[12:21 6/12]

バックナンバー

人気記事

一覧

新着記事