マイナビニュース | 旅と乗りもの | エアライン | イチオシ記事

イチオシ記事

2017年11月20日(月)

新千歳空港、約650億円で国際線ターミナル再整備--高級ホテルやロビー拡張

新千歳空港ターミナルビルディングは11月17日、国が進めている新千歳空港国際線ターミナル地域再編事業と協調し、施設再整備を行うことを発表。事業費約650億円(官庁エリア除く)で、出発・到着ロビー等の施設拡張やチェックインカウンターおよび保安検査レーンの増設、ターミナルビル付属ホテルの新設などを行う。工事は2020年3月末までを予定しており、工事が完了した部分より供用を開始する。

[06:00 11/20]

2017年11月17日(金)

ジェイ・エア、CRJ退役前イベント実施--写真展や格納庫での見学会も

ジェイ・エアは11月26日、大阪国際(伊丹)空港にてCRJ200退役前イベントを開催。写真展やトークショー、機体見学会などを予定しており、現在、一般向けに参加者を募集している。

[16:17 11/17]

バニラエア機内でスカイライナー&東京メトロ・地下鉄の格安セット券販売

LCCのバニラエアは11月1日より、京成スカイライナーと東京メトロ・都営地下鉄の全線をお得に利用できる企画乗車券「Keisei Skyliner &Tokyo Subway Ticket」の機内販売を開始した。

[11:31 11/17]

宮崎空港、国内初の小型機対応・旅客搭乗橋を設置--12月に全5基完了

三菱重工交通機器エンジニアリングは11月16日、宮崎空港ターミナルビルを運営する宮崎空港ビルから、旅客搭乗橋5基を受注したと発表。同空港施設の改修に伴い、国内初となる小型機対応のロングPBB2基、および世界に先駆けて開発したトンネル通路内の段差がないステップレスPBB3基を9月から順次納入しており、12月には全基完了する予定となっている。

[11:12 11/17]

成田空港、JR二重改札の解消を2019年度中に予定--空港駅のホームドアも検討

「魅力ある成田空港駅への変身」プロジェクト推進委員会は11月14日、空港第2ビル駅のJR二重改札の解消、成田空港駅及び空港第2ビル駅へのホームドアの整備、空港第2ビル駅の京成スカイアクセス線ホームへの多機能トイレの設置に関する進捗状況について、中間とりまとめを行った。空港第2ビル駅のJR二重改札の解消は2019年度中を予定している。

[10:21 11/17]

2017年11月16日(木)

国交省、羽田空港で先進的警備システム実証実験 - 一般エリアの警戒強化

国土交通省は11月14日、空港ターミナルビル一般エリアの警戒強化の一環として、羽田空港で先進的警備システムによる実証実験を12月2~19日実施することを発表した。また現在、空港ターミナルビルへの先進的警備システムの導入促進、同システムの性能向上に資することを目的に実証実験を行うため、事業者を募集している。

[16:18 11/16]

エア・ドゥ、ボーイング767の重整備で26便運休--2018年2月の羽田=新千歳線

AIRDO(エア・ドゥ)は11月16日、2018年2月の羽田=新千歳において、計26便(13往復)を運休することを発表した。乗員繰りが理由で、保有するボーイング767の重整備を行うことで、737の稼働が高まる2018年2月にやむなく運休便を設けることになった。

[13:15 11/16]

フィンエアー、エアバスA350のマリメッコ特別塗装3号機が本に初飛来

フィンエアーグループとデザインブランド「マリメッコ」のコラボレーションによる最新特別塗装機が、11月15日に成田空港に初めて到着した。この機体は、フィンエアーが9月に受領したエアバス最新鋭A350XWB(A350-900)の11機目の機体(OH-LWL)にマリメッコの「Kivet(キヴェット)」柄(石がモチーフ)をあしらったもので、マリメッコ特別塗装機として3機目となる。

[09:42 11/16]

2017年11月15日(水)

エミレーツ×メルセデス、ボーイング777で完全密閉の新ファーストクラス

エミレーツ航空は(本社: アラブ首長国連邦・ドバイ)現地時間の11月12日、ボーイング777のためのプライベート・スイートを含む新しいファーストクラスのインテリアを発表した。新サービスを搭載した777は、12月1日にジュネーブとブリュッセルへのフライトで商業飛行を開始する。

[11:21 11/15]

チャンギ国際空港に和モダン尽くしな「JAPAN GOURMET HALL SORA」誕生

全日空商事は11月14日、シンガポール・チャンギ国際空港のターミナル内の搭乗ゲート前ロビーエリア(3階)に和モダンを追求したフードホール「JAPAN GOURMET HALL SORA」をプレオープンした。グランドオープンは12月5日となる。

[10:14 11/15]

2017年11月14日(火)

ロールス・ロイス、パイロット向けに新アプリ--A350XWB/787用エンジン対応

ロールス・ロイスは現地時間の11月13日、ドバイ・エアショーにて、民間航空会社のパイロット向けにエンジン状態の理解をうながすための新たなアプリを発表した。パイロット並びに航空会社はエンジン性能を最適化し燃費と排出量を削減するために、このアプリを活用できる。

[17:33 11/14]

JAL、解禁日限定でボージョレー・ヌーヴォー! 機内やラウンジ、搭乗ゲートで

JALはボージョレー・ヌーヴォー解禁日となる11月16日限定で、国際線機内(一部路線を除く)および国内主要空港ラウンジにて、ピエール・フェロー社のボージョレー・ヌーヴォーを提供する。

[16:50 11/14]

エアバス×JAL、MR技術活用でA350XWB向け訓練アプリケーションを実用化へ

エアバスは11月14日、JALとJALエンジニアリングとの協力により、「Microsoft HoloLens」(ホロレンズ)による最先端の複合現実(MR: Mixed Reality)技術を利用した新しい訓練アプリケーションのプロトタイプを開発したことを発表した。

[14:49 11/14]

チェジュ航空、東方神起グッズ本格化--限定版チャンミン機内食も

LCCのチェジュ航空(本拠地: 韓国)は11月13日、自社イメージモデルである東方神起を活用した特化商品販売など、日本人と韓国国内向けマーケティングを本格化することを発表した。

[14:21 11/14]

2017年11月13日(月)

エミレーツ、ボーイング787-10を40機発注--787-9への変更も可能

エミレーツ航空(本社: アラブ首長国連邦・ドバイ)は現地時間の11月12日、ドバイ・エアショーにてボーイング787-10を40機発注する覚書をボーイングと締結した。今回の契約は、カタログ価格で151億ドルとされている。

[10:44 11/13]

機内食図鑑 第18回 そこはもうアラブの世界! エティハド航空・787-9の機内でお酒も抹茶味も

英国格付け会社のスカイトラックス社のランキングなどでも、トップ10の常連となっているエティハド航空(本拠地: アブダビ)。欧州・アフリカ路線も幅広く展開しているだけではなく、比較サイト等で検索してみると分かるのだが、思いのほか手頃な価格で利用できることも多い。もちろん、機内食にも抜かりはない。

[06:00 11/13]

2017年11月10日(金)

チェジュ航空、東方神起フェアを関空で実施--ユノとチャンミンの制服も

関西空港展望ホールにて11月21日まで、「チェジュ航空×東方神起フェア」イベントを開催。Sky viewメインホール4階の東方神起フォトゾーンのほか、東方神起が実際に着用したユニフォームや関連アイテムなどの展示を行っている。

[12:16 11/10]

KLMオランダ航空の落下物での重大インシデント、ボルトに誤部品を使用

運輸安全委員会は11月8日、大阪市で9月23日に発生したKLMオランダ航空機の重大インシデントに関して、同社所属のPH-BQC(ボーイング777-200ER)にボルトの一部に誤部品が使用されていたなどの調査結果を公表した。

[09:53 11/10]

2017年11月09日(木)

デルタ航空、機内のテキストメッセージを無料化--機内Wi-Fi対応の国際線も

デルタ航空(本拠: アトランタ)はこのほど、機内Wi-Fiを利用してスマートフォンからのテキストメッセージを無料で送信できるサービスを開始した。これまでは、機内エンターテインメント「デルタ・スタジオ」やデルタ航空ホームページへのアクセス以外の機内Wi-Fiの利用は有料だったが、このほどテキストメッセージの送受信も無料でできるようになった。

[17:57 11/9]

2017年11月08日(水)

JAL、「Amazon Alexa」対応の新サービス--CAによる"ジャル子ちゃん Skill"も

JALは11月8日、Amazonが提供するクラウドベースの音声認識サービス「Amazon Alexa」に対応した新しいサービスを提供することを発表した。また、現役CAの音声にのせて旅に役立つ情報やトリビアをクイズ形式で楽しめる「ジャル子ちゃん Skill」もあわせて用意している。

[18:48 11/8]

ANA、暮らし体験マルシェ「TABICA」と提携--地方活性化&国内旅の魅力向上へ

ANAホールディングスは11月8日、ガイアックスが運営する暮らし体験マルシェ「TABICA」と業務提携を結んだ。両社は地方における観光客誘致と、双方の新たなユーザー層の拡大、地域活性化や国内旅行の魅力向上を目指し、航空機・宿泊施設・民旅(体験プラン)をセットとしたパッケージツアーの開発で協力する。

[18:46 11/8]

「アレクサ、ANAを開いて」--ANAが音声認識AIサービス"Amazon Alexa"に対応

ANAは11月8日、Amazonが提供するクラウドベースの音声サービス「Amazon Alexa」に対応し、スマートスピーカー「Amazon Echo」で使えるANAのサービス(スキル)の提供を、「Amazon Echo」の出荷開始にあわせて順次開始することを発表した。

[16:37 11/8]

成田空港にAIチャットボット「Bebot」導入--スマホ経由で旅行をナビゲート

ビースポークは11月14日より、訪日外国人向けAI(人工知能)チャットコンシェルジュ「Bebot(ビーボット)」のサービス提供を、成田国際空港向けに開始する。訪日外国人はスマートフォンを通じて、空港や日本での旅行に必要な情報を英語で取得することができる。

[10:49 11/8]

2017年11月07日(火)

エアバスA350-1000、機能・信頼性試験を経てカタール航空への納入準備へ

エアバスは現地時間の11月2日、エアバスA350-1000の機能・信頼性(Functional & Reliability)テストを成功裏に終了したことを発表した。数週間後には、カタール航空への最初のデリバリーを予定している。

[17:21 11/7]

シンガポール航空、エアバスA380全19機を刷新--ダブルサイズのスイートも

シンガポール航空は11月2日、12月より運航するエアバスA380に導入する新たな機内装備について発表した。これはシンガポール航空が開発に4年の歳月を費やした機内装備であり、全てのクラスでより広くプライバシーの保たれた空間を確保している。

[16:48 11/7]

JAL×NECでAI実証実験--予測分析自動化技術で航空券キャンペーン等を効率化

JALとNECは11月7日、AI(人工知能)を活用し、JALが運営する航空券予約サイトのアクセスログデータなどを分析し、航空券の購入予測分析を行う実証実験を2017年9月~11月に実施したことを発表した。これらの調査を通じて、両社は新しい知見を発見するとともに、データサイエンティストと同精度の分析を短時間で行うことができたと発表している。

[16:10 11/7]

マイルが貯まるANA Phone第3弾「Xperia XZ1」--シャッター前の先読み撮影も

ANAとSBパートナーズは11月10日10時より、マイルが貯まるスマートフォン「ANA Phone」第3弾となる「Xperia XZ1」(ソニーモバイルコミュニケーションズ製)を販売する。シャッターを切る直前の画像を記録でき、一瞬の動きや笑顔などを逃さずに写真撮影が可能なモデルとなる。

[15:54 11/7]

2017年11月06日(月)

航空業界ニュースをななめ読み 第11回 空港民営化にH.I.S.が一石を投じるか、エアアジア・ジャパン就航後の道筋

直近の航空業界トピックスを「ななめ読み」した上で、筆者の感覚にひっかかったものを「深読み」しようという企画。今回は、空港民営化のその後と、エアアジア・ジャパンの就航について取り上げたい。

[06:00 11/6]

2017年11月02日(木)

航空業界ニュースをななめ読み 第10回 下地島空港の可能性、エアバスが手を差し伸べた「Cシリーズ」の可能性

直近の航空業界トピックスを「ななめ読み」した上で、筆者の感覚にひっかかったものを「深読み」しようという企画。今回は、旅客ターミナル整備を開始した下地島空港の可能性と、「Cシリーズ」に関するエアバスとボンバルディアの提携について取り上げたい。

[06:00 11/2]

2017年11月01日(水)

下地島空港をバニラエアが選んだわけ--パイロット養成の現場は今

宮古列島の島のひとつである下地島は、パイロットの訓練飛行場がある島として知られている。2014年にANAが下地島空港から撤退して以降、琉球エアーコミューターや国土交通省の小型機が訓練を行っていたが、2017年10月より、バニラエアも訓練利用を開始した。なぜこの地を選んだのか、バニラエアのパイロット訓練事情とともにうかがった。

[10:30 11/1]

JAL、機内食にトリュフオイル香るラーメン「Japanese Soba Noodles 蔦」

JALと「Japanese Soba Noodles 蔦」を運営する79は11月1日より、共同開発したJAL特製「Japanese Soba Noodles 蔦 醤油ラーメン」を国際線日本発欧州・米州・豪州線(一部を除く)にて提供する。

[06:00 11/1]

2017年10月31日(火)

エア・ドゥ、乗員繰りを理由に34便運休--新千歳=羽田/仙台線が対象

AIRDO(エア・ドゥ)は10月31日、乗員繰りの都合により11月の期間中、新千歳=羽田/仙台線の合計34便(17往復)を運休することを発表。運休対象便の予約者には、10月31日より順次、振替便や払い戻しに関する手続き等の連絡を行っている。

[19:58 10/31]

ピーチ、新潟=関西線を2018年3月1日に就航--1日1便、片道4,190円から

LCCのPeach Aviationは10月31日、新潟=大阪(関西)線を2018年3月1日に開設することを発表した。新潟路線の開設は日本のLCCで初めてとなる。新潟=関西線は1日1往復運航し、チケットは10月31日より販売を開始した。

[19:25 10/31]

ルフトハンザ、エアバスA350を羽田=ミュンヘン線に導入--12/1から

ルフトハンザ ドイツ航空は12月1日(日本発12月2日)から、羽田とミュンヘンを結ぶ直行便をエアバスA350-900により毎日運航する。東京はルフトハンザのA350-900にとって世界で6番目、北アジアでは北京に続き2カ所目の就航都市となる。既存のエアバスA340-600からA350-900に変えることで、効率性・快適性を高め、広々とした空間を実現する。

[13:57 10/31]

2017年10月30日(月)

シルクエアー、広島=シンガポール線を就航--日本初定期便にB737MAX8導入

シルクエアー(本社: シンガポール)は10月30日、広島=シンガポール間を結ぶ直行定期便の運航を開始した。同路線はシルクエアーによる日本の都市への定期便就航第一便であり、今回の新規路線により、シルクエアーのネットワークに含まれる就航都市数は16カ国53都市、シンガポール航空とシルクエアーの日本でのネットワークは6路になった。

[16:12 10/30]

スターフライヤー、機内販売のぽち袋に"黒白"で犬と飛行機のお尻をデザイン

スターフライヤーは11月1日より、機内販売として飛行機フォントを取り入れた「2018 オリジナルカレンダー」と 2018年の干支(犬)とスターフライヤーの飛行機をモチーフにした「2018 オリジナルぽち袋」を販売する。いずれの商品も機内販売限定商品となる。

[15:55 10/30]

「MRJ ミュージアム」の予約開始--「あいち航空ミュージアム」とセット割も

三菱重工業は11月30日にグランドオープンする「MRJ ミュージアム」に関して、10月31日9時よりウェブサイトにて事前予約を開始する。ウェブサイトでは、MRJ ミュージアムの事前予約・入場券購入と併せて、11月30日に同日オープンする「あいち航空ミュージアム」と連携したお得なセット入場券も用意している。

[13:40 10/30]

スクート、日本就航5周年で成田=台北線が5,555円等のタイムセール実施

LCCのスクート(本拠地: シンガポール)は10月29日に日本就航5周年を迎えたことを記念して、10月30日~11月1日の3日間限定でキャンペーンを実施。5周年にちなみ、成田=台北線が片道5,555円~など、各路線を"5"がつく価格で販売する。

[10:48 10/30]

バニラエアの機内食--CA考案のSUSHI弁当に、チョコレートクリームパンも

LCCのバニラ・エアは11月1日より、「Flight Kitchen Vstore」冬メニュー(11月~2018年2月)の機内販売を開始する。今回のテーマは「彩り鮮やか!ホリデーシーズンの豪華なフライトごはん」で、「SUSHI弁当」(1,200円)や「バニラエア特製 とろ~りチョコレートクリームパン」(350円)等が登場する。

[10:35 10/30]

2017年10月29日(日)

高度1万mのハロウィン仮装パーティー!? 1日限定の特別フライト--写真49枚

LCCのジェットスター・ジャパンは10月28日、「ジェットスターハッピーハロウィン 2017」のメインイベントとして、GK204便(関西発=成田着)を「ハロウィンかぼちゃフライト」として運航した。機内では、大阪モード学園の学生20人が、厳選されたトップ20のデザインをもとに製作した本格的なハロウィン仮装衣装を披露した。

[20:45 10/29]

エアアジア・ジャパン、中部=新千歳の初便就航--初便搭乗率は92.2%と55%

エアアジア・ジャパンは10月29日、中部=新千歳路線の運航を開始した。初便の搭乗率は、中部発のDJ0001便は166人で搭乗率は92.2%、新千歳発のDJ0002便は99人で搭乗率は55%となった。同路線は1日2便、毎日運航する。

[19:32 10/29]

2017年10月27日(金)

ルフトハンザ、パイロット労働組合と新たな協約--平均退職を60歳に引き上げ

ドイチェ ルフトハンザAG(以下、ルフトハンザ グループ)は10月10日、運航乗務員が所属する労働組合「Vereinigung Cockpit (VC)」との労使交渉について、これまで保留とされてきた事案に関して新たな労働協約を締結した。今回の締結は3月に妥結した労働協約の合意に基づくもので、組合員による投票の後に承認となる。

[16:30 10/27]

マジンガーZ復活記念! 関空での展示に「UFOロボ グレンダイザ-神社」も

関西国際空港は11月1~24日、ポップカルチャーの聖地である大阪の日本橋商店街とコラボして、日本のアニメコンテンツなどを展示する。第1ターミナルビル2階中央KIXギャラリーなどにて、海外で人気の高いキャラクターフィギュアや、2018年1月13日公開予定の『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』のPR展示を行う。

[16:01 10/27]

スバル、航空機メーカーとして787のテックツアー実施--SUBARU BRZも登場

SUBARUは10月20日、同社が中央翼の設計・製造に携っているボーイング787を使用した「SUBARUテックツアー ボーイング787『中央翼』体感フライト」を、SUBARU Web コミュニティの会員を対象にして実施した。

[09:56 10/27]

福岡空港に「ラーメン滑走路」誕生--全国の厳選ラーメンは期間限定店舗も

福岡空港ビルディングは11月21日、2020年の完成へ向けてリニューアル中の福岡空港国内線ターミナルビル「greenblue(グリーンブルー)」に、地元・福岡をはじめとする全国のラーメンが福岡に着陸する「ラーメン滑走路」を展開する。

[06:00 10/27]

2017年10月26日(木)

成田空港、2017年冬ダイヤで4つ数字が開港以来最高に

成田国際空港は10月26日、2017年冬ダイヤ(10月29日~2018年3月24日)期初にあたる11月5~18日期間の数字より、定期航空会社別スケジュールの集計結果を発表。総発着回数・国際線発着回数・就航都市数・定期乗り入れ航空会社数が、開港以来最高を記録した。

[20:03 10/26]

ANA、東京2020に向け開幕「1000日前」記念--羽田空港がブルーな特別装飾に

ANAは10月28日~11月29日、東京2020オリンピック・パラリンピックオフィシャルエアラインパートナーとして東京2020大会を盛り上げるため、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会開催「1000日前」を祝したイベントを実施する。

[06:30 10/26]

エアバス、天津・最終組立工場から初のA320neoをエアアジアに納入

エアバスは10月25日、中国・天津に置かれたエアバスの最終組立工場「エアバス・ファイナル・アセンブリー・ライン・アジア(FALA)」で組み立てられた初のA320neoを、エアアジアに引き渡した。

[06:00 10/26]

2017年10月24日(火)

エアアジア・ジャパン、CAも使用する限定ノエビア化粧品を機内販売

ノエビアホールディングスとエアアジア・ジャパンは、中部=新千歳間の就航を記念して、ノエビアグループの化粧品セット(2種)を就航日である10月29日より、機内にて各1,000個限定で販売する。エアアジア・ジャパンは今後、中部=台北(桃園)間の就航を予定している。

[13:54 10/24]

MRJ飛行試験機4号機、最高気温42度にて極暑飛行試験実施

三菱航空機は10月24日、次世代リージョナルジェット機MRJ(Mitsubishi RegionalJet)に関するWEB情報発信ツール「MRJ Newsletter」第28号で進捗を発表。飛行試験機4号機は、8~9月にかけてアリゾナ州メサのフェニックス・メサ・ゲートウェイ空港で、最高気温42C(108°F)の中、自然環境下での極暑試験を実施したと報告している。

[13:25 10/24]

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事