マイナビニュース | 旅と乗りもの | エアライン | イチオシ記事

イチオシ記事

2017年06月28日(水)

国交省、バニラエアに業務改善勧告--乗客誤誘導の再発防止と輸送責任意識を

国土交通省航空局は6月27日、LCCのバニラ・エアから6月23日に再発防止策の報告があったことを踏まえ、同日付で同社に対して、再発防止策の実施体制の整備及びその履行、また、輸送の責任主体としての意識の再徹底の旨の業務改善勧告を行った。

[10:08 6/28]

2017年06月27日(火)

「エアライン満足度調査2017」でJALが初の総合1位--2位ANAと0.01ポイント差

エイビーロード・リサーチ・センターはこのほど、2015年に海外渡航をした18歳以上の男女を対象に、国際線エアラインの満足度調査を実施。JALが2007年調査開始以来、初めての1位を獲得し、2位は前年に続いてANA、3位は前年4位のニュージーランド航空となり、 前年まで5年連続で総合満足度1位だったシンガポール航空は4位となった。

[15:43 6/27]

ピーチ、運賃タイプを3種類に--受託2個無料&上位シート指定のタイプを新設

LCCのPeach Aviationは6月27日より、これまでの2種類の運賃タイプを新たな3種類の運賃タイプへとリニューアルした。従来の「ハッピーピーチ」「ハッピーピーチプラス」の2種類の運賃タイプを、「シンプルピーチ」「バリューピーチ」「プライムピーチ」に変更することで、より旅のスタイルやニーズに合わせて運賃タイプを選択できるようになる。

[14:40 6/27]

2017年06月26日(月)

チェジュ航空、タイムセールで運賃500円~に--日本=ソウル/釜山が対象

LCCのチェジュ航空(本拠地: 韓国)は現地時間の7月3日17時~7月14日17時、今年2回目となる「SUPER SALE」を実施。対象になる路線は、東京・沖縄・名古屋・福岡・札幌・大阪発=ソウル(仁川)着の6路線と大阪=ソウル(金浦)線、また、東京・大阪・福岡発=釜山着の3路線で、片道運賃が500円~となる。

[17:18 6/26]

JALタッチ&ゴーサービス利用者全員にCoCo壱番屋の券プレゼント

壱番屋(以下、カレーハウスCoCo 壱番屋)とJALは7月1日~9月30日、JALグループの国内線搭乗時に「QuiC」(JALタッチ&ゴーサービス)を利用すると、もれなくカレーハウスCoCo壱番屋でカレーメニューを注文する際に利用できる「ドリンク無料券」または「トッピングお試し券」をプレゼントする。

[16:57 6/26]

ジェットスター・パシフィック、関西=ベトナム線開設--6,990円のセールも

LCCのジェットスター・パシフィック航空は6月26日、大阪(関西)=ベトナム(ハノイ、ダナン)線を、それぞれ9月1日(ハノイ)、9月2日(ダナン)に就航することを発表。同社は大阪とベトナムを結ぶ初めてのLCCとなり、大阪(関西)=ハノイ/ダナン間をそれぞれ週4往復運航を予定している。

[14:29 6/26]

JAL、高知=羽田線の就航20周年でイベント実施--歴史を振り返る展示も

JALは7月1日、高知=東京(羽田)線の就航20周年を迎えるにあたり、高知発3便(JAL490/492/494便)にて「高知=東京(羽田)線の就航20周年記念行事」を実施。同路線は平成9(1997)年7月1日ボーイング767で運航を開始した。現在はボーイング737-800(全165席)にて、1日5往復便を展開している。

[06:00 6/26]

2017年06月24日(土)

銀座ライオン 羽田空港店がリニューアル--全席禁煙・ビールカウンター展開

サッポロライオンは7月3日、羽田空港第一旅客ターミナルビルの「銀座ライオン 羽田空港店」をリニューアルオープンする。同店は羽田空港第一ターミナル到着出口1番からすぐの場所に位置し、旅行やビジネス、待ち合わせなどに幅広く利用できるよう、全112席・全席禁煙とした。

[12:43 6/24]

バニラエア、乗客誤誘導の再発防止策を国交省に提出--6/20より対策実行

LCCのバニラ・エアは6月23日、6月18日の同社JW304便(香港発成田行き、乗客168人、幼児旅客1人)において乗客駐機場送迎バスで国内線到着口に誤誘導し、19日に国土交通省航空局長より厳重注意を受けた件について、国土交通省航空局長に報告書を提出した。また6月20日より、対策を実行している。

[11:34 6/24]

2017年06月22日(木)

エアバス、パリ・エアショーで326機・400億米ドルの受注--A320だけで306機

エアバスは現地時間の6月22日、6月19~25日に開催中のパリ・エアショーにて、397億米ドルの受注を獲得したことを発表。民間航空機市場が引き続き堅調であることを裏付けた。航空ショーの期間中獲得した受注は合計326機であり、その内、確定受注が144機で185億米ドル、覚書(MoU)受注が182機で212億米ドルとなった。

[19:48 6/22]

東京旅をお得に! 羽田到着のANA国内線利用者限定で「Tokyo Subway Ticket」

ANAと東京地下鉄、東京都交通局は7月1日から、羽田空港到着のANA国内線利用者を対象に、東京メトロ線全9路線と都営地下鉄線全4路線が使用開始から24・48・72時間乗り放題となる旅行者向けの企画乗車券「Tokyo Subway Ticket」を、羽田空港第2ターミナル地下1階案内所にて発売を開始する。

[19:00 6/22]

スパイダーマンだらけで「スパイダージェット」初便運航--機内で乾杯も

LCCのジェットスター・ジャパンは6月21日、映画『スパイダーマン:ホームカミング』(8月11日公開)とコラボレーションし、「この夏、"スパイダージェット"でハッピーな旅!! 」と題し、世界で初めてスパイダーマンが描かれた特別塗装機「スパイダージェット」の運航を開始した。

[17:36 6/22]

エアアジア、エアバスA320ceoを14機発注--A320ファミリー総発注数は592機に

エアバスは現地時間の6月22日、6月19~25日に開催中のパリ・エアショーにて、エアアジアが14機のA320ceoを発注する同意を締結したことを発表した。この追加発注により、同社は地域路線ネットワークにおける予想以上に高い短期的需要の拡大に対応する。契約はパリ航空ショーで締結され、今後、エアアジアの取締役会における承認を取得する。

[17:10 6/22]

JAL、ボーイング787-9に新「JAL SKY SUITE 787」導入--座席数も203席に拡大

JALは7月31日より、新な客室仕様の「JAL SKY SUITE 787(スカイスイート 787)」を搭載した787-9を導入。成田=クアラルンプール線(JL723便/JL724便)で就航を開始し、順次路線を拡大していく。

[17:01 6/22]

JAL、エンブラエル E190を10機追加--クラスJやWi-Fi対応の無料プログラム搭載

エンブラエルは6月20日、6月19~25日に開催中のパリ・エアショーにて、E190を10機追加する確定発注をJALと契約したこと発表した。今回の機材は、JALの子会社であるジェイ・エア向けのもので、同社は2016年5月にE190の運航を開始している。

[11:04 6/22]

2017年06月21日(水)

デルタ航空、エアバスA350搭載の個室「デルタ・ワン スイート」販売開始

デルタ航空(本拠: アトランタ)は米国時間6月17日より、個室タイプのビジネスクラス「デルタ・ワン スイート」およびデルタ航空初となる本格的なプレミアムエコノミー「デルタ・プレミアムセレクト」席の販売を開始した。両座席は、この秋導入されるエアバスの最新鋭機材A350-900に初めて搭載される。

[17:27 6/21]

デルタ航空、エアバスA321を10機追加--合計で122機のA321を発注

エアバスは現地時間の6月20日、6月19~25日に開催中のパリ・エアショーにて、5月に30機のA321ceoを発注したデルタ航空が、さらに10機を追加発注したことを発表した。デルタ航空のA321ceo初号機は2016年3月に引き渡され、今回の発注を含めた同社のA321合計発注数は122機となる。

[15:58 6/21]

ボーイング、川崎重工と協力強化へ--先進生産技術や将来航空機事業で協業

ボーイングは6月19~25日に開催中のパリ・エアショーにて、川崎重工業と先進生産技術や将来航空機事業における共同検討を含む協力強化に合意した。作業の効率化のほか、先進的な生産技術を含む共同研究開発などの協業を視野に入れている。

[15:41 6/21]

2017年ベスト・エアラインズのトップ100--1位カタール航空、3位ANA

英国格付け会社のスカイトラックス社は現地時間の6月20日、6月19~25日にパリ郊外のル・ブルジェ空港で開催中のパリ・エアショーにて、2017年「World Airline Awards(ワールド・エアライン・アワード)」の授賞式典を実施。2017年のベスト・エアラインズは2016年2位だったカタール航空が選ばれ、昨年5位だったANAは3位となった。

[10:34 6/21]

ピーチ、保有全機にEFB完全導入で紙マニュアル廃止--計算精度・燃費も向上

LCCのPeach Aviationは6月20日、エレクトロニック・フライト・バッグ(EFB)の使用に関し、2016年6月から2017年1月までの評価運用を終了し、完全導入のための承認を航空局から取得したことを発表。これにより20日から、運航乗務員が機内で使用する紙マニュアル類を廃止しデジタル化へ移行した。保有全機へのEFB1の完全導入は本邦初となる。

[06:30 6/21]

エアバス、航空データプラットフォーム"スカイワイズ"発表--ピーチは初期導入

エアバスは現地時間の6月20日、6月19~25日にパリ郊外のル・ブルジェ空港で開催中のパリ・エアショーにて、パランティア・テクノロジーズと協同で、新しい航空データプラットフォームの「スカイワイズ」(Skywise)をローンチしたことを発表。現在、世界の航空会社の数社がすでにスカイワイズの初期導入社として運用を開始しており、LCCのPeach Aviationもその1社となる。

[06:00 6/21]

2017年06月20日(火)

JAL国内線「ずっとWi-Fi無料宣言!」--機内インターネット接続がずっと無料

JALグループは6月20日、JALグループ国内線で展開している機内Wi-Fi無料キャンペーンを、今後も継続して無料とする「ずっとWi-Fi無料宣言! 」を発表。これにより、JAL・JTA国内線機内Wi-Fiサービス対応機材で運航する全ての便(777-300、777-200、767-300、737-800。国際線機材運航時は除く)は、時間制限なくインターネットをいつでも無料で利用できる。

[18:27 6/20]

エアバス、A320向け新客室「Airspace」ローンチ--2020年から装備予定

エアバスは現地時間の6月19日、6月19~25日にパリ郊外のル・ブルジェ空港で開催中のパリ・エアショーにて、2016年にA330neoおよびA350向けにローンチした新客室ブランドの「Airspace」を、新たにA320に導入したことを発表した。

[18:05 6/20]

ボーイング、737MAX10をローンチ--最大230席、競合機より運航コスト5%減

ボーイングは現地時間の6月19日、6月19~25日にパリ郊外のル・ブルジェ空港で開催中のパリ・エアショーにて、新しい737MAXファミリーとなる737MAX10のローンチを発表した。737MAX10はすでに、世界10社以上から240機以上の受注およびコミットメントを獲得している。

[17:38 6/20]

国交省、バニラエアに厳重注意--10人を入国手続き未了で入国

国土交通省は6月19日、LCCのバニラ・エアに対し、成田空港における国際線旅客の国内線到着口への誤誘導について、厳重注意を行うとともに、再発防止等について指示した。また、指示事項の報告を受けて、具体的な処分の内容を定めることとしている。

[10:07 6/20]

MRJ、パリ・エアショーまでの動画公開--ANA塗装の現場や欧州初上陸の飛行姿

三菱重工業と三菱航空機は、6月19~25日にパリ郊外のル・ブルジェ空港で開催中のパリ・エアショーにて、ローンチカスタマーであるANAの塗装を施したMRJ飛行試験機3号機を披露。展示は21日までを予定しており、19日にはMRJプログラムに関するプレスブリーフィングを開催した。さらにこのほど、同空港に到着したMRJの動画が公開された。

[05:30 6/20]

2017年06月19日(月)

サッカー小林祐希、「Futsal KLM CUP」でエキシビションマッチに登場

KLMオランダ航空は6月17日、5月にサッカーオランダ1部リーグ所属の小林祐希選手とのパートナー契約締結を記念した、フットサル大会「Futsal KLM CUP」を東京・お台場で実施。当日は小林選手が参加するエキシビションマッチのほか、オランダサッカーの魅力やKLMのフライト体験について語るスペシャルトークショーが行われた。

[16:42 6/19]

エアバスA380plusの開発調査--座席当たりのコスト13%減、燃費も最大4%減

エアバスは現地時間の6月19日、エアバスA380の性能を強化した「A380plus」の開発調査を発表。A380plusでは燃費を最大4%削減することが可能な、新しい大型のウイングレットおよび翼の改良による空力性能向上を実現する。この性能強化と、A380の整備プログラムの最適化、4月に航空機インテリア・エキスポで紹介した客室の改良を合わせて実施すると、既存のA380と比較して座席当たりのコストを13%削減できる。

[16:09 6/19]

JAL、徳島就航60周年で記念イベント--初便はデ・ハビランドDHC-2 ビーバー

JALは6月20日、徳島就航60周年を迎えるにあたり、JAL456便(徳島11:40発/羽田12:55着)の出発前に記念セレモニーを実施する。当日は、徳島阿波おどり空港3階の搭乗口付近にて記念セレモニーとともに、搭乗者に記念品をプレゼントする。

[15:20 6/19]

CA等がカープCCダンス! 第8回JALナイターを100人強のJALメンバーが盛り上げ

JALは6月30日、広島東洋カープの本拠地「MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島」にてJAL主催イベント「JALナイター」を開催。当日は100人を超えるJALグループのボランティアスタッフで、来場者に楽しんでもらえるよう多数の企画を実施し、このカードを盛り上げる。

[11:27 6/19]

2017年06月18日(日)

新千歳空港に「ショコラティエ マサール」出店--チョコレート専門店巡りも

札幌のショコラ専門店「ショコラティエ マサール」は6月23日、新千歳空港国内線ターミナルビル2F スイーツアベニューに、新店舗をオープンする。人気No.1のショコラブラウニーやパレットサブレ、パレットショコラを空港限定のパッケージと新デザインで販売するなど、上質なショコラを新千歳空港で展開する。

[07:00 6/18]

2017年06月16日(金)

エア・ドゥ、羽田空港カウンターを刷新へ--旅のコンシェルジュデスクも

AIRDO(エア・ドゥ)は6月23日、羽田空港カウンターをリニューアルオープンする。リニューアルコンセプトは、「どなたにも優しく、北海道らしい、機能性を兼ね備えた」空港カウンターであり、あらゆる年代に使いやすく分かりやすい機能を備えることで、 安心して立ち寄れる空港カウンターを目指している。

[16:11 6/16]

東方神起・ユンホがチェジュ航空のCAに!? 特別塗装機の製作映像も公開へ

LCCのチェジュ航空(本拠地: 韓国)は6月3日より、モデル契約を締結しているK-POPグループ・東方神起のユンホ(ユノ)が、乗務員制服や旅行服装を着た写真をラッピングした特別塗装機の運航を開始。さらに6月6日には、メイキング映像としてユンホのスタジオ撮影の様子とインタビューを公開した。

[13:59 6/16]

海外旅行体験施設「FIRST AIRLINES」がリニューアル--ハワイ便やVR映像刷新

航空・海外旅行の疑似体験型エンタテイメント施設「FIRST AIRLINES」(東京・西池袋)は6月20日より、2016年12月のオープン以来初となる大型リニューアルを実施。ハワイ州観光局と共同で、ハワイ旅行の疑似体験ができるハワイ路線を設定し、6月26日から展開を開始する。

[13:31 6/16]

カタール航空、中東7カ国との国交断絶も大半は通常運航--ICAOへ違法性主張

カタール航空は6月14日、6月5日のサウジアラビア等の中東7カ国の声明を機に、中東7カ国とカタールとが国交断絶している状況下であるものの、大半の便はスムーズに運航されていることを発表。直近の1週間において、ドーハ発着で同社が運航する世界150都市以上・約1,200便の内、90%のフライトは定刻の15分以内に出発しているという。

[12:21 6/16]

MRJ、パリ・エアショーに向け欧州初上陸--ANA塗装の3号機を3日間展示

三菱重工業と三菱航空機が開発・製造を進める MRJ(Mitsubishi Regional Jet)の飛行試験機が現地時間の6月15日、パリ郊外のル・ブルジェ空港に到着した。同機は6月19~25日に同空港で開催されるパリ・エアショーにて、19~21日まで展示を予定している。

[05:30 6/16]

2017年06月15日(木)

スクートとタイガーエアの合併、7/25より全てをスクートに統一! 制服も新調

LCCのスクート(本拠地: シンガポール)は7月25日にLCCのタイガーエアと合併し、スクートブランドに統合する。現在のスクートおよびタイガーエアのフライトネットワークは、7月25日以降全てスクートとしての運航となり、ウェブサイトや空港チェックインカウンターはスクートに統一する。

[18:20 6/15]

イージージェット、同社初のエアバスA320neo受領--130機発注分の初号機

エアバスは現地時間の6月14日、LCCのイージージェット(本社: 英国・ルートン)に同社のA320neo初号機を引き渡したことを発表。このA320neoはまた、イージージェットの300機目のA320ファミリーとなった。

[14:03 6/15]

FDA、シルバーの10号機を「青天の霹靂」号と命名--青森県と契約

フジドリームエアラインズ(FDA)は6月14日、青森県とネーミングライツ契約を締結し、シルバーの10号機(JA10FJ)を青森米「青天の霹靂(へきれき)」号と命名。青天の霹靂は、2015年秋にデビューし青森県産米として初めて米最高評価"特A"を取得したブランド米であり、FDA10号機はこの青天の霹靂を全国各地でプロモーションする任務に就く。

[09:46 6/15]

2017年06月14日(水)

国交省、日本・クロアチア新規協定締結までの間の暫定的な枠組みに合意

国土交通省は6月9日、ザグレブ(クロアチア)においてクロアチア航空当局と新規航空協定締結に向け、協定の記載事項、今後の手続き等について意見交換を実施。将来的には定期便を就航させるに相応しい航空需要があることを認識し、新規協定締結までの間の暫定的な枠組みに合意した。

[17:43 6/14]

キャセイ、成田線1日6便へ--A340-300年内退役・2018年A350-1000導入

キャセイパシフィック航空(拠点: 香港)は6月14日、「大人のテーマパーク 香港」をテーマに、香港デスティネーションキャンペーン「蜷川実花 × 香港 by キャセイパシフィック」の開始とともに、今後の路線・機材計画を発表。2016年内にエアバスA340-300を全機退役し、2018年半ばには現在開発中のエアバス最新機種であるエアバスA350-1000の導入を予定している。

[17:06 6/14]

蜷川実花「自分の写真の方向性が見えた」香港で"大人のテーマパーク"を演出

キャセイパシフィック航空(拠点: 香港)は6月14日より、「大人のテーマパーク 香港」をテーマに、香港デスティネーションキャンペーン「蜷川実花 × 香港 by キャセイパシフィック」を開始。蜷川さんは学生時代に初めて香港を訪れ、「自分の写真の方向性が見えた」と語るほどの魅力を感じたという。以来、20回以上訪れているという香港は、蜷川さんの目にどのように映っているのだろうか。

[15:41 6/14]

2017年06月13日(火)

JAL、2017年度入社のCA既卒者採用実施--11月以降入社で75人程度

JALは6月13日、2017年度入社の客室乗務職(既卒者)の正社員採用を発表。75人程度を予定しており、過去にJAL客室乗務職社員の採用に応募した人もエントリーできる。8月18日より札幌・東京・名古屋・大阪・福岡の5都市で一次選考を実施し、その後の選考は東京で実施する予定となっている。

[16:34 6/13]

2017年06月12日(月)

航空機市場予測--今後20年間で約3万5,000機、53万人のパイロットが必要

エアバスは現地時間の6月9日、最新の航空機市場予測「グローバル・マーケット・フォーカスト2017年-2036年」を発表。航空輸送量は年間4.4%ずつ成長する見通しで、100座席以上の航空機数は今後20年間で、2倍以上の4万機を超えることが予想されている。

[19:09 6/12]

ジェットスター、成田=松山線の就航4周年と100万人突破で記念イベント実施

LCCのジェットスター・ジャパンと松山空港利用促進協議会は、ジェットスター・ジャパンの松山=東京(成田)線が6月11日に就航4周年を迎えたこと、また、6月4日に同路線の累積搭乗者数100万人突破を記念し、6月16、17日の松山空港発対象便において、搭乗者全員に搭乗ゲートにて記念グッズをプレゼントする。

[18:35 6/12]

ユナイテッド航空、日本路線初のボーイング777-300ER導入--747は6/14に引退

ユナイテッド航空(本社: シカゴ)は6月15日より、東京(成田)=サンフランシスコ線に、ボーイング777-300ERを導入する。同機材の導入は日本路線では初となり、また、アジアと米国を結ぶ路線としては、3月に導入した香港=サンフランシスコ路線に続く2路線目となる。

[12:21 6/12]

2017年06月11日(日)

JTA、ボーイング737-800で機内Wi-Fiサービス開始--無料キャンペーンも

日本トランスオーシャン航空(JTA)は6月15日より、ボーイング737-800において機内Wi-Fiサービスを順次開始する。加えて、JAL国内線同様に、8月31日までは時間無制限でインターネットを無料で利用できるキャンペーンを実施する。

[07:00 6/11]

2017年06月09日(金)

ティーウェイ航空、9/2に成田=済州線就航--成田空港から韓国3地点目

LCCのティーウェイ航空(本拠地: 韓国)は9月2日より、成田=済州線に新規就航する。ティーウェイ航空は2016年3月にソウル(仁川)線で成田空港に新規乗り入れ、同年9月には、成田空港として新規地点となった大邱線に就航している。

[14:44 6/9]

川崎重工、ボンバルディア社Cシリーズ用エンジンの燃焼器を初出荷

川崎重工業は6月7日、カナダのボンバルディア社の次期リージョナルジェット機であるCシリーズ用エンジン「PW1500G」の燃焼器を明石工場から初出荷した。同社は米国のプラット・アンド・ホイットニー社と、次期リージョナルジェット機用エンジンPurePower「PW1500G」および「PW1900G」の開発・生産プログラムに「リスク&レベニューシェアリングパートナー(RRSP)」(※)方式で参画している。

[09:39 6/9]

2017年06月08日(木)

ホンダジェット、カナダ運輸省より型式証明--現地企業と提携しサービス開始

ホンダ エアクラフト カンパニー(以下、HACI)は現地時間の6月1日、カナダ運輸省よりホンダジェットに対する型式証明を取得した。これにより今後、カナダの顧客に対して配送が開始となる。ホンダジェットの型式証明は、米国連邦航空局(FAA)、欧州航空安全庁(EASA)、メキシコ民間航空総局(DGAC)に続き、今回、カナダでの承認となった。

[15:40 6/8]

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事