マイナビニュース | 旅と乗りもの | エアライン

関連キーワード

イチオシ記事

夏ダイヤに見る中東エアラインの戦略--A380導入の狙い、欧州市場への展望

2017年国際線夏ダイヤが3月26日から始まる。エミレーツ航空の成田=ドバイ線A380再導入やエティハド航空の成田=アブダビ線時間変更など、ここでは中東を拠点とするエアライン各社に視点を向け、日本路線における各社の思惑・戦略を見ながら、その背景と課題を分析してみたい。

[10:30 3/24]

新着記事

一覧

獺祭も朝から立ち飲み! 航空関係者も通う「角打 鍋島」は空港の中にある

航空関係者と話をしている時、「あのお店が全国の空港にもできればいいのに」という話が出てきた。"あのお店"とは、山口宇部空港国内線ターミナルビル2階に、ひっそりとお店を開く「角打 鍋島」のこと。世界にもファンを抱える山口の酒「獺祭」など、山口のおいしいものが朝からサクッと楽しめてしまう"罪なお店"なのだ。

[10:30 3/28]

エミレーツ、成田線にエアバスA380復活--3クラス計489席仕様

エミレーツ航空(本社: アラブ首長国連邦・ドバイ)は3月26日より、成田=ドバイ路線にボーイング777-300ERからエアバスA380変更。従来機材の777-300ERより、ファーストクラスが6席、 ビジネスクラスが34席、エコノミークラスが95席それぞれ増加する。

[07:00 3/28]

新着記事

一覧

キャセイドラゴン、熊本=香港間にチャーター便--熊本地震の復興支援

キャセイパシフィックグループ(拠点: 香港)はゴールデンウィーク期間中に、熊本空港を発着する香港行チャーター便を運航(政府認可申請予定)。往路が熊本空港を5月4日に出発、復路が5月7日に香港国際空港発となる3泊4日の行程で、熊本県からの香港行きアウトバウンド需要に応える。

[06:00 3/28]

ベトナム航空、ハノイ=羽田線にA350-900就航--クラス別機内サービスを披露

ベトナム航空は3月26日より、羽田=ハノイ線にエアバスA350-900を投入した。同社は2015年にアジア初となるA350 XWBを導入し、現在、6機のA350 XWBを運用。羽田=ハノイ線には、3月に受領したばかりの機材が投入されている。今回、羽田線で導入を開始したベトナム航空A350 XWBの機内サービスを紹介しよう。

[20:10 3/27]

フジドリームエアラインズ「志国高知 幕末維新博」号発進--高知県と契約

フジドリームエアラインズは3月26日、高知県(志国高知幕末維新博推進協議会)とネーミングライツ契約を締結し、ライトブルーの2号機(エンブラエル170)が「志国高知 幕末維新博」号と命名されたことを発表。FDA2号機は「志国高知 幕末維新博」を全国各地でPRする任務に就く。

[09:44 3/27]

エアバスA350-1000、南米で離発着試験--高高度・高湿度の中で性能を確認

エアバスは現地時間の3月23日、開発中のエアバスA350-1000に関し、高高度で温暖かつ湿度の高い条件の空港で、試験飛行機のエンジン性能を確認する「High and Warm」飛行試験キャンペーンを実施したことを発表。10日の間にボリビアからコロンビアなどを経て、フランス・トゥールーズに戻るツアーとなった。

[07:00 3/26]

国交省、羽田空港深夜早朝バスを継続--新橋・大井町を新設

国土交通省は3月24日、羽田空港の深夜早朝アクセスバスを平成29年度も継続して運行することを発表。更なる利便性向上を図るため、新橋・大井町の停留所を新設するなど、停留所の新設・運行ルートの見直しを行う。

[13:31 3/25]

A380が追ってくる! フォローミーカーから見たタイ国際航空機の動画公開

中部国際空港(セントレア)は3月23日、3月25日まで期間限定で運航しているタイ国際航空の世界最大級の旅客機エアバスA380に関し、タキシングの様子をフォローミーカー(先導車)から撮影した動画を公開した。タイ国際航空のエアバスA380は25日までの期間限定運航であり、スカイデッキからはその旅客機の様子を間近で見ることができる。

[07:00 3/25]

フィンエアー、エアバスA350XWBを6/5より成田線に導入--関空線にも導入予定

フィンエアーは3月26日からの2017年夏期スケジュールにおいて、欧州系航空会社で最大となる週28便、JALとの成田コードシェア便(週7便)を含むと週35便にて、日本と欧州を結ぶ。また、成田線は6月5日から週4便を増便し、エアバスA350XWB(A350-900)を投入。夏期スケジュールでは、関空にもA350XWB導入を予定している。

[16:53 3/24]

セントレア、"中部"同士の台中国際空港と友好空港に--定期便開設等で協力

中部国際空港(セントレア)は4月6日、日本の「中部」地域の空の玄関である中部国際空港と、台湾「中部」の台中国際空港とで、「友好空港提携覚書」を締結することを発表。同日から、定期チャーター便の運航を開始するなど、官民を挙げての交流が進めていく。

[15:53 3/24]

アメリカン航空、大陸横断路線に無料の機内食--ベジタリアン用のメニューも

アメリカン航空は5月1日より、アメリカ大陸横断路線に投入されているエアバスA321トランスコンチネンタルにおいて、エコノミークラス向けの無料機内食サービスを開始。ベジタリアン向けも用意するなど、同路線における快適性を向上させる。

[15:26 3/24]

羽田空港、新千歳空港でボディスキャナー導入--保安高度化と時短を両立

国土交通省が国内の主要空港に2016年度から順次導入することとしたボディスキャナーに関し、3月26日(予定)から新千歳空港国際線旅客ターミナルビルに、3月29日から羽田空港国際線旅客ターミナルに、それぞれ運用を開始する。ボディスキャナーは国内ではすでに、関西国際空港や中部国際空港(セントレア)で導入を開始している。

[06:00 3/24]

JAL、福岡空港にダイヤモンド・プレミアラウンジ展開--限定の特製スープも

JALは3月30日、福岡空港に国内線最上級ラウンジのダイヤモンド・プレミアラウンジをオープン。羽田、新千歳、伊丹空港に続く国内線4空港目となるダイヤモンド・プレミアラウンジでは、福岡空港限定となる熊本県産の「万次郎かぼちゃ」を使用した特製スープなどを提供する。

[16:35 3/23]

中部空港にマリオット進出--全319室の「フォーポイント」展開で訪日需要を

マリオット・インターナショナルと積水ハウスは3月23日、旅客増とインバウンド需要が高まる中部国際空港(セントレア)の島内隣接地(愛知県常滑市セントレア4丁目)において、セントレア島内初の外資系ホテルとなるマリオット・インターナショナルの「フォーポイントバイシェラトン名古屋 中部国際空港」を2018年11月(予定)に開業することを発表した。

[15:49 3/23]

デルタ航空、ロサンゼルス空港第2、第3ターミナルに--乗継の利便性向上へ

デルタ航空(本拠: アトランタ)は現地時間の3月21日、ロサンゼルス国際空港公団(LAWA)と協力し、民間航空史上最大規模となる空港内の使用ターミナル変更プロジェクトの皮切りとして、5月中旬に現在使用している第5、第6ターミナルから、第2、第3ターミナルに移動する。

[13:54 3/23]

IAG、長距離LCC「LEVEL」新設--バルセロナからグループネットワーク拡大

ブリティッシュ・エアウェイズとイベリア航空で共同経営するインターナショナル・エアラインズ・グループ(IAG)は現地時間の3月17日、長距離線を対象とした格安航空会社として「LEVEL」を設立することを発表。バルセロナを拠点に、ロサンゼルス、サンフランシスコ・オークランド、ブエノスアイレス、プンタカナ線を就航する。

[10:48 3/23]

羽田空港から「ロボホン」が日本を"ロボてなし"--数日レンタルで一緒に旅行

京浜急行電鉄とシャープ、ビジョン、フューブライト・コミュニケーションズの4社は、日本初の多言語観光ガイドを行うコミュニケーションロボットレンタルサービスを、訪日外国人観光客向け中心に展開する。同サービスは4月25日からの実施を予定している。

[16:57 3/22]

所沢で特別展「日本-仏蘭西・百年飛行の旅」--日本初のコンコルドの資料も

所沢航空発祥記念館(埼玉県所沢市)では4月9日まで、特別展「日本-仏蘭西・百年飛行の旅」を実施。同展示にはエールフランス航空も協力しており、1976年から2003年まで運航した世界最速の旅客機「コンコルド」の関連資料が、日本初公開を含む約40点展示されている。

[12:48 3/22]

JAL、折り紙ヒコーキ大会開催--全国・アジア大会を経て2020年に世界大会

折り紙ヒコーキ協会とJALは2017年度より毎年、全国各地区予選を通過した日本国内の子供たちが参加する「JAL折り紙ヒコーキ 全国大会」を開催。また、11月にはアジア地区を対象とした「JAL 折り紙ヒコーキ アジア大会」を、2020年には「JAL 折り紙ヒコーキ 世界大会」を初めて開催する。

[18:35 3/21]

香港エクスプレス、往路便が10円に--羽田/成田など9路線で6万8,000席以上

LCCの香港エクスプレスは3月21日~23日、往復便購入で往路便が10円になるタイムセールを実施。対象便は羽田、成田、名古屋、大阪、広島、福岡、高松、石垣島、鹿児島から香港行きのチケットで、搭乗期間は4月4日~2018年2月28日となる。全ての便が対象ではないが、座席は6万8,000以上用意している。

[11:13 3/21]

機内食図鑑 第14回 ルフトハンザ航空の和食--プレエコはご飯モリモリ、ビジネスは握り寿司から

リモワとコラボして電子バゲッジタグを開発・運用を開始したルフトハンザ・ドイツ航空(LH)。日本路線への導入はまだだが、新技術を駆使したサービスが利用できる路線が増えているそう。では日本路線でだけ楽しめるものと言えば? それは、機内食に和食のチョイスがあることだ。

[10:30 3/21]

スター・ウォーズ「C-3PO ANA JET」披露! アンソニーが語る魅力--写真41枚

ANAはウォルト・ディズニー・ジャパンとコラボした「STAR WARSプロジェクト」の一環として、3月21日、国内線仕様の特別塗装機「C-3PO ANA JET」を就航する。その前日の20日には、C-3POを演じるアンソニー・ダニエルズ氏が来日し、「C-3PO ANA JET」の中から登場。世界に1機しかないこの特別な飛行機、そして、C-3POの魅力を語った。

[16:09 3/20]

ピーチ、昨年比2.3倍の販売数に--5周年で毎日セール、1,555円のチケットも

LCCのPeach Aviationは、3月1日~31日の期間で実施している就航5周年記念キャンペーン「everyday PEACHKET」において、昨年比2.3倍(就航地別前年比較、初日分除く)の販売数を記録したことを発表。今度も毎日、国内外の旅がもっと気軽になるセールを展開していく。

[07:00 3/20]

インドネシア・エアアジアXが成田就航へ--5/25よりデンパサール線を週4便

国土交通省は3月17日、国際線を展開するLCCのインドネシア エアアジア エクストラ(インドネシア・エアアジアX)からの外国人国際航空運送事業の経営許可申請を、同日付けで許可した。5月25日より、デンパサール=成田線を週4便(月・火・木・土曜日)での就航を予定している。

[10:19 3/19]

JAL、東京ガールズコレクションにブース初出展--CAが制服体験をサポート

JALは3月25日、国立代々木第一体育館で開催される「東京ガールズコレクション(TGC)」に初めてブースを出展する。JALブースでは、JAL特別動画の放映や、客室乗務員の制服体験ができるなど、TGCとJALがコラボした若い女性向けのワクワクするようなブースを展開するという。

[18:35 3/17]

福岡空港国内線旅客ターミナルビルの再整備、騒音対策で約3カ月の遅れ

福岡空港ビルディングは3月15日、福岡空港国内線旅客ターミナルビル再整備事業の進捗状況を発表。2月末時点の工事の進捗は、2ビル接続部新築工事エリアにおける解体工事の騒音対策等に日時を要したため、現在約3カ月の遅れとなっており、今後、2ビル接続部の掘削工事が完了する6月末頃を目途に、詳細工程を精査し発表するとしている。

[17:04 3/16]

国交省、成田空港拡張を許可--エプロン・誘導路を新設し2022年より供用開始

国土交通省は3月15日、成田国際空港からのエプロン・誘導路等の整備に関する申請を公聴会と審査を経て、3月10日付けで許可したことを発表。空港を約20ha拡張し、約18万平方メートルのエプロンを新設、約1,900mの誘導路を新設し、2022年年1月31日より供用開始を予定している。

[10:00 3/16]

国交省、「訪日誘客支援空港」募集--地方空港へのLCC等の国際線就航を推進

国土交通省は3月15日、地方空港における国際線の就航を強力に推進するため、国が重点的に支援を行う「訪日誘客支援空港」の認定に向けた募集を開始した。指定空港には新規就航・増便に係る着陸料の軽減や補助、航空旅客の受入環境高度化に係る施設整備への補助など、総合的な支援措置を講じる。

[09:44 3/16]

日産「プロパイロットチェア」が羽田空港に--自動追従で行列ストレスを緩和

日産自動車は3月23日、自動運転技術から着想を得たイス「プロパイロットチェア」を羽田空港へ1日貸与する。自動操舵で移動することで行列ストレスを緩和させる同イスは、羽田空港第1旅客ターミナル2階にあるカレーうどん専門店「cuud(クウド)」にて、23日11時~14時の間誰でも体験ができる。

[06:30 3/16]

JALのCAからもらえる「千社札シール」、47都道府県制覇者には特別シールを

JALは3月20日~7月10日、希望者にプレゼントしている都道府県の「千社札シール」に関し、47都道府県全てを集めた人に「コンプリート千社札シール」をプレゼントする取り組みを実施。千社札シールのプレゼントは6月30日までとなり、JAL/J-AIR客室乗務員が着用する「縁(ゆかり)都道府県バッジ」と同じ都道府県がデザインされたシールを、それぞれにプレゼントする。

[17:31 3/15]

バックナンバー

このカテゴリーについて (旅と乗りもの>エアライン)

 トップへ
JAL・ANAなど国内外の航空会社、羽田・成田などの空港、ボーイングやエアバスなどの最新飛行機など、ニュース・レポート・コラムで航空業界の今を知る情報をお届けします。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事