マイナビニュース | 旅と乗りもの | エアライン

関連キーワード

イチオシ記事

「あいち航空ミュージアム」は飛行機愛がいっぱい! 開館前に全貌紹介--写真68枚

構想から3年、日本の飛行機の故郷・愛知県に11月30日、「あいち航空ミュージアム」が誕生する。実機展示として「零式艦上戦闘機(零戦)」や「YS-11」など6機が、そして、日本の航空史に名を残した「名機100選」がずらりと並ぶほか、さまざまな体験を通じて学び遊べる空間が広がっている。

[20:16 11/20]

新着記事

一覧

JAL機内食、スープストック第4弾は「温野菜と鶏肉のマッシュルームスープ」

JALは12月1日より、機内食「AIRシリーズ」第26弾として、スープストックトーキョーとコラボレーションしたオリジナルメニューの「温野菜と鶏肉のマッシュルームスープ」を提供する。

[16:25 11/24]

航空業界ニュースをななめ読み 第12回 ANAがミャンマーで2度頓挫した裏事情、Airbnb・ANA・ピーチで何が変わるか

直近の航空業界トピックスを「ななめ読み」した上で、筆者の感覚にひっかかったものを「深読み」しようという企画。今回は、ANAのミャンマー合弁事業、Airbnb・ANA・Peachのパートナーシップ締結について取り上げたい。

[06:00 11/24]

新着記事

一覧

ANA機内食に一風堂「柚子香る鶏豚(トリトン)そばスープ」--豚の力強い旨味

ANAと力の源ホールディングス傘下の一風堂は、12月より一風堂監修の「柚子香る鶏豚そばスープ」をANA国際線プレミアムエコノミーの軽食として提供。ANAのシンボルカラーである「トリトンブルー」にちなんだ、ANAの機内限定の"鶏豚(トリトン)そばスープ"となる。

[15:24 11/22]

小松空港に元ジブリ米林監督の大型ステンドグラス「蝶たちと戯れる大獅子」

日本交通文化協会は11月14日、小松空港旅客ターミナルビル2階にスタジオジブリでも活躍していたアニメーション映画監督・米林宏昌氏の原画・監修によるステンドグラス作品「蝶たちと戯れる大獅子」を設置することを発表。縦約3m×横約7mの大型ステンドグラスで、2018年2月に完成を予定している。

[11:34 11/22]

エアバスA350-1000がEASAとFAAから型式証明--初号機は年内にカタール航空へ

エアバスは現地時間の11月21日、エアバスA350-1000が欧州航空安全庁(EASA)および米連邦航空局(FAA)より型式証明を取得したことを発表した。型式証明を取得した同機はロールス・ロイス社製「Trent XWB-97」エンジンを搭載する。

[10:01 11/22]

ポムポムプリンが奄美群島を大冒険!? バニラエアがグルメ&イベントでコラボ

LCCのバニラ・エアは11月21日、サンリオのキャラクター「ポムポムプリン」とコラボレーションし、11月~2018年3月の間、成田・関西より毎日運航している奄美大島へのプロモーションとして、「奄美群島プロモーション」を実施することを発表した。

[15:48 11/21]

ユナイテッド航空、ボーイング747のラストフライトで1970年の初飛行を再現

ユナイテッド航空(本社: シカゴ)は11月7日、ボーイング747による最終便の運航を完了した。ユナイテッド航空は同型機の引退を記念し、最終便となるUA747便では、機内食、客室乗務員の制服、機内エンターテイメントに至るまで、B747が就航した1970年当時を再現し、乗客・乗務員・招待客など合計300人以上を乗せて、「空の女王」として優雅にサンフランシスコからホノルルへ運航した。

[15:10 11/21]

MRJ本拠地公開! 「MRJミュージアム」で構造の秘密と最終組立工場の今を知る

国産初のジェット機「MRJ(三菱リージョナルジェット)」が歩んできた歴史やその構造とともに、MRJが生まれる現場を見る。11月30日、MRJをさまざまな角度から学んで触れる「MRJミュージアム」が誕生する。そのミュージアムは、2年前の2015年11月11日にMRJが初飛行を飾った県営名古屋空港内にある。

[06:00 11/21]

新千歳空港、約650億円で国際線ターミナル再整備--高級ホテルやロビー拡張

新千歳空港ターミナルビルディングは11月17日、国が進めている新千歳空港国際線ターミナル地域再編事業と協調し、施設再整備を行うことを発表。事業費約650億円(官庁エリア除く)で、出発・到着ロビー等の施設拡張やチェックインカウンターおよび保安検査レーンの増設、ターミナルビル付属ホテルの新設などを行う。工事は2020年3月末までを予定しており、工事が完了した部分より供用を開始する。

[06:00 11/20]

ジェイ・エア、CRJ退役前イベント実施--写真展や格納庫での見学会も

ジェイ・エアは11月26日、大阪国際(伊丹)空港にてCRJ200退役前イベントを開催。写真展やトークショー、機体見学会などを予定しており、現在、一般向けに参加者を募集している。

[16:17 11/17]

バニラエア機内でスカイライナー&東京メトロ・地下鉄の格安セット券販売

LCCのバニラエアは11月1日より、京成スカイライナーと東京メトロ・都営地下鉄の全線をお得に利用できる企画乗車券「Keisei Skyliner &Tokyo Subway Ticket」の機内販売を開始した。

[11:31 11/17]

宮崎空港、国内初の小型機対応・旅客搭乗橋を設置--12月に全5基完了

三菱重工交通機器エンジニアリングは11月16日、宮崎空港ターミナルビルを運営する宮崎空港ビルから、旅客搭乗橋5基を受注したと発表。同空港施設の改修に伴い、国内初となる小型機対応のロングPBB2基、および世界に先駆けて開発したトンネル通路内の段差がないステップレスPBB3基を9月から順次納入しており、12月には全基完了する予定となっている。

[11:12 11/17]

成田空港、JR二重改札の解消を2019年度中に予定--空港駅のホームドアも検討

「魅力ある成田空港駅への変身」プロジェクト推進委員会は11月14日、空港第2ビル駅のJR二重改札の解消、成田空港駅及び空港第2ビル駅へのホームドアの整備、空港第2ビル駅の京成スカイアクセス線ホームへの多機能トイレの設置に関する進捗状況について、中間とりまとめを行った。空港第2ビル駅のJR二重改札の解消は2019年度中を予定している。

[10:21 11/17]

国交省、羽田空港で先進的警備システム実証実験 - 一般エリアの警戒強化

国土交通省は11月14日、空港ターミナルビル一般エリアの警戒強化の一環として、羽田空港で先進的警備システムによる実証実験を12月2~19日実施することを発表した。また現在、空港ターミナルビルへの先進的警備システムの導入促進、同システムの性能向上に資することを目的に実証実験を行うため、事業者を募集している。

[16:18 11/16]

エア・ドゥ、ボーイング767の重整備で26便運休--2018年2月の羽田=新千歳線

AIRDO(エア・ドゥ)は11月16日、2018年2月の羽田=新千歳において、計26便(13往復)を運休することを発表した。乗員繰りが理由で、保有するボーイング767の重整備を行うことで、737の稼働が高まる2018年2月にやむなく運休便を設けることになった。

[13:15 11/16]

フィンエアー、エアバスA350のマリメッコ特別塗装3号機が本に初飛来

フィンエアーグループとデザインブランド「マリメッコ」のコラボレーションによる最新特別塗装機が、11月15日に成田空港に初めて到着した。この機体は、フィンエアーが9月に受領したエアバス最新鋭A350XWB(A350-900)の11機目の機体(OH-LWL)にマリメッコの「Kivet(キヴェット)」柄(石がモチーフ)をあしらったもので、マリメッコ特別塗装機として3機目となる。

[09:42 11/16]

エミレーツ×メルセデス、ボーイング777で完全密閉の新ファーストクラス

エミレーツ航空は(本社: アラブ首長国連邦・ドバイ)現地時間の11月12日、ボーイング777のためのプライベート・スイートを含む新しいファーストクラスのインテリアを発表した。新サービスを搭載した777は、12月1日にジュネーブとブリュッセルへのフライトで商業飛行を開始する。

[11:21 11/15]

チャンギ国際空港に和モダン尽くしな「JAPAN GOURMET HALL SORA」誕生

全日空商事は11月14日、シンガポール・チャンギ国際空港のターミナル内の搭乗ゲート前ロビーエリア(3階)に和モダンを追求したフードホール「JAPAN GOURMET HALL SORA」をプレオープンした。グランドオープンは12月5日となる。

[10:14 11/15]

ロールス・ロイス、パイロット向けに新アプリ--A350XWB/787用エンジン対応

ロールス・ロイスは現地時間の11月13日、ドバイ・エアショーにて、民間航空会社のパイロット向けにエンジン状態の理解をうながすための新たなアプリを発表した。パイロット並びに航空会社はエンジン性能を最適化し燃費と排出量を削減するために、このアプリを活用できる。

[17:33 11/14]

JAL、解禁日限定でボージョレー・ヌーヴォー! 機内やラウンジ、搭乗ゲートで

JALはボージョレー・ヌーヴォー解禁日となる11月16日限定で、国際線機内(一部路線を除く)および国内主要空港ラウンジにて、ピエール・フェロー社のボージョレー・ヌーヴォーを提供する。

[16:50 11/14]

エアバス×JAL、MR技術活用でA350XWB向け訓練アプリケーションを実用化へ

エアバスは11月14日、JALとJALエンジニアリングとの協力により、「Microsoft HoloLens」(ホロレンズ)による最先端の複合現実(MR: Mixed Reality)技術を利用した新しい訓練アプリケーションのプロトタイプを開発したことを発表した。

[14:49 11/14]

チェジュ航空、東方神起グッズ本格化--限定版チャンミン機内食も

LCCのチェジュ航空(本拠地: 韓国)は11月13日、自社イメージモデルである東方神起を活用した特化商品販売など、日本人と韓国国内向けマーケティングを本格化することを発表した。

[14:21 11/14]

エミレーツ、ボーイング787-10を40機発注--787-9への変更も可能

エミレーツ航空(本社: アラブ首長国連邦・ドバイ)は現地時間の11月12日、ドバイ・エアショーにてボーイング787-10を40機発注する覚書をボーイングと締結した。今回の契約は、カタログ価格で151億ドルとされている。

[10:44 11/13]

名阪近鉄バス、中部空港=京都駅の直行バス運行へ--片道2時間40分/1日2往復

名阪近鉄バスは2018年2月9日より、中部国際空港セントレアから京都間を結ぶ高速バス「セントレア京都線」の運行を予定している。

[10:06 11/13]

機内食図鑑 第18回 そこはもうアラブの世界! エティハド航空・787-9の機内でお酒も抹茶味も

英国格付け会社のスカイトラックス社のランキングなどでも、トップ10の常連となっているエティハド航空(本拠地: アブダビ)。欧州・アフリカ路線も幅広く展開しているだけではなく、比較サイト等で検索してみると分かるのだが、思いのほか手頃な価格で利用できることも多い。もちろん、機内食にも抜かりはない。

[06:00 11/13]

チェジュ航空、東方神起フェアを関空で実施--ユノとチャンミンの制服も

関西空港展望ホールにて11月21日まで、「チェジュ航空×東方神起フェア」イベントを開催。Sky viewメインホール4階の東方神起フォトゾーンのほか、東方神起が実際に着用したユニフォームや関連アイテムなどの展示を行っている。

[12:16 11/10]

KLMオランダ航空の落下物での重大インシデント、ボルトに誤部品を使用

運輸安全委員会は11月8日、大阪市で9月23日に発生したKLMオランダ航空機の重大インシデントに関して、同社所属のPH-BQC(ボーイング777-200ER)にボルトの一部に誤部品が使用されていたなどの調査結果を公表した。

[09:53 11/10]

デルタ航空、機内のテキストメッセージを無料化--機内Wi-Fi対応の国際線も

デルタ航空(本拠: アトランタ)はこのほど、機内Wi-Fiを利用してスマートフォンからのテキストメッセージを無料で送信できるサービスを開始した。これまでは、機内エンターテインメント「デルタ・スタジオ」やデルタ航空ホームページへのアクセス以外の機内Wi-Fiの利用は有料だったが、このほどテキストメッセージの送受信も無料でできるようになった。

[17:57 11/9]

Airbnb、ANA、Peachがパートナーシップを締結 - 日本の旅が変わる?

世界中の空き部屋や家をシェアできるサービス「Airbnb」、全日本空輸(ANA)、Peach Aviation(Peach)は、11月6日に新しい旅行スタイルの普及と拡大におけるマーケティングについてパートナーシップ契約を締結した。このほど行われた合同記者会見では、今回の契約における各社の取り組みが発表された。

[06:00 11/9]

JAL、「Amazon Alexa」対応の新サービス--CAによる"ジャル子ちゃん Skill"も

JALは11月8日、Amazonが提供するクラウドベースの音声認識サービス「Amazon Alexa」に対応した新しいサービスを提供することを発表した。また、現役CAの音声にのせて旅に役立つ情報やトリビアをクイズ形式で楽しめる「ジャル子ちゃん Skill」もあわせて用意している。

[18:48 11/8]

バックナンバー

このカテゴリーについて (旅と乗りもの>エアライン)

 トップへ
JAL・ANAなど国内外の航空会社、羽田・成田などの空港、ボーイングやエアバスなどの最新飛行機など、ニュース・レポート・コラムで航空業界の今を知る情報をお届けします。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事