マイナビニュース | 旅と乗りもの | エアライン

関連キーワード

イチオシ記事

無料Wi-Fiに旅の手帳! JALの知られざる&知っておきたい機内サービス

飛行機の機内サービスと言われて、ドリンクサービスや機内食をイメージする人も多いだろう。確かに、カートが自分の席に近付いてくるのを遠目に見ているのは、なんだか楽しいものだ。しかし、これらのサービスは機内で実施しているサービスのごく一部。そこで今回、JALが機内で提供しているサービスについて、国内線・国際線ともに企画・運営担当者に話をうかがった。

[11:00 8/21]

新着記事

一覧

ANA、隈研吾氏監修の空港ラウンジを9/13オープン--新千歳空港から展開

ANAは9月13日、隈研吾氏が監修した国内線プレミアムメンバー向け最上級ラウンジ「ANA SUITE LOUNGE」と「ANA LOUNGE」を新千歳空港にオープンする。同ラウンジは隈研吾氏監修のもと、「一期、一会 Long History, Sparkling Moment」をコンセプトに、新しさと北海道らしさを合わせもつ空間へと生まれ変わる。

[17:14 8/23]

ANA、成田=ロサンゼルス線を増便--北米=アジア乗継地としての成田を強化

ANAグループは8月23日、2017年度下期の航空輸送事業計画の一部変更を発表。2017年度下期においては成田=ロサンゼルス線を1日2便へ増便するなど、国際線ネットワークを拡充することにより、ビジネスや観光における日本の国際競争力の強化をサポートする。

[16:36 8/23]

新着記事

一覧

ANA、国際線エコノミークラスで日本酒--「一ノ蔵」をオリジナルラベルで

ANAは9月1日より、国際線エコノミークラスの全路線においても日本酒の提供を開始する。提供するのは宮城県の銘酒蔵、一ノ蔵の「一ノ蔵 特別純米酒 辛口」で、ANAでの空の旅をイメージしたオリジナルラベルで提供する。

[16:10 8/23]

チェジュ航空、日本=韓国行き12路線が片道2,000円~のセール実施

LCCのチェジュ航空(本拠地: 韓国)は8月23日~9月5日の期間限定で、日本=韓国行き12路線が片道運賃2,000円~となる特価キャンペーンを実施。同キャンペーンは「ドキドキ おしゃれな女子旅」として、女子旅を応援する企画として実施するが、特に性別は問わない。

[11:00 8/23]

バニラエア、登録・年会費無料の「バニラエア ポイント」--1ポイント=1円

LCCのバニラ・エアは8月22日より、本邦LCCとしては初となる、搭乗ごとにポイントが貯まる独自のプログラム「バニラエア ポイント」の会員登録受付をスタートした。会員登録すると、バニラエアの航空券などの購入金額に応じてポイントが貯まるとともに、バニラエアの航空券購入時などに貯めたポイントを利用できる。

[09:34 8/23]

JAL、「JAL SKY SUITE」路線拡大--ホノルル・コナ線全便対応でハワイ線強化

JALグループは8月22日、国際線および国内線の2017年度路線便数計画の一部変更を発表した。国際線は特にハワイ路線の商品サービスの強化をし、10月からはJALのホノルルおよびコナ線は全便(4路線7便)が「JAL SKY SUITE」機材での運航となる。

[17:46 8/22]

キャセイドラゴン、エアバスA321neo32機購入へ--新たな就航地も検討

キャセイドラゴン(拠点: 香港)は現地時間の8月21日、キャセイ・パシフィック・グループとエアバスがエアバスとA321neoを32機購入する覚書(MOU)を締結したと発表した。現在のカタログ価格で約317億香港ドルとなり、機材は2020年から2023年にかけて納入される予定となっている。

[16:24 8/22]

双日と日本空港ビルデングが共同でパラオ国際空港の運営事業--海外で初参画

双日と日本空港ビルデングは8月21日、両社が設立済みの中間持株会社を通じて、パラオ共和国政府とともに空港運営事業会社「パラオ・インターナショナル・エアポート株式会社」を設立し、パラオ政府との間で、パラオ国際空港の20年間の事業権譲渡契約を締結したことを発表。これにより、双日と日本空港ビルはともに、海外での空港運営事業に初めて参画する。

[10:12 8/22]

787搭載のロールス・ロイス「トレント1000-TEN」が型式証明--年内に営業飛行

ロールス・ロイスは現地時間の8月18日、 欧州航空安全庁(EASA)より787ドリームライナーの全シリーズに搭載する同社の最新エンジン「トレント1000-TEN」に関し、型式証明を取得したことを発表した。今後、最初のエンジンをシアトルのボーイングの施設に納入し、2017年内にも営業飛行する機体に搭載する予定となっている。

[09:57 8/22]

ピーチ、累積搭乗者数2,000万人突破--1,000万人突破から約2年で達成

LCCのPeach Aviationは、8月20日に累積搭乗者数2,000万人を突破したことを記念して、8月21日0:00~23日23:59限定で「2,000万人OOKINIセール」を実施。26路線の運賃が、全て2,000円になる。同社は2015年8月6日に累積搭乗者数1,000万人突破となり、その約2年後となる2017年8月20日に累積搭乗者数2,000万人となった。

[16:52 8/21]

チェジュ航空、松山=仁川線を就航へ--11/2より週3便運航

LCCのチェジュ航空(本拠地: 韓国)は8月21日、松山=仁川線を11月2日に新規就航することを発表した。週3回(火・木・日曜日)運航を予定。松山はチェジュ航空の日本での定期路線7番目の都市であり、12番目の日韓定期路線となる。

[16:31 8/21]

ジェットスター、冬期ダイヤ販売開始--全16路線で片道1,990円~のセールも

LCCのジェットスター・ジャパンは8月21日、2017年冬期運航スケジュール(2017年10月29日~2018年3月24日)における国内全16路線の航空券を販売開始した。また、2017年冬期運航スケジュールの販売開始に合わせて、国内全16路線を対象とした片道税込1,990円~の特別セール「冬旅ちゃっかり先取りセール」を21日18時から実施する。

[16:12 8/21]

H.I.S.、全国14空港からFDAチャーター便で行く長崎ツアーを限定発売

エイチ・アイ・エス(H.I.S.)は12月22日~2018年1月15日の期間中、長崎県とフジドリームエアラインズ(FDA)と協力し、全国各地14の空港から長崎空港へのチャーター便を使用した長崎ツアーを造成・販売を開始する。

[13:05 8/21]

ANA機内食総選挙、和食1位牛すきやき丼/洋食1位オムライス--総数2万1,012票

ANAは8月18日、ANA公式facebookページにて「ANA機内食総選挙」の結果を発表。7月27日~8月6日にかけて実施していた2次投票の結果、和食1位の「牛すきやき丼」(3,518票)と2位の「とろとろ玉子の鰻玉丼」(3,272票)、洋食1位の「ビーフシチューとオムライス」(4,084票)と2位の「赤ワインで煮込んだハッシュドビーフ」(2,859票)が、12月より国際線エコノミークラス(一部路線)の機内食メニューに登場する。

[07:00 8/20]

国交省、国際旅客チャーター便の規制緩和--観光立国推進で需要掘り起こし

国土交通省はこのほど、日本国内を発着する国際旅客チャーター便に係る規制の見直しを発表。本邦を発着する国際旅客チャーター便の運航について、認められる形態の限定を撤廃することで、原則禁止から原則許可という規制のあり方に転換し、個札販売や包括旅行チャーターの用機者による卸売の要件も緩和した。

[14:27 8/18]

全日空商事、チャンギ国際空港に日本食飲食モール新設--共同で新会社設立

全日空商事はこのほど、合弁会社「SG RETAIL PARTNERS PTE LTD.(以後、SGRP)」を設立し、11月にシンガポール・チャンギ国際空港のターミナル2内の搭乗ゲート前ロビーエリアに日本食飲食モール「JAPAN GOURMET HALL SORA」を開業する。

[10:13 8/18]

ハワイアン航空、札幌=ホノルル線に3クラス搭載のエアバスA330-200導入

ハワイアン航空は現地時間の8月16日、ラグジュアリーなフルフラットシートおよびプレミアムエコノミー「エクストラ・コンフォート」を装備したエアバスA330-200を2018年2月より、新千歳空港=ホノルル ダニエル・K・イノウエ国際空港線の直行便に導入することを発表。16日より同機材によるフライトを販売する。

[11:59 8/17]

ホンダジェット、ブラジルで型式証明--中南米最大の市場で拡大目指す

ホンダ エアクラフト カンパニー(以下、HACI)は現地時間の8月8日、ホンダジェットがブラジル連邦民間航空庁(ANAC)から型式証明書を受領したと発表した。この発表は、8月15~17日にかけてコンゴニャス国際空港で開催されている、南米最大の航空ショー「2017 LABACE(Latin America Business Aviation Convention and Exhibition)」で発表された。

[10:13 8/17]

ワンワールド、破産手続きのエア・ベルリンを加盟航空会社として継続

エア・ベルリンは現地時間の8月15日、ベルリン・シャルロッテンブルク地方裁判所管理下で破産手続き開始を申請したと発表。今回の申請は経営再建計画の継続を目的としたもので、ドイツ連邦政府やルフトハンザ・グループは同社の再建を支援し、連邦政府は同社に対しブリッジローン(短期融資)を実施する。

[09:50 8/17]

航空業界ニュースをななめ読み 第5回 スクートの関空=ホノルル線参入、ジェットスターの有料会員のメリット

直近の航空業界トピックスを「ななめ読み」した上で、筆者の感覚にひっかったものを「深読み」しようという企画。今回は、スクートの関空=ホノルル線参入、ジェットスタージャパンの有料会員プログラムを刷新などについて取り上げたい。

[06:00 8/17]

キャセイグループ、年内にA350-900を22機体制、キャセイドラゴン羽田線運休

キャセイパシフィックグループは8月16日、2017年度上半期(2017年1~6月)決算での純損益が、20億5,100万香港ドル(約291億2,420万円、1香港ドル=約14.2円)の赤字となったことを発表。また、2017年内にエアバスA350-900を22機体制とし、キャセイドラゴンによる羽田=香港線は10月に運休する。

[05:30 8/17]

エア・ベルリン、エティハドの援助打ち切りで破産手続き--運航・予約は継続

エア・ベルリンは現地時間の8月15日、ベルリン・シャルロッテンブルク地方裁判所管理下で破産手続き開始を申請したと発表。今回の申請は経営再建計画の継続を目的としたもので、ドイツ連邦政府やルフトハンザ・グループは同社の再建を支援し、連邦政府は同社に対しブリッジローン(短期融資)を実施する。

[15:48 8/16]

JAL機の飾りボタン付き! 出張・旅行で使える「旅空シャツ」羽田空港で発売

メンズ・レディースファッションシャツの企画・生産・販売を行う山喜は、旅に便利な機能をもつ「旅空シャツ」を発売。JALUXとの共同企画として、JALのライセンスを受け、パッケージデザイン等もJALでの空の旅をイメージしている。8月10日より、羽田空港第1ターミナルビル内のJALUXが展開する空港店舗「BLUE SKY エアラインショップ1」などで販売している。

[15:24 8/16]

シンガポール航空、飛行訓練センター設立--CAE社とジョイントベンチャー

シンガポール航空は8月16日、CAE社と共同でシンガポールにパイロット訓練センターを設立することで合意し、覚書を交わしたことを発表した。このジョイントベンチャーは、ボーイング社製航空機用のシミュレーター提供を主に、シンガポールにおけるシンガポール航空グループやその他の航空会社のパイロット訓練のニーズをサポートする。

[11:38 8/16]

JAL、業務企画職の経験者採用30人程度実施--通年でエントリーが可能に

JALはこのほど、業務企画職(地上職 事務系・技術系)社員の経験者採用を発表。2018年1月入社で、業務企画職(地上職 事務系)社員を20人程度、業務企画職(地上職技術系)社員を10人程度、それぞれ募集している。エントリーを通年で受け付け、入社時期および選考などの詳細については、エントリー者に直接連絡される。

[06:30 8/16]

航空業界ニュースをななめ読み 第3回 JALとベトジェットの提携の意味、オリックス連合運営の神戸空港への期待

直近の航空業界トピックスを「ななめ読み」した上で、筆者の感覚にひっかったものを「深読み」しようという企画。今回は、JAL植木義晴社長のA350に関する発言と、タイガーエア・シンガポールとスクートの合併について取り上げたい。

[06:00 8/16]

ANA、羽田空港にスター・ウォーズの"キッズラウンジ"新設

ANAは8月11日より、小さな子どもが自由に遊べる「スター・ウォーズ ANAキッズラウンジ」を羽田空港国内線ANA LOUNGE(本館南)にてオープンした。同ラウンジは、「STAR WARSプロジェクト」で発表している、子どもたちにも大人気の特別塗装機「R2-D2 ANA JET」「BB-8 ANA JET」「C-3PO ANA JET」をモチーフにデザイン。

[09:33 8/11]

ANA、本田圭佑選手とスポンサー契約締結--新天地での活躍をサポ-ト

ANAは8月10日、プロサッカー選手の本田圭佑選手とのスポンサー契約を締結した。本田選手は石川県星稜高校を卒業後、名古屋グランパスエイトへ入団し、プロデビュー。その後、VVVフェンロ、CSKAモスクワ、ACミランといった世界の名門クラブを経て、今年7月よりメキシコ最古の強豪サッカークラブであるCFパチューカへ移籍した。

[09:30 8/11]

ルフトハンザ、機内で男児の赤ちゃん誕生--1965年以降11人目に

ルフトハンザ グループは8月10日、ルフトハンザ ドイツ航空の機内にて、38歳の女性が男児を出産した、と発表した。7月26日、ボゴタ(コロンビア)発フランクフルト行きのルフトハンザ ドイツ航空LH543便の機内にて、ブルガリア出身の38歳の女性が男児を出産した。

[07:56 8/11]

国交省、シルクエアーに経営許可--10/30に広島=シンガポール線就航へ

国土交通省は8月4日、シンガポール航空(SQ)の子会社で地域航空会社であるシルクエアー(本社: シンガポール)からの外国人国際航空運送事業の経営許可申請について、同日付けで許可したと発表した。

[12:36 8/9]

バックナンバー

このカテゴリーについて (旅と乗りもの>エアライン)

 トップへ
JAL・ANAなど国内外の航空会社、羽田・成田などの空港、ボーイングやエアバスなどの最新飛行機など、ニュース・レポート・コラムで航空業界の今を知る情報をお届けします。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事