マイナビニュース | 旅と乗りもの | エアライン

関連キーワード

イチオシ記事

航空業界ニュースをななめ読み 第7回 阪急電鉄の伊丹空港乗り入れが描く未来、エアアジア初の有人店舗の意義

直近の航空業界トピックスを「ななめ読み」した上で、筆者の感覚にひっかかったものを「深読み」しようという企画。今回は、阪急電鉄の伊丹空港に乗り入れ案、エアアジア初の国内対面店舗について取り上げたい。

[06:30 9/12]

新着記事

一覧

IBEX、9/27にCRJ200退役記念フライト--CRJ700へ機種統一

アイベックスエアラインズ(IBEX)は、9月をもってCRJ200を定期路線から退役させる。9月27日の仙台=広島線(IBEX35 便・36便)を退役記念フライトとして、搭乗者へのプレゼントなどを予定している。

[19:34 9/22]

スターフライヤー、国際線業務経験者の正社員採用実施--2018年1月頃入社

スターフライヤーは9月22日、2018年度ウインターダイヤからの国際線就航を目指し、国際線業務経験者の正社員採用を決定したと発表した。採用予定人数は若干名とし、入社時期は2018年1月頃、初任地は北九州空港となる。

[16:03 9/22]

新着記事

一覧

ジェットスター、「スーパースターセール」新設--有料会員は先行購入可能

LCCのジェットスター・ジャパンは9月21日、期間限定でおトクな運賃で航空券を提供する「Super Star Sale(スーパースターセール)」を開催すると発表。その第1弾となるセールを、ジェットスター・ジャパンの国内外全路線を対象として、9月26日18時より10月5日まで開催する。

[14:02 9/21]

JAL初の国内線仕様ボーイング787-8を2019年に導入--羽田=伊丹線を中心に

JALは9月21日、ボーイングが製造する国内線仕様のボーイング787-8を、2019年より初めて4機を導入することを発表した。現在JALでは、国際線機材としてボーイング787-8を25機導入し、ボーイング787-9も20機発注を経て、現在は9機を導入している。

[10:18 9/21]

エアバス、中国にA330のC&DC開設--欧州外で初のワイドボディ機向け施設

エアバスは9月20日(中国・天津)、中国の天津にエアバスA330コンプリーション&デリバリー・センター(C&DC)を開設したことを発表した。また同日、C&DCからA330が天津航空に引き渡された。

[18:02 9/20]

ジェットスター、成田=宮崎線就航へ--871円で「チキン南蛮路線」セールも

LCCのジェットスター・ジャパンは9月20日、東京(成田)=宮崎線を開設することを発表。12月21日から1日1往復2便で運航を開始し、航空券は9月21日14時から片道運賃税込5,990円~で、ホームページ、モバイルアプリ、コールセンター、コンビニエンスストア、旅行会社にて販売する。

[16:11 9/20]

チャンミンとユノで「東方神起」完全体! チェジュ航空でチャンミングッズも

LCCのチェジュ航空(本拠地: 韓国)は9月18日、イメージモデルとして活動した東方神起・ユノに続き、 同グループのチャンミンが除隊後、チェジュ航空のイメージモデルに合流したことを発表。東方神起の完全体として、チェジュ航空のイメージモデルになった2人の写真を公開した。

[09:34 9/19]

タイ・エアアジアX、関空=ドンムアン増便記念で全線片道1万2,900円セール

LCCのタイ・エアアジアXは12月1日から2018年3月24日限定で、関空=ドンムアン(バンコク)線を増便し、毎日2便就航する。今回の増便運航を記念して、9月18日~10月1日の期間、タイ・エアアジアX全線(ドンムアン、チェンマイ、プーケット、チェンライなど)の片道航空運賃を税込1万2,900円で販売する。

[12:11 9/18]

関空第2ターミナルに和雑貨専門店「のレン」誕生--限定商品も展開

コラゾンは10月1日、関西国際空港第2ターミナル(国際線ゲートエリア)に日本の文化・魅力を発信する和のセレクトショップ「のレン 関西国際空港T2店」をオープンする。空港での直営店は中部国際空港(セントレア)に続き2店舗目となり、のレン直営店は今回の大阪初出店の店舗を含め、全国で10店舗(京都・大阪で5店舗/東京・横浜・愛知で5店舗)となる。

[07:00 9/17]

空飛ぶクルマ「CARTIVATOR」が東京・愛知に拠点--"SkyDrive SD-01"の設計も

日本発の空飛ぶクルマの開発活動"CARTIVATOR(カーティベーター)"を運営するCARTIVATOR Resource Managementは9月14日、愛知・東京の2カ所に開発拠点を設置すると発表した。愛知拠点は豊田市の支援により、東京拠点は富士通とテックショップジャパンの支援により実現する。

[06:30 9/17]

ジェットスター二期連続黒字--2017年度に23機目受領、2018年春に中部拠点化

LCCのジェットスター・ジャパンは9月14日、2017年6月期決算(2016年7月1日~2017年6月 30日)で、4億9,800万円の純利益を計上し、2016年に続いて2年連続での通期での黒字を達成したことを発表した。営業収入は対前年比1%増の528億円、2017年度の搭乗者数は国内のLCCとして最多となる520万人(有償ベース)となり、平均搭乗率は前年度比2ポイント増の85%となった。

[06:30 9/15]

キャセイパシフィック、A321neo32機を確定発注--キャセイ・ドラゴンで導入

キャセイパシフィック航空(拠点: 香港)は現地時間の9月13日、32機のA321neoの発注を確定した。8月に締結した覚書が正式発注になったものであり、この航空機は、グループの地域運航会社であるキャセイ・ドラゴンにて、本拠地である香港とアジア全域を結ぶ路線において導入される。

[06:00 9/15]

カンタス航空、関空=シドニー線を通年運航に拡大--エアバスA330で週3便

カンタス航空(本社: オーストラリア/シドニー)は9月14日、12月14日に就航予定の大阪(関西)=シドニー間の直行便を通年運航に拡大すると発表した。同路線は、週3便、エアバスA330での2クラス制での運航となり、大阪=シドニー間を直行便で結ぶ唯一の便となる。

[10:27 9/14]

ジェットスター・ジャパン、経営体制の変更で片岡優氏が代表取締役社長に

LCCのジェットスター・ジャパンは9月13日、経営体制の変更を発表。9月8日付けで代表取締役会長の片岡優氏が代表取締役社長に就任、ジェリー・ターナー氏がCEOを退任し、ジェットスター・ジャパンの会長に就任した。

[16:02 9/13]

エミレーツ、年内に100機目のエアバスA380受領--往復5万4400円~のセールも

エミレーツ航空(本社: アラブ首長国連邦・ドバイ)は9月12日、2017年内に100機目となるエアバスA380を受領することを発表。これを記念して、9月12日から9月21日までの期間、同社の公式ウェブサイトにおいて「100機目のA380受領記念キャンペーン」を実施し、往復航空券をひとりエコノミークラス5万4,400円から、ビジネスクラス37万2,500円から販売する。

[06:30 9/13]

フィンエアー、AI搭載チャットボット「Finn」開始--質問に動画も交えて対応

フィンエアーグループ(本社: フィンランド)は現地時間の9月5日、フィンエアーのFacebookグローバルアカウントのメッセンジャー上で、人工知能(AI)搭載チャットボット「Finn(フィン)」の運用を開始したと発表した。FinnはFacebookを通じて、フィンエアーの利用者の旅行にさまざまなサポートを行う。

[15:26 9/12]

日本観光の王道を超える旅を! JAL×トリップアドバイザーで世界に日本発信

JALとトリップアドバイザーは9月11日、訪日旅客の増加が見込まれる2020年に向け、トリップアドバイザーサイト上に構築する日本特集サイト「Untold Stories of Japan」(知られざる日本)で、日本の知られざる魅力を発信するサービスを発表。10月中旬以降の公開を予定しており、まずは東北地方、九州地方、沖縄、東京近郊の都市に焦点をあてた映像コンテンツを中心に展開していく。

[06:00 9/12]

航空業界ニュースをななめ読み 第6回 エアベルリン破産の裏事情、双日&日本空港ビルの海外空港初運営の論点

直近の航空業界トピックスを「ななめ読み」した上で、筆者の感覚にひっかかったものを「深読み」しようという企画。今回は、エアベルリンの破産申請と、双日と日本空港ビルデングのパラオ国際空港の運営事業について取り上げたい。

[06:30 9/11]

オーストリア航空、プレミアムエコノミー予約開始--767全11機を改修へ

オーストリア航空は9月5日より、2018年3月以降のフライトにおいて新しいプレミアムエコノミークラスの予約受付を開始した。対象機材はボーイング767で、9月5日に1機目への搭載準備を進め、同社が保有する同型機全11機について段階的に改修作業を実施していく。また、2018年春に納入される12機目に関しても、プレミアムエコノミークラスの設置を予定している。

[07:00 9/10]

キャセイドラゴン航空、羽田=香港線を再開へ--機材繰りに目処を得て

キャセイドラゴン航空(拠点: 香港)は9月8日、10月29日からの冬期スケジュールで運休を予定している羽田=香港線について、期中の2018年3月1日より運航を再開することを発表した。グループの機材繰りやネットワークの最適化の結果、冬期スケジュールを通じて運休する予定としていたが、機材繰りの目途が立ったこと、また、非常に人気の高い便であることから、再開する運びとなった。

[07:00 9/9]

ANA、ロックバンド「KEYTALK」と旅をテーマにコラボ--限定ライブに招待も

ANAは9月8日より、人気ロックバンドKEYTALKとタイアップしたキャンペーン「音楽と旅が大好きだ#KEYTALKとANA旅」を開始した。オススメの旅先を募集し、ANA公式TwitterアカウントやANA特設サイト内で、KEYTALKが実際に旅行する様子を楽曲に乗せて動画配信するなど、KEYTALKの貴重なオフショットを交えながら音楽と旅の魅力を発信する。

[06:30 9/9]

ANAのA321neo初号機が羽田到着! A321neoから始まる新サービスも--写真41枚

9月8日、ANAが日本の航空会社として初めて受領したエアバスA321neo(new engine option)が羽田空港に到着した。ANAのA321neo初号機(JA131A)は、9月12日のANA641(羽田発/熊本行き)を皮切りに、国内線で運用を予定。ANAは2023年度末までに、22機のA321neoを導入する見通しとなっている。

[21:33 9/8]

MRJの8月進捗--国交省パイロットが計4回の慣熟飛行を実施

三菱航空機は9月8日、次世代リージョナルジェット機MRJ(Mitsubishi RegionalJet)に関するWEB情報発信ツール「MRJ Newsletter」第27号で進捗を発表。8月5~7日に国土交通省航空局(JCAB)パイロットによるMRJの慣熟飛行を実施したことを報告している。

[11:26 9/8]

JAL、羽田=ニューヨーク線でのエンジン不具合で重大インシデント認定

国土交通省航空局は9月6日、JALのJAL006便(羽田発/ニューヨークJFK行)にて9月5日にエンジンの不具合が発生した件を重大インシデントに認定した。「発動機の破損(破片が当該発動機のケースを貫通した場合に限る。)」に準ずる事態として、現在、運輸安全委員会が調査を行っている。

[06:00 9/8]

JAL、インドのVISTARAとコードシェア等実施--印内ネットワークは最大21地点

JALとVISTARA(拠点: インド)は9月7日、利用者の利便性とサービス向上、相互送客による企業価値向上を目的とし、コードシェアを2018年度中に実施することを発表。マイレージ提携については準備が整い次第、2018年度以降に開始する。

[19:36 9/7]

ANAがエアバスA321neo受領、9/8日本到着--電動リクライニングシートも導入

ANAは9月5日、ドイツ・ハンブルクにてエアバス社よりA321neo(new engine option)を日本の航空会社として初めて受領した。受領した初号機は9月8日に日本へ到着し、9月中旬より、国内線の羽田発着路線の定期便で運航開始を予定している。

[15:25 9/7]

ユナイテッド航空、ブルックスブラザーズ等と協業で7万人の制服開発

ユナイテッド航空(本社: シカゴ)はこのほど、世界的なデザイン・アパレル企業3社の協力を得て、同社の7万人を超える社員のユニフォームの新デザインを開発すると発表。新ユニフォームの導入開始は2020年を予定している。更に、旅行、ビジネス、ライフスタイル分野の高級服飾雑貨の一流ブランド、トゥミと提携し、2万4,000人に上るフライトアテンダントのキャリーケースのオフィシャルプロバイダーに任命した。

[18:43 9/6]

チェジュ航空×東方神起のキャンペーンサイト開設--ユンホの特別動画も公開

LCCのチェジュ航空(本拠地: 韓国)は9月6日、韓国100%エンターテインメントチャンネル「Mnet」および日本初の韓国エンタメ動画配信サービス「Mnet Smart」を運営するCJ E&M Japan と、新イメージモデルである東方神起の就任を記念した新規キャンペーンの特設サイトをオープンした。

[12:35 9/6]

東京スカイツリーがJALカラーに--空の日に「TOKYO SKY WORLD」開催

JALと東京スカイツリーを運営する東武タワースカイツリーは9月9日~9月30日、東京スカイツリーにおいて、「空の日」特別企画「TOKYO SKY WORLD」を開催する。期間中、新しいデザインの「空の日」特別ライティングや、貴重な展示品でJALの歴史を紹介する「JAL ミュージアム in TOKYO SKYTREE」など、「空」をテーマにさまざまな催しを行う。

[15:01 9/4]

ジェットスター・パシフィック、9/1に関空=ハノイ線就航--初便はほぼ満席

LCCのジェットスター・パシフィック航空(本社: ベトナム)は、9月1日に大阪(関西)=ベトナム(ハノイ)線(ダナン線は9月2日)の運航を開始。ベトナム・ハノイ行きの初便(BL621)は、1日22時16分にほぼ満席の乗客を乗せて関西国空港を出発し、ハノイ・ノイバイ国際空港に2日1時10分(現地時間)に到着した。

[12:09 9/4]

バックナンバー

このカテゴリーについて (旅と乗りもの>エアライン)

 トップへ
JAL・ANAなど国内外の航空会社、羽田・成田などの空港、ボーイングやエアバスなどの最新飛行機など、ニュース・レポート・コラムで航空業界の今を知る情報をお届けします。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事