マイナビニュース | インタビュー(1ページ目)

    ヘッドライン

    2017年03月26日(日)

    オスカー女優ブリー・ラーソン、キングコングの手のひらに乗った感想は?

    『ルーム』(15)で社会から隔離された母親役で研ぎ澄まされた演技を見せ、第88回アカデミー賞主演女優賞に輝いたブリー・ラーソン。超大作『キングコング:髑髏島の巨神』では男前な戦場カメラマン役で、キングコングと共演した。来日したブリーが、過酷だったロケの秘話を語ってくれた。

    [23:00 3/26]  

    『LEADERSII』で郷ひろみが初の悪役! キャスティングの妙を伊與田Pが語る

    TBSが気合十分に放つスペシャルドラマの続編、きょう26日放送の『LEADERSII』(21:00~23:24)が熱い! 前作『LEADERS』は国産自動車の開発に人生を懸けた男たちの真実を描く感動作で、2014年の放送当時、多くの人々の胸を揺さぶった。その反響を受けて制作されたパート2では、佐藤浩市ら前作からの続投キャストと、内野聖陽ら新たなキャストが絶妙なアンサンブルを繰り広げ、まるで交響曲のように味わい深いドラマに仕上がった。

    [20:22 3/26]  

    TBS最強チームが放つ『LEADERSII』- 伊與田Pが語るドラマ作りへの情熱

    第2次世界大戦前後、国産自動車の開発と販売に尽力した男たちがいた! 本作は、TBSが威信をかけて放つスペシャルドラマの続編『LEADERSII』(3月26日21:00~23:24)。今夜の放送を前に、本作を手掛けた制作陣の1人、伊與田英徳プロデューサーを直撃した!

    [19:00 3/26]  

    土屋太鳳、役作りのための一人暮らしで挑んだ映画『PとJK』 - ダンスも演技も細部を大切に

    抜群の透明感とひたむきさで多くの映画・ドラマのヒロインとして活躍を見せる女優・土屋太鳳。今回は、同作の撮影現場での話や、作品に出るときに心がけていること、またNHKの紅白歌合戦でも話題となったダンスでの表現などについて、話を聞いた。

    [11:00 3/26]  

    2017年03月25日(土)

    杉原杏璃、グラドル引退報道の真相語る…理想の引き際と"ナンバーワン"の夢 - 9000字の記録【最終回】

    グラビアアイドルとして10年以上活躍し続ける"レジェンド"杉原杏璃(34)が、自伝的小説を自らの主演で実写化。映画『...and love』(3月18日公開)は、フィクションとノンフィクションが入り混じり、「これって本当なの?」と引き込まれてしまう。今回の約9000字インタビューは、映画の描写をヒントに、全5回にわたって杉原の過去を掘り下げていく。

    [11:00 3/25]  

    結婚発表の鈴木あきえ、仕事&育児両立の「スーパーママになります!」- 子供番組への強い思いも

    TBS系情報番組『王様のブランチ』のリポーター・鈴木あきえ(30)と、昨年9月まで同番組のプロデューサーを務め、彼女の才能を高く評価する高橋一晃氏(51)の対談インタビュー後編。今回は、鈴木のプライベートや将来の目標をテーマに話を聞いた。今月11日にはテレビディレクターとの結婚を発表した鈴木の目標は、仕事も家庭も全力投球の「スーパーママ」。仕事では「子供番組出演」、プライベートでは「子だくさんママ」を目指すという。

    [10:00 3/25]  

    トム・ヒドルストン明かす『キングコング』の過酷ロケ「体の限界を知れた」

    待ってました! スマートなナイスガイ、トム・ヒドルストンが超大作『キングコング:髑髏島の巨神』(3月25日公開)を引っさげて初来日! 『マイティ・ソー』や『アベンジャーズ』シリーズの悪役ロキを演じて大ブレイクしたトムは、日本で"トムヒ"と呼ばれて人気を博している。本作でトムが演じたのは、遠征隊の隊長・ジェームズ・コンラッド役。トムにインタビューし、過酷を極めたというロケでのエピソードについて聞いた。

    [09:30 3/25]  

    2017年03月24日(金)

    佐藤浩市、演技も自然とヒートアップ!「クールな東出くんも変わった」熱き男たちの物語『LEADERSII』

    あの"愛知佐一郎"が帰ってくる! 第二次世界大戦後の日本で、国産自動車の開発に人生をかけた人間たちの物語を描いたTBS系スペシャルドラマ『LEADERS』(2014年)の続編『LEADERSII』が、3月26日(21:00~23:24)に放送される。前作に続き、佐一郎を演じる俳優の佐藤浩市にインタビュー。豪華な新キャストや壮大なロケ、また演じた佐一郎の魅力などを聞いた。

    [20:26 3/24]  

    『BLUE GIANT』を最良のジャズ入門書に変えた作者・石塚真一氏の「変換力」 - "計算ではできないソロ"に込めた自由な表現への憧れ

    音が"聴こえてくる"ジャズ漫画に夢中だ。ページに極薄のスピーカーが仕込まれているワケではなく、もちろんこれは比喩で、あくまでそんな"感じがする"ということなのだが、この作品を読んだ時の気持ちを説明するのにこれ以上ぴったりの表現もない。実際にファンからも同様の声が多く寄せられるという。仙台の高校生・宮本大が、世界一のサックスプレーヤーを目指す姿を描く漫画『BLUE GIANT』のことだ。

    [19:04 3/24]  

    中山優馬×石田衣良×瀧本智行監督、役者・原作者・監督が自分を追い込んだ『北斗』の魅力と凄み

    小説家・石田衣良による作品『北斗 ある殺人者の回心』が25日よりWOWOWで『連続ドラマW 北斗 -ある殺人者の回心-』として放送される。今回は、主演の中山、原作の石田、そしてメガホンをとった瀧本智行監督の3人が、それぞれの視点から作品を振り返る。

    [11:00 3/24]  

    杉原杏璃、親に家をプレゼントした思いとは? グラビアアイドルと家族の関係- 9000字の記録【第4回】

    グラビアアイドルとして10年以上活躍し続ける"レジェンド"杉原杏璃(34)が、自伝的小説を自らの主演で実写化。映画『...and love』(3月18日公開)は、フィクションとノンフィクションが入り混じり、「これって本当なの?」と引き込まれてしまう。今回の約9000字インタビューは、映画の描写をヒントに、全5回にわたって杉原の過去を掘り下げていく。

    [10:30 3/24]  

    新生活にMacは欠かせない - 新社会人・大学生へ贈る先輩からのアドバイス

    間もなく新年度。新しい道へ進む方々は、不安と期待の入り混じる気持ちで過ごしている時期かもしれない。そんな時は、その道の先輩からのアドバイスが役に立つだろう。今回は実績ある二人の先輩をお招きし、ご自身の経験と共に新大学生・新社会人に向けてのメッセージを語ってもらった。

    [09:00 3/24]  

    「IoT成功のカギはデータの可用性」 - Veeamバイス・プレジデント

    従来のバックアップ/リストア製品とは一線を画した「アベイラビリティソリューション」の提供で新市場を開拓しているVeeam Software。日本法人設立から約1年を経て、国内での知名度も高まってきた。このたび来日した、アジア・日本担当バイス・プレジデントのエフェンディ・イブラヒム氏と、日本法人でシステムズ・エンジニアリング・マネージャーを務める吉田幸春氏に、日本市場の展望を聞いた。

    [09:00 3/24]  

    2017年03月23日(木)

    杉原杏璃の挫折「演技」「ファンとの接し方」とは? 肘井美佳との運命的再会- 9000字の記録【第3回】

    グラビアアイドルとして10年以上活躍し続ける"レジェンド"杉原杏璃(34)が、自伝的小説を自らの主演で実写化。映画『...and love』(3月18日公開)は、フィクションとノンフィクションが入り混じり、「これって本当なの?」と引き込まれてしまう。今回の約9000字インタビューは、映画の描写をヒントに、全5回にわたって杉原の過去を掘り下げていく。

    [11:30 3/23]  

    鈴木あきえ「歴史に残るロケを作り続ける!」-『王様のブランチ』10年で培ったトーク術で貢献誓う

    2007年2月からTBS系情報番組『王様のブランチ』のリポーターを務め、今年2月で10周年を迎えたタレントの鈴木あきえ(30)。いつも笑顔で元気いっぱい、番組でも群を抜いたコミュニケーション能力で存在感を放っている彼女だが、昔は人見知りで同番組をきっかけに自らを変えていく努力をしたのだという。このたびその克服方法や習得したトーク術、番組への思いなどについて聞いた。

    [10:00 3/23]  

    2017年03月22日(水)

    杉原杏璃から新人へ「いつまでもかわいいと思うなよ」 窮地救ったブログの存在 - 9000字の記録【第2回】

    グラビアアイドルとして10年以上活躍し続ける"レジェンド"杉原杏璃(34)が、自伝的小説を自らの主演で実写化。映画『...and love』(3月18日公開)は、フィクションとノンフィクションが入り混じり、「これって本当なの?」と引き込まれてしまう。今回の約9000字インタビューは、映画の描写をヒントに、全5回にわたって杉原の過去を掘り下げていく。

    [11:30 3/22]  

    "板みたいな"PCでゲーム環境をもっと自由に - G-Tuneから超スリムPC「NEXTGEAR-SLIM」シリーズが登場

    マウスコンピューターのゲーミングPCブランド「G-Tune」からユニークな新シリーズ「NEXTGEAR-SLIM」が登場した。一見ただの"板"に見えるが、実はIntel Core i7-6700HQとNVIDIA GeForce GTX 1070を搭載したハイスペックマシンなのだ。今回、マウスコンピューターの製品担当者に「NEXTGEAR-SLIM」投入の狙いと製品の詳細について話を聞いた。

    [11:12 3/22]  

    永野芽郁は、なぜ泣いたのか? 2つの涙の意味を聞く - UQモバイルCMでもおなじみ、ブレイク女優の"1年半"

    永野芽郁(17)をインタビューしたのは約1年半前。期待と不安の胸の内を正直に話してくれたあの日から、永野は凄まじい勢いで人気女優の階段を駆け上がっていく。初主演映画『ひるなかの流星』完成披露試写会の舞台あいさつと、友人の舞台を観劇した後の涙。それぞれどのような思いから溢れたのか?

    [10:30 3/22]  

    2017年03月21日(火)

    杉原杏璃、なぜ自伝的映画は"グレー"? 「思い出して泣けてくる」過去の描写- 9000字の記録【第1回】

    グラビアアイドルとして10年以上活躍し続ける"レジェンド"杉原杏璃(34)が、自伝的小説を自らの主演で実写化。映画『...and love』(3月18日公開)は、フィクションとノンフィクションが入り混じり、「これって本当なの?」と引き込まれてしまう。今回の約9000字インタビューは、映画の描写をヒントに、全5回にわたって杉原の過去を掘り下げていく。

    [10:00 3/21]  

    大河原克行のWindows 10 PC探訪記 NEC編 - 「軽量化の追求だけでは限界がある」新LAVIE Hybrid ZERO開発者に聞く

    NECパーソナルコンピュータが、第4世代となる軽量モバイルノートPC「LAVIE Hybrid ZERO」を2017年3月2日から発売した。最軽量のHZ350/GAシリーズは360度回転型の2in1 PC。軽量化が困難とされる構造ながら、さらに軽い約769gを達成し、軽さへのこだわりを見せつけた。

    [08:00 3/21]  

    2017年03月19日(日)

    フラーに、2017年のアプリトレンドと新サービス「Joren」について聞いてきました

    100万ダウンロードを超える数々のヒットアプリや、スマートフォンアプリ分析プラットフォーム「App Ape(アップエイプ)」を手掛け、創業当時からスマホアプリをドメインとして事業を展開するフラー株式会社。スマホアプリのスペシャリストである彼らに、スマホアプリの最新トレンドと、2017年1月にリリースされたばかりの新サービス「Joren(ジョーレン)」についてお話を聞いてきました。

    [12:42 3/19]  

    2017年03月18日(土)

    テレビ屋の声 - 第13回 福田雄一氏『左江内氏』の演出は「迷いが全くない!」-『ヨシヒコ』でのフジテレビいじりは"愛"

    注目を集めるテレビ番組のディレクター、プロデューサー、放送作家、脚本家たちを、プロフェッショナルとしての尊敬の念を込めて"テレビ屋"と呼び、作り手の素顔を通して、番組の面白さを探っていく連載インタビュー「テレビ屋の声」。今回の"テレビ屋"は、きょう18日に最終回を迎える日本テレビ系ドラマ『スーパーサラリーマン左江内氏』で、脚本と演出を手がける福田雄一氏だ。

    [08:00 3/18]  

    2017年03月17日(金)

    満島真之介、「1%の不安と99%の好奇心」 で仕事に取り組む - アニメ声優2作目の挑戦

    現在、ドラマ・映画・舞台などで幅広く活躍する俳優・満島真之介。映画『ひるね姫 ~知らないワタシの物語』(3月18日公開)で、声優と出演する。今回は2作目となったアニメ作品への思いや、人生・役者観についての話を満島に聞いた。

    [11:30 3/17]  

    2017年03月16日(木)

    屋比久知奈&尾上松也が語る『モアナと伝説の海』のメッセージ - 声優参加の喜びと役割も

    ディズニー・アニメーション最新作『モアナと伝説の海』で、海に選ばれた少女モアナと伝説の英雄マウイを、沖縄出身の新星・屋比久知奈と多方面で活躍中の歌舞伎俳優・尾上松也が声優として演じている。2人は劇中で素晴らしい歌声を披露するとともに、それぞれモアナとマウイが抱いている希望や葛藤、情熱や挫折など、ありとあらゆる感情を繊細に演じ切っている。「誰もが共感する作品」と口をそろえるふたりに、作品のことを聞いた。

    [12:00 3/16]  

    2017年03月15日(水)

    おしゃれでカワイイ!と女の子に人気のC CHANNELに、次世代動画プラットフォームとしての広告戦略と海外展開について聞いてきました。

    LINEの元代表・森川氏が立ち上げた動画メディアとして注目を集めたC CHANNELですが、2015年4月のβ版リリースから1年8か月で早くもアジア各国に展開、動画再生数も急激に伸ばしています。C CHANNELがなぜ短い期間でここまで成長したのか、海外展開を成功させることができたのか。動画メディア運用の現場で実感されていることを、海外事業責任者 肥沼さんと、クリッパー兼ディレクターの清水さんに詳しくお話いただきました!

    [10:00 3/15]  

    声優・河本啓佑&柿本広大監督、『CYBORG009 CALL OF JUSTICE』制作秘話披露 - Netflix独占配信に際し今だから話せる本音に迫る

    『CYBORG009 CALL OF JUSTICE』の監督を務めた柿本広大氏と、主人公である島村ジョー役の声優・河本啓佑氏に今だからこそ話せる本音を伺った。

    [10:00 3/15]  

    効率化の基準は「言葉の数」にあり - 未来食堂から学ぶ「超合理的仕事術」

    現代組織によくある仕事スタイルに一石を投じる、「せかい的未来思考」はどこからやってくるのか。未来食堂 小林せかいさんにお話を伺った。

    [07:30 3/15]  

    2017年03月14日(火)

    アニメ映画大ヒットの陰で実写が伸びない、内容以前の問題 - 『秘密結社鷹の爪』FROGMAN氏が危惧する映画メディアの不在

    2016年は邦画において、『君の名は。』や『この世界の片隅に』が"予想を上回る"大ヒットを記録した"アニメ映画の年"だった。この現象を、今年は"アニメ映画が豊作だった年"、"良作に恵まれた年"と解釈することもできるが、アニメ『秘密結社鷹の爪』シリーズを手がけてきたFROGMAN氏は「それだけではない」と指摘する。

    [21:23 3/14]  

    "時事芸人"プチ鹿島が新入社員に教えたい新聞の読み方

    3月9日に、“時事芸人”であるプチ鹿島氏による『芸人式新聞の読み方』(幻冬舎)が発売された。一般朝刊紙に朝刊スポーツ紙、夕刊紙と幅広く新聞を読み込んでいる同氏に、新聞の面白さや、読み方のコツを伺った。

    [07:30 3/14]  

    5G・IoT時代のセキュリティ - データのプライバシ-をどう管理する?

    KDDIの技術統括本部技術開発本部長の宇佐見正士氏は、「IoT向けのプライバシーデータマネージメント」と題した講演をMobile World Congress(MWC) 2017で行った。これは、同社が開発する「Privacy Policy Manager」を海外向けに解説したものだ。この講演と宇佐見氏へのインタビューから、KDDIによるPrivacy Policy Manager(PPM)の詳細を紹介する。

    [06:00 3/14]  

    2017年03月13日(月)

    三代目JSB山下健二郎、”ザ・恋愛ドラマ”で表現した等身大の恋 - 所ジョージのような大人を目指す

    現在、続々とサービスが伸びている動画配信サービス内において、新たにdTVとフジテレビが共同制作するドラマ『Love or Not』(3月20日スタート)が注目を受けている。男女6人の恋模様が交錯する王道ラブストーリーに挑む山下に、話を聞いた。

    [11:30 3/13]  

    大政絢、"過去の否定"から見えたもの「あの時は負けたくなかった」 - 年齢を重ねて変化した仕事観

    数多くの偉人たちが「変化」にまつわる格言を残している。「成功体験を含めた過去の否定」が重要だと諭された大政絢(26)は何を思うのか?

    [10:00 3/13]  

    2017年03月11日(土)

    『哭声』ナ・ホンジン監督、國村隼の演技を絶賛「撮影の日を待ち焦がれていたほど」

    『チェイサー』(08)、『哀しき獣』(10)のナ・ホンジン監督最新作『哭声/コクソン』(3月11日公開)は、日本を代表する名優・國村隼が参加したサスペンス・スリラーだ。得体の知れないよそ者の”山の中の男”が平和な田舎の村に現れ、同時に村人が自身の家族を残虐に殺す事件が多発していくという謎の事態を、ヒリつくようなリアリスティックな描写の数々で映像化。映画の日本公開前に来日したナ・ホンジン監督と“よそ者”役の國村隼が、超衝撃作について語った。

    [11:56 3/11]  

    2017年03月10日(金)

    革ジャンとラムネと一番風呂…「ウルトラマンオーブ」異色の"風来坊"主人公、石黒英雄がこだわった「子どもに愛される」キャラ作り

    ウルトラマンシリーズ最新作「ウルトラマンオーブ」の映画『劇場版 ウルトラマンオーブ 絆の力、おかりします!』が、3月11日より全国劇場にてロードショー公開される。

    [21:00 3/10]  

    『モアナと伝説の海』王道ではないディズニープリンセス誕生秘話、監督明かす

    本年度のアカデミー賞で長編アニメーション賞と主題歌賞にダブルノミネートされた、ディズニー・アニメーション最新作『モアナと伝説の海』が、いよいよ3月10日公開に! "海に選ばれた少女"モアナが伝説の英雄マウイと出会い、悩み葛藤しながら自分の道を見つけていく姿を描くファンタジー・アドベンチャーを放った監督は、『アラジン』、『リトル・マーメイド』を生み出したディズニーの巨匠、ジョン・マスカーとロン・クレメンツ監督。来日したご両人に、『モアナと伝説の海』が誕生するまでの秘話をうかがった。

    [13:49 3/10]  

    Nutanix町田新社長が語る、国内における事業展開と目指す場所

    ITインフラの運用管理によるコスト高や人材不足が叫ばれる昨今、IT業界で異彩を放つのがNutanixだ。2009年にGoogle File SystemやOracle Exadataの開発メンバーらにより米国デラウェア州で創業し、現在は同カルフォルニア州サンノゼに本社を構えている。同社は、これまでグローバルで4600社、国内では350社に対し、製品の導入実績を誇っており、日本法人は2013年に設立した。今回、2016年11月に就任したニュータニックス・ジャパン合同会社 マネージング ディレクター 兼 社長の町田栄作氏に国内における事業戦略について話を聞いた。

    [11:00 3/10]  

    "おじさんだらけのテラスハウス"にまさかの熱い注目! 『バイプレイヤーズ』プロデューサーが明かす人気の裏の意識(後編)

    「おじさんだらけのテラスハウス」……そんな触れ込みではじまった、テレビ東京系ドラマ24『バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~』。反響の裏でどのようなことを考えているのか、テレビ東京 濱谷晃一プロデューサーに話を聞いた。

    [11:00 3/10]  

    バイきんぐ小峠、気付いたらドッキリ芸人No.1に - アントニーも才能絶賛「雲の上の存在」

    「バイきんぐの小峠英二は、ドッキリ界の雲の上の存在だ」。同じ芸人の立場からも、小峠のドッキリにおける技術は完全無欠だと、マテンロウのアントニーは絶賛する。それは数字にも結び付いており、「ドッキリにかけられた芸能人ランキング」で、小峠は2014年、2015年の2年連続1位だ。このたび、2月22日に発売されたTBS系バラエティ番組『水曜日のダウンタウン』のDVDでも存分に存在感を発揮している小峠とアントニーに、ドッキリへの思いやドッキリ芸人ならではの"あるある"話、今年の目標などを聞いた。

    [10:00 3/10]  

    2017年03月09日(木)

    "おじさんだらけのテラスハウス"にまさかの熱い注目! 『バイプレイヤーズ』プロデューサーが明かす人気の裏の意識(前編)

    「おじさんだらけのテラスハウス」……そんな触れ込みではじまった、テレビ東京系ドラマ24『バイプレイヤーズ~もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら~』。反響の裏でどのようなことを考えているのか、テレビ東京 濱谷晃一プロデューサーに話を聞いた。

    [11:00 3/9]  

    "片付け"はしなくていい!? センス0で始める"素敵な部屋"の作り方を教わった

    日本ホームステージング協会の杉之原冨士子さんは、部屋を思い通りに"演出"する「ホームステージング」のプロフェッショナルだ。今回は、杉之原さんから教わった、センスゼロの人間でもできる"素敵な部屋"の作り方を紹介したい。

    [06:00 3/9]  

    2017年03月08日(水)

    岡副麻希が愛される理由 - どんなに多忙でも欠かさない"感謝の形"「すごくお世話になってるから」

    天真爛漫なキャラクターで人気を集め、今やバラエティ番組にも引っ張りだこのフリーアナウンサー・岡副麻希。話を聞くと、画面からは見えない周囲への気づかいや謙虚な人柄が伝わってきた――。

    [08:00 3/8]  

    2017年03月07日(火)

    新Xperiaのカメラシステム「Motion Eye」を開発陣に聞く

    ソニーモバイルコミニュケーションズがMobile World Congress(MWC) 2017で発表したXperiaスマートフォン「Xperia XZ Premium」や「Xperia XZs」。この2モデルはカメラシステムとして新たに「Motion Eye」を搭載。Gレンズ、センサー、画像処理エンジンBIONZ for mobileを一新し、システム全体としてブランド名をつけたものだ。今回の新Xperiaには、Motion Eyeによってもたらされた多くの新機能が詰め込まれている。特徴を開発陣に聞いた。

    [16:23 3/7]  

    天海祐希、娯楽の多様化は「言い訳にしない」- 連ドラシリーズ百戦錬磨の座長が語る『緊急取調室』への覚悟

    "キントリ"の愛称で親しまれた天海祐希主演のテレビ朝日系ドラマ『緊急取調室』が、4月からシーズン2として帰ってくる。主演の天海祐希に、作品への意気込みや、これまであまり語られることのなかった幼少時代のエピソードまでを"取り調べ"した――。

    [07:00 3/7]  

    2017年03月06日(月)

    村上淳、テレ東深夜『銀と金』『バイプレイヤーズ』『山田孝之のカンヌ映画祭』3番組出演で実感したテレビ東京の魅力とは?

    途切れることなく精力的に活躍する村上だが、実は以前から「テレビ東京のドラマに出たい」と言っていたという。テレビ東京に魅力を感じるのはなぜなのか、また年齢による俳優としての考え方など、話を聞いた。

    [17:00 3/6]  

    "金融の民主化" - ロボアドバイザーのウェルスナビが目指すFinTechサービス

    日本発のFinTech企業であるWealthNavi(ウェルスナビ)は、富裕層や機関投資家が使う金融アルゴリズムを提供するロボアドバイザーサービスを提供している。いわば、全自動の資産運用サービスだ。さらに同社は、クレジットカードや電子マネーによって買い物した際の端数を自動的に積み立て、500円に達するとその都度投資を行うというサービスを今春にも提供開始する。同社が目指すFinTechサービスとはどういうものなのだろう。CEOの柴山和久氏に話を伺った。

    [11:35 3/6]  

    『べっぴんさん』君ちゃん、なぜ愛されるのか? 土村芳"笑わない写真"の今 - 朝ドラ書類選考の"一行目"が物語る魅力

    NHK連続テレビ小説『べっぴんさん』で、"君ちゃん"こと村田君枝役を演じる女優・土村芳(26)。2013年に事務所入りし、女優としてデビュー間もない彼女がなぜ抜てきされることになったのか。

    [10:30 3/6]  

    2017年03月04日(土)

    極楽とんぼ、24時間生番組へ全力宣言「おっさんにはおっさんの良さがある」

    昨年10年ぶりにコンビ復活を果たしたお笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次(47)と山本圭壱(49)。先月19日には一夜限りで復活したTBSラジオ『極楽とんぼの吠え魂』で息の合った掛け合いを繰り広げたが、今度はインターネットテレビ局・AbemaTVで24時間の生番組『極楽とんぼ「KAKERU TV」~24時間AbemaTV生JACK~』(3月4日21:00~5日21:00)に挑む。放送を前に2人にインタビュー。第3弾(最終回)となる本記事では、この24時間生番組への意気込みを伝える。

    [10:00 3/4]  

    2017年03月03日(金)

    i☆Ris、14tシングル「Shining Star」座談会 - 毎年武道館で公演できるくらいグループ・個人として力を付けていきたい

    2017年3月8日に14tシングル「Shining Star」をリリースする声優とアイドルのハイブリッドユニット・i☆Ris。シングルの魅力や聴きどころはもちろん、2017年で結成5周年を迎えるi☆Risの今後について想いを語ってもらった。

    [18:00 3/3]  

    「フラッグシップ『AXON』に注力」ZTEに聞くスマホ事業戦略と日本市場の展開

    スペイン・バルセロナで3月2日まで開催された「Mobile World Congress 2017」で、ZTEは5G向けコンセプト機「Gigabit Phone」を発表した。Gigabit Phoneは下り最大1Gbpsの通信が可能な5Gに向けたコンセプトで、今後2~3年をめどに実現を目指す。会期中、ZTEモバイルデバイス EMEA及びAPAC担当CEO、Jacky Zhang氏に、日本市場での取り組み、差別化などについて聞いた。

    [17:40 3/3]  

    極楽とんぼの決意「若手と同じく一つ一つ真摯に」- 加藤、山本へ「今の気持ち忘れずに」

    昨年10年ぶりにコンビ復活を果たしたお笑いコンビ・極楽とんぼの加藤浩次(47)と山本圭壱(49)。先月19日には一夜限りで復活したTBSラジオ『極楽とんぼの吠え魂』で息の合った掛け合いを繰り広げたが、今度はインターネットテレビ局・AbemaTVで24時間の生番組『極楽とんぼ「KAKERU TV」~24時間AbemaTV生JACK~』(3月4日21:00~5日21:00)に挑む。放送を前に2人にインタビュー。第2弾(全3回)となる本記事では、今後の目標について語ってもらった。

    [10:00 3/3]  

    バックナンバー

    人気記事

    一覧

    イチオシ記事

    新着記事