マイナビニュース | テクノロジー | サイエンス | ヘッドライン(2015)(1ページ目)

ヘッドライン

2015年12月31日(木)

周期表に日本発の元素が追加-113番元素の命名権を日本の研究グループが獲得

理化学研究所(理研)は12月31日、理研 仁科加速器研究センター超重元素研究グループの森田浩介グループディレクター(九州大学大学院理学研究院教授)を中心とする研究グループ(森田グループ)が発見した「113番元素」を、国際機関が新元素であると認定し、同グループに同元素の命名権が与えられたと発表した。

[20:51 12/31]

2015年12月28日(月)

OISTなど、海藻から抽出した高分子のカプセルで糖尿病治療に新たな道

沖縄科学技術大学院大学(OIST)は12月25日、糖尿病治療に新たな道筋を示す海藻マイクロカプセルを開発したと発表した。

[17:11 12/28]

名古屋大、他の細胞との相互作用なしで記憶を形成できる単一神経細胞を発見

名古屋大学と日本医療研究開発機構は12月25日、従来の定説とは異なる新規の記憶メカニズムを発見したと発表した。

[15:20 12/28]

2015年12月26日(土)

未来館で「ゲーム」がテーマの企画展 - PlayStation VRも体験できる!

日本科学未来館(未来館)未来館は12月24日、2016年3月2日~5月30日まで企画展「GAME ON ~ゲームってなんでおもしろい?~」を開催すると発表した。

[08:30 12/26]

2015年12月25日(金)

がん対策を加速 厚労省がプランまとめる

厚生労働省は25日までに、長く日本人の死因の第1位になっているがんによる死亡数を減らすための「がん対策加速化プラン」をまとめた。市町村で実施されるがん検診受診率の公表や、精密検査受診率の目標値設定のほか、受動喫煙防止対策強化などを盛り込んだ。

[20:00 12/25]

「はやぶさ2」地球スイングバイの誘導精度は300m、観測機器の健全性も確認

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は12月24日、小惑星探査機「はやぶさ2」が同月3日に実施した地球スイングバイについて、結果の詳細を報告した。すでに、地球スイングバイが成功だったことは14日のプレスリリースで公表されていたが、今回、誤差300mという高い精度で軌道誘導できていたことなどが明らかになった。

[18:50 12/25]

夫婦の姓、違う人がいたら嫌ですか!?(樋江井 哲郎)

科学コミュニケーターの田中健と私、樋江井が中心になって、 家族の多様性と科学技術のあり方について考える「みらいのかぞくプロジェクト」を立ち上げました。本ブログでも、家族に関するさま...

[18:00 12/25]

北大、分子モーターのエネルギー変換の仕組みをデータサイエンスで解明

北海道大学(北大)は12月25日、データサイエンスの最新の手法を開発し、細胞内の分子モーター「F1-ATPase」における高効率なエネルギー変換の重要な仕組みを解明したと発表した。

[17:45 12/25]

ロシア宇宙開発、起死回生なるか - 新型補給船「プラグリェースMS」初飛行

ロシアは12月21日、新型補給船「プラグリェースMS-01」の打ち上げに成功した。長年、宇宙ステーションへの物資補給を担ってきたプラグリェースの新型機で、数多くの改良が施されている。プラグリェースMSとはどんな補給船なのか、従来のプラグリェース補給船から何が変わったのか。そして、その先にどんな意味があるのかについて見ていきたい。

[14:20 12/25]

東北大、スピン操作によりディラック電子に巨大な質量を与えることに成功

東北大学(東北大)は12月24日、鉄とタングステンを接合することによってその界面にディラック電子を発生させ、同電子に巨大な質量を与えることに成功したと発表した。

[11:20 12/25]

定理をいきなり思いつくってホント? - 「数学者」に話を聞いてみた

「数学者」と聞くと、オイラーやガウス、ラマヌジャンといった歴史上の天才数学者たちが頭に思い浮かび、「数学者たちの頭の中って、いったいどうなってるんだろう?」と、つい考えてしまう。凸幾何学およびポテンシャル論を専門とする数学者である宮崎大学 教育文化学部(2016年4月から教育学部に改変予定) 数学教育講座の坂田繁洋 講師にお話をうかがい、その実態に迫った。

[10:00 12/25]

2015年12月24日(木)

ミシシッピーワニの性別は温度で決まる - 基礎生物研などがメカニズム解明

基礎生物学研究所と生理学研究所は12月24日、温度によってオスとメスが決まる「ミシシッピーワニ」の性決定の仕組みを解明したと発表した。

[18:29 12/24]

2015年12月23日(水)

どこでもサイエンス 第66回 2016年の「宇宙、どうでしょう?」(上半期)

2016年の宇宙、どうでしょう? ということで、予測が秒単位でできることから、どーなるかわからんことまで「素人でも手軽に観察・参加できる」宇宙に関わるあれこれを、サクっと紹介しちゃいます。今回は、2016年1~6月の半年分をば。

[10:00 12/23]

2015年12月22日(火)

世界の年平均気温最高値更新

今年の世界の年平均気温が、1891年に統計を取り始めて以来の最高になるという見通しを気象庁が明らかにした。日本は統計開始以来、4番目に高い値になる見込みという。

[17:53 12/22]

東大など、4個の中性子のみでできた原子核の共鳴状態を発見

東京大学(東大)は12月22日、4個の中性子だけでできた原子核の共鳴状態「テトラ中性子共鳴」を発見したと発表した。

[17:45 12/22]

透明なのに、逆からみると不透明? 光の「一方向透明現象」を発見 - 東大

東京大学は12月22日、メタホウ酸銅という青色の結晶が、ある向きに進む赤外光に対して透明なのに対して、逆向きに進む同じ波長の光に対しては不透明であることを発見したと発表した。

[16:43 12/22]

東工大、藻類を利用してアンモニアなどの含窒素化合物の生産に成功

東京工業大学(東工大)は12月22日、ラン藻(シアノバクテリア)を利用して、アンモニアなどの産業的に有用な含窒素化合物を生産することに成功したと発表した。

[15:18 12/22]

ノーベル賞受賞の「イベルメクチン」が胆管がんの治療に有効 - 九大など

九州大学と日本医療研究開発機構は12月22日、肝内胆管がんや混合型肝がんの原因遺伝子を特定し、今年ノーベル賞を受賞した抗寄生虫薬イベルメクチンが肝内胆管がんの治療薬となりうることを発見したと発表した。

[10:41 12/22]

産総研、生きたままの細胞内で分解されるDNAの可視化に成功

産業技術総合研究所(産総研)は12月21日、生きた細胞内に導入したDNAが分解される機構をリアルタイムに可視化する技術を開発したと発表した。

[10:13 12/22]

京大と九大、長年の謎だった「オーロラ爆発」が起こるメカニズムを解明

京都大学(京大)および九州大学(九大)は12月21日、スーパーコンピュータを用いて「オーロラ爆発」の基本的なメカニズムを解明したと発表した。

[08:00 12/22]

2015年12月21日(月)

理研、産総研、物材研の3機関を選定 特定研究開発法人で政府方針

政府は、21日までに「特定国立研究開発法人(仮称)」を新たに設置し、理化学研究所(理研)、産業技術総合研究所(産総研)と物質・材料研究機構(物材研)の3研究機関を指定する法案を、来年1月からの通常国会に提出する方針を決めた。当初案での対象研究機関は理研と産総研だったが、18日開かれた総合科学技術・イノベーション会議で新たに物材研も加える案が了承され、3研究機関が対象になることになった。

[17:45 12/21]

住友化学と独BASF、生体を使わない化学品安全性評価システムの共同研究

住友化学と独BASFは12月21日、化学品安全性評価システムの構築を目指して共同研究を開始することに合意したと発表した。

[12:19 12/21]

JAEA、がん細胞の細胞死が引き起こされる作用メカニズムを原子レベルで解明

日本原子力研究開発機構(JAEA)は12月18日、がん細胞に特異的に細胞死を引き起こす抗体の立体構造とその作用の「鍵」となる基本単位を、原子レベルで明らかにすることに成功したと発表した。

[08:00 12/21]

2015年12月19日(土)

第5期科学技術基本計画を了承 政府の総合科学技術・イノベーション会議

政府の総合科学技術・イノベーション会議(議長・安倍晋三首相)は18日、第14回会合を開き、2016∼20年度の「第5期科学技術基本計画」答申案を了承した。15年度中に閣議決定する。同計画は来年度から5年間の科学技術政策の方向性を定め、予算配分などにも直接影響する重要な意味を持つ。

[10:00 12/19]

認知症の進行抑える化合物を発見 効果的新薬へ期待

アルツハイマー型認知症で起きる脳内神経細胞の減少を抑える化学物質を見つけた、と国立長寿医療研究センター(愛知県)、理化学研究所、同志社大学の共同研究チームが発表した。この化合物は既に使用されている不整脈の薬に含まれており、臨床試験で効果と安全性が確認できれば効果的な新薬になる可能性がある。研究成果は英科学誌に発表された。

[09:00 12/19]

寒さにさらしたホウレンソウは抗酸化力倍以上に

冬の寒さに当てる寒締(かんじ)め栽培したホウレンソウはフラボノイド量が倍以上増加して抗酸化力が高まった、と農業・食品産業技術総合研究機構(農研機構)東北農業研究センター(岩手県盛岡市)の研究チームが発表した。

[08:00 12/19]

2015年12月18日(金)

魚油の摂取で体脂肪が燃焼するメカニズムが明らかに - 京大がマウスで確認

京都大学(京大)は12月18日、EPAやDHAを含む魚油の摂取が、脂肪燃焼細胞である「褐色脂肪細胞」の増加を促進し、体脂肪の減少や体温上昇をもたらすことを動物実験により証明したと発表した。

[14:43 12/18]

理研、小細胞肺がんの起源となる細胞が塊を作る様子の撮影に成功

理化学研究所(理研)は12月18日、呼吸器学者の間で40年近く謎とされていた、神経内分泌細胞(NE細胞)が気管支の分岐点に規則正しく配置され、塊を形成するメカニズムを解明したと発表した。

[13:09 12/18]

らせん構造磁石を用いて多値的なデバイス動作が可能に - 大阪府立大など

大阪府立大学は12月17日、らせん結晶構造を持つ磁石のひねりの数を制御・検出することに成功したと発表した。

[11:21 12/18]

2015年12月17日(木)

Geo-Cosmosと仲間たち(応用編)(浜口友加里)

ニーハオ! あれ?ちょっと前にも聞いた挨拶!?そう、陳ドゥ姐さんからのバトンを受け取り登場しました、浜口友加里です。 前回の基本編では、未来館、もしくはご自宅でいつでも楽しめる、「...

[17:00 12/17]

2015年12月15日(火)

優れた研究成果は産業界も活用 論文の特許被引用数分析で判明

学術界で高い評価を得た生命科学・医学系研究者の論文は、産業界でも同様に高い評価を得るという関連があることが、依田高典(いだ たかのり)京都大学大学院経済学研究科教授、福澤尚美(ふくざわ なおみ)科学技術・学術政策研究所研究員らによって明らかにされた。

[20:13 12/15]

京大とNIMS、量子もつれ光により超高分解能の医療分野向け撮影技術を開発

京都大学(京大)と物質・材料研究機構(NIMS)は12月14日、量子もつれ光を用いた超高分解能光断層撮影技術を開発したと発表した。

[16:09 12/15]

九大、高品質半導体性単層カーボンナノチューブを精製できるポリマーを開発

九州大学(九大)は12月14日、カイラリティ選択的で、長く欠陥の少ない高品質な半導体性単層カーボンナノチューブ精製を可能にする脱着型可溶化剤を開発したと発表した。

[15:05 12/15]

東北大、筋萎縮と筋力低下が進行する遺伝性筋疾患の原因遺伝子群を解明

東北大学(東北大)は12月14日、遺伝性ミオパチーのひとつである筋変性疾患ジスフェルリン異常症を引き起こす遺伝子群を解明したと発表した。

[11:39 12/15]

東北大、低温条件下で酸素吸蔵放出能を示す酸化セリウムナノロッド材料開発

東北大学(東北大)は12月14日、セリウムアルミニウム合金を70℃のアルカリ水溶液に浸漬するという手法により、極めて細い酸化セリウムナノロッドを高収率で作製することに成功したと発表した。

[10:06 12/15]

2015年12月14日(月)

今世紀後半に「ゼロ炭素化」目指す 延長COP21で「パリ協定」を採択

パリで開かれていた国連気候変動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)は、日本時間13日午前、地球温暖化対策の新たな枠組みとして法的拘束力がある「パリ協定」を採択した。交渉は最後まで難航したが、会議日程を1日延長し最終的に世界の195カ国が合意した。パリ協定は京都議定書に代わる18年ぶりの新たな枠組みになる。米国、中国、日本などの排出大国が最初から不参加だったり途中から離脱するなどした京都議定書と異なり、先進国、発展途上国を問わず世界各国が温暖化の危機感を共有し、今世紀後半に世界の温室効果ガス排出量を実質的にゼロにする「ゼロ炭素化」を目指すことになった。

[21:50 12/14]

サラブレッド馬、セロトニン受容体遺伝子の違いで扱いやすさが異なる - 京大

京都大学は12月14日、セロトニン受容体1A遺伝子(HTR1A)の遺伝子型によってサラブレッド馬の扱いやすさに違いがあることがわかったと発表した。

[15:15 12/14]

東北大、"ポストグラフェン"となるチタン・セレン原子層半導体の作製に成功

東北大学(東北大)は12月11日、グラフェンを超える電子デバイスへの応用が期待されているチタン・セレン原子層超薄膜の作製に成功したと発表した。

[08:00 12/14]

2度以上気温上昇の可能性70-80%以上 初の東アジア気候変動確率地図で判明

日本を含む東アジアのほとんどの地域で、21世紀後半に月平均気温が2度以上上がる確率は70∼80%以上―。防災科学技術研究所と情報・システム研究機構統計数理研究所の研究者たちによる研究で、このような結果が得られた。

[06:00 12/14]

2015年12月11日(金)

産総研、ギ酸を用いて圧縮機を使わずに高圧水素を連続製造する技術を開発

産業技術総合研究所(産総研)は12月11日、圧縮機を用いないで、ギ酸から高圧水素を連続的に供給する技術を開発したと発表した。

[19:10 12/11]

京大、"座布団型"の有機半導体材料で太陽電池を低コスト・高効率化

京都大学は12月11日、独自に設計した座布団型構造をもつ有機半導体材料を開発し、これをp型バッファ層に用いることでペロブスカイト太陽電池の光電変換効率を向上させることに成功したと発表した。

[17:34 12/11]

Geo-Cosmosと仲間たち(基本編)(陳ドゥ)

ニーハオ! 久々投稿する中国人科学コミュニケーター、陳ドゥです! 未来館にはたくさんの展示がありますが、中でもひときわ目立っているのは、シンボル展示、Geo-Cosmos(ジオ-コ...

[12:00 12/11]

地球最後の秘境・深海はどんな世界? - 超深海をめざす「しんかい12000」 第3回 実現に向けて始動! 最大の課題は「ガラス球」

前回は全面ガラス球で、超深海に1~2日滞在可能、最大6人が乗船できる有人深海調査船「しんかい12000」構想についてお聞きした。詳細を聞けば聞くほど実現が楽しみになる。いつごろの実現を目指しているのか、課題は何か、磯崎芳男 JAMSTEC海洋工学センター長に迫る。

[10:00 12/11]

銀行もデザイン思考重視 三井住友と東京工業大学共同研究

製造業を中心に関心が高まっている「デザイン思考」でサービス向上や金融教育の推進を図る取り組みを、三井住友銀行と東京工業大学が共同で始めた。

[06:00 12/11]

2015年12月10日(木)

名称は拘束力ある「パリ協定」 交渉難航のCOP21で議長国が最終案を提示

パリで開かれている国連気候変動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)で9日、議長国フランスが最終合意案を提示した。地球温暖化対策の新しい枠組みの名称を法的拘束力がある「パリ協定」 と提案した。しかし温室効果ガスの長期的排出削減目標や、先進国と発展途上国との間に対策や取り組み方にどう差をつけるかの「差異化」の問題などについては依然複数の選択肢が残っている。「地球と人類の未来を決める」と言われた重要な国際会議は11日の最終日が迫る中で激しいやり取りが続いている。

[19:13 12/10]

土にはお宝が眠っている~大村智先生ノーベル賞受賞によせて~(志水正敏)

12月10日、北里大学の大村智栄誉教授がノーベル賞授賞式に出席します。 大村先生は、米・ドリュー大学のウィリアム・キャンベル氏とともに、寄生虫が原因の感染症に効く薬を、「放線菌」と...

[12:00 12/10]

2015年12月09日(水)

水を用いてあえて"溶けない"状態を作ることで有機化学反応が進行 - 東大

東京大学(東大)は12月9日、溶媒として水を用いてあえて“溶けない”状態を作り出すことにより、触媒的不斉合成が円滑かつ高立体選択的に進行することを発見したと発表した。

[16:47 12/9]

東大など、短期/長期の運動記憶に関わる脳の部位を画像で捉えることに成功

東京大学(東大)、国際電気通信基礎技術研究所、および北海道大学は12月9日、人間の脳における短期と長期の運動記憶を画像で捉えることに成功したと発表した。

[11:58 12/9]

どこでもサイエンス 第65回 年間最多の流れ星が見える! 12月14日夜はふたご座流星群

流れ星が見たい。たくさん見たい! であれば12月14日の夜がオススメでございます。そう、この連載でも2年連続でとりあげた、ふたご座流星群が活動するのでございます。3年目の今年もまたまたご紹介しちゃいますよー。なにしろ、今年の観察条件が10年に1度くらいの最高条件なんですわ、これが。

[10:00 12/9]

2015年12月08日(火)

BOOK REVIEW - 科学でいちばん大切なことは何? 「世界一ときめく質問、宇宙一やさしい答え ~世界の第一人者は子どもの質問にこう答える~」

「宇宙には行き止まりがあるの?」「葉はどうして秋にだけ落ちるの?」――幼いころ、身のまわりにある素朴な疑問に考えを巡らせた経験は、だれにでもあるのではないでしょうか。しかし、素朴な疑問であればあるほど、正しく答えることは難しく、科学的に実証された答えがないこともしばしばです。もしあなたがそのような質問をされた場合、どのように答えますか?

[10:00 12/8]

2015年12月07日(月)

各国削減目標5年ごとに見直し COP21合意案

パリで開かれている国連気候変動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)の事務レベル作業部会が、地球温暖化対策の新たな枠組みに関する合意案をまとめた。合意案は「パリの成果文書」として作業部会最終日の5日に採択され、7日から始まる閣僚級会合に提出された。閣僚級会合で最終合意を目指す。合意案やこれまでの作業部会の議論から、各国が提出した温室効果ガス排出削減目標を5年ごとに見直す一方、京都議定書のような目標達成は義務化されないことで最終合意しそうだ。しかし、発展途上国向け支援の仕組みや、新たな枠組みの基本となる世界共通の長期削減目標などについては、各国間で依然意見が対立しており、11日の会議最終日まで激しいやり取りが続きそうだ。

[19:29 12/7]

女子高校生らが植物の宝石「プラントオパール」をクワの葉中に発見 - 早大

早稲田大学(早大)は12月7日、早稲田大学本庄高等学院の生徒らが、蚕が食べるクワの葉の中に植物の宝石「プラントオパール」を発見したと発表した。

[17:46 12/7]

科学界のタブー、がん“予防”に「細胞競合」という新しい研究分野から挑む - 北大 藤田恭之教授

「これを食べればがんを予防できる!」といったような話題をよく耳にすることがあるかもしれないが、実はこれらを科学的に実証することは難しく、科学の世界においてがん“予防”の研究はこれまでタブー視されてきた分野であるという。しかし北海道大学の藤田恭之教授は、この科学界のタブーに切り込み「がんの予防薬」の開発を目指している。

[10:00 12/7]

2015年12月05日(土)

太陽光発電設備公立小中校の4分の1に

公立小・中学校の4校に1校が太陽光発電設備を持つことが、3日公表された文部科学省の調査結果で明らかになった。

[07:00 12/5]

温暖化対策に工学の力生かせ 世界工学会議が京都宣言

世界の工学関係者が参加して京都市で開かれていた「第5回世界工学会議」(会長・佐藤順一日本工学会会長)は「工学は、温暖化を加速する二酸化炭素(CO2)排出を削減するためにその力をしっかり生かさなければならない」などとする「京都宣言」を2日採択、世界工学団体連盟(WFEO)総会を含めた全日程を4日終了した。

[07:00 12/5]

2015年12月04日(金)

油井さん帰還直前に、全国で見上げるチャンス! 国際宇宙ステーション(谷 明洋)

12月4日(金)~10日(木)にかけて、チャンスが続きます。 日本人宇宙飛行士の油井亀美也さんが滞在している国際宇宙ステーション(ISS)。夜空を横切る光の点として、肉眼でもはっき...

[12:23 12/4]

JAMSTECなど、オオミズナギドリと内航貨物船で海流を予測

海洋研究開発機構(JAMSTEC)は12月3日、オオミズナギドリの位置情報と内航貨物船の航行記録を利用することによって海流予測の制度が向上することを示したと発表した。

[12:22 12/4]

地球最後の秘境・深海はどんな世界? - 超深海をめざす「しんかい12000」 第2回 超深海に「触れる」ような船を

JAMSTECが約10年後の実現をめざす有人深海調査船「しんかい12000」構想。「しんかい12000」とはいったいどのような船なのか、磯崎芳男JAMSTEC海洋工学センター長に詳しく聞いた。

[10:00 12/4]

国内大手製造業の20代若手技術者、理数系の学力低下 - 神戸大調査

神戸大学(神戸大)は12月3日、国内大手企業の若手技術者の理数系の基礎学力が低下していることを調査で確認したと発表した。

[09:42 12/4]

2015年12月03日(木)

NIMS、オスミウム酸化物で史上最強の結合を観測

物質・材料研究機構(NIMS)は12月3日、同機構が合成したオスミウム酸化物が、観測史上最強のスピン-フォノン結合を示すことを明らかにしたと発表した。

[18:23 12/3]

2015年12月02日(水)

JAMSTEC、3Dレーザースキャナーで海底熱水域の可視化に成功

海洋研究開発機構(JAMSTEC)は12月2日、自律型無人探査機(AUV)搭載式3Dレーザースキャナーを用いて、伊豆大島南方約20kmの大室ダシ・大室海穴内部にある海底熱水噴出域の3D可視化に成功したと発表した。

[16:49 12/2]

新法人で核燃料サイクル事業維持 経産省部会が新制度案

経済産業省は11月30日、核燃料サイクル事業の在り方や、体制の見直しを議論する作業部会を開き、国が監督する認可法人を新たにつくり、この新法人が日本原燃(青森県六ケ所村)に使用済み核燃料の再処理を委託することを柱にした新しい制度案をまとめた。今後、広く国民から意見を公募し、意見内容を加味して正式決定する。政府としては、来年の通常国会に関連法改正案を提出する方針だ。

[06:30 12/2]

温室効果ガス削減目標値知る人1割足らず 国立環境研究所調査で判明

2030年度の温室効果ガス排出量を2013年度に比べ26%削減するという国連に提出した日本政府の目標について知っている人は1割に満たないことが、国立環境研究所の調査で明らかになった。

[06:00 12/2]

2015年12月01日(火)

温暖化防止の新枠組みで合意目指す COP21、厳戒のパリで開幕

京都議定書に代わる地球温暖化対策の新たな枠組みで合意を目指す国連気候変動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)が30日、パリで開幕した。日程は12月11日までで、初日の30日は、同時多発テロで厳戒態勢が続くパリの会場に安倍晋三首相、オバマ米大統領ら世界の約150カ国の首脳が集まった。期間中約200カ国の政府代表、国際機関、非政府組織(NGO)の関係者ら4万人以上の参加が見込まれている。

[21:38 12/1]

東大、磁場を変化させることで磁性絶縁体の金属-絶縁体転移を制御

東京大学と科学技術振興機構(JST)は12月1日、磁性絶縁体の金属-絶縁体転移が微小磁場でも制御可能であることを示したと発表した。

[15:49 12/1]

謎だらけの深海生物「テヅルモヅル」に名前を付けたい! - 「分類学者」の研究室に潜入してみた

「テヅルモヅル」という生きものをご存知だろうか。知らないかたはまず、画像や動画を検索してみてほしい。思わず声をあげてしまいそうになるくらい奇妙な形をしていることがわかると思うが、この不思議な生きものに着目し、これらを「分類」しているという研究者がいる。日本で唯一のテヅルモヅル研究者、茨城大学 理学部 生物科学コースの岡西政典 助教の研究室にお邪魔して、存分にテヅルモヅルへの愛を語っていただいた。

[11:00 12/1]

理研、SACLAを利用したS-SAD法でリゾチームタンパク質の結晶構造決定に成功

理化学研究所(理研)は11月30日、X線自由電子レーザー施設「SACLA」のX線レーザーを用いた連続フェムト秒結晶構造解析により、タンパク質が持つ硫黄原子を利用した「S-SAD法」でリゾチームタンパク質の結晶構造を決定することに成功したと発表した。

[10:52 12/1]

生物研、小豆のゲノムをほぼ完全に解読 - 大豆より大きな品種も実現可能に

農業生物資源研究所(生物研)12月1日、沖縄綜合科学研究所と共同で、小豆の全ゲノムをほぼ完全に解読したと発表した。成果は11月30日の英科学誌「Scientific Reports」に掲載された。

[10:47 12/1]

海洋堆積層により深海底でも長周期地震動が発生 - JAMSTEC

海洋研究開発機構(JAMSTEC)は11月30日、地震・津波観測監視システム「DONET」の海底強震計データの解析を行った結果、長くゆっくりとした大きな揺れである「長周期地震動」が深海底の広い領域で発生していることを明らかにしたと発表した。

[09:59 12/1]

高被引用論文2割増・企業からの共同研究受入額5割増 第5期基本計画に目標値

策定作業が進む第5期科学技術基本計画に、被引用回数が多い重要論文数増加や大学に企業との共同研究を促すための目標値が盛り込まれる見通しとなった。若手研究者増を図る目標値も含まれる。女性研究者については、第4期科学技術基本計画に掲げられていた新規採用割合に関する数値目標(自然科学系全体で30%、理学系20%、工学系15%、農学系30%、医学・歯学・薬学系合わせて30%)が、再度盛り込まれる。

[06:00 12/1]

2015年11月30日(月)

東京工科大、天然色素を利用して光の照射で色が変化する機能性材料を開発

東京工科大学は11月30日、天然色素のみを利用して、光の照射で色が変化する機能性材料「フォトクロミック材料」を開発することに成功したと発表した。

[14:38 11/30]

熱電変換効率11%の新材料開発

熱を電気に変える変換効率を11%にまで高めた熱電変換材料(モジュール)を産業技術総合研究所省エネルギー研究部門の熱電変換グループが開発した。これまで変換効率が7%を超える熱電変換モジュールを作るのは困難だった。未利用熱エネルギーを電力に変換して利用する道を開く成果だ、と研究グループは言っている。

[07:30 11/30]

2015年11月27日(金)

地球最後の秘境・深海はどんな世界? - 超深海をめざす「しんかい12000」 第1回 「世界一」を取り戻す

2015年、水深1万mを超える世界最深部のマリアナ海溝に、独自の生命圏が広がっていることをJAMSTECの研究者らが世界で初めて明らかにした。この超深海ゾーンを徹底的に探査しようという日本の有人潜水調査船構想「しんかい12000」。約10年後の実現を目指すこの計画は、私たちの生命や惑星地球に関する知見を大きく塗り替えるはずだ。磯崎芳男JAMSTEC海洋工学センター長に、背景から未来までじっくり伺った。

[10:00 11/27]

2015年11月26日(木)

エルニーニョの予測精度向上手法開発

日本の気候にも影響を与えるエルニーニョ現象に、5-10年の間隔で変動している大気-海洋間のエネルギー交換の振幅も関わっていることが、海洋研究開発機構と京都大学の研究で分かった。この結果をエルニーニョ予測モデルに組み込んだところ、これまで難しいとされてきた「春先にその年のエルニーニョ現象を予測する精度」を大幅に向上することができた、と研究チームは言っている。

[20:28 11/26]

温室効果ガス排出5年ぶり減少 環境省発表

環境省は26日、二酸化炭素(CO2)など温室効果ガスの国内排出量は2014年度実績で13億6,500万トン(CO2 換算)だった、と発表した。前年度比3.0%の減少。排出量が減ったのは、09年度以来5年ぶり。数値は同日午前に開かれた政府の地球温暖化対策推進本部会合で報告された。

[20:27 11/26]

東工大、電気抵抗を変化させることでアンモニア合成触媒の活性を大幅に向上

東京工業大学は11月26日、電子濃度の異なる12CaO・7Al2O3(C12A7)エレクトライド触媒を用いてアンモニア合成活性を詳細に調べたところ、C12A7エレクトライドが絶縁体から金属に変化する際に、触媒活性および反応メカニズムが劇的に変化することを発見したと発表した。

[19:19 11/26]

魚も「顔」で他人を識別 - 大阪市立大学が発表

大阪市立大学はこのほど、魚が顔の模様の違いで他個体を識別することを実証したと発表した。

[19:05 11/26]

ヤフー、博士号取得者やポスドクの採用枠を新設 - 人工知能技術やIoTを強化

ヤフーは11月26日、博士号を持つ修了者などを対象とした「サイエンスプロフェッショナルコース」と、博士研究員(ポスドク)などを対象とした「特任研究員コース」を新設して、毎年20名程度の博士号取得者とポスドクの採用を目指すと発表した。

[15:37 11/26]

がん予防薬開発のためのクラウドファンディングプロジェクトが始動

アカデミストは11月26日、同社が運営する学術系クラウドファンディングサイト「academist」にて、がん予防薬開発のためのプロジェクト「正常細胞ががん細胞を駆逐するメカニズムを解明したい!」を開始したと発表した。

[15:31 11/26]

横国大など、量子通信の長距離化を実現する中継技術を開発

横浜国立大学は11月24日、完全な情報セキュリティを保証する量子通信長距離化に必須な中継器要素技術の開発に成功したと発表した。

[12:56 11/26]

研究は、「失敗」こそが面白い! アンバサダー・プログラム活動レポート⑤(志水正敏)

「『失敗』が面白い、だって?」と思われるかもしれません。 しかし、研究においては「失敗」だって非常に面白いことなんですよ! そう私に感じさせてくれたのが、4月から実施してきた「アン...

[08:00 11/26]

2015年11月25日(水)

群馬大など、マウス生体で炎症を起こした部分のみを光らせることに成功

群馬大学(群馬大)は11月24日、熊本大学と理化学研究所およびトランスジェニックとの共同研究により、ホタルの発光機構と炎症反応を組み合わせ、炎症が生じた部分を明るく光らせることのできる遺伝子組換えマウスの作製に成功したと発表した。

[16:40 11/25]

どこでもサイエンス 第64回 毒についてチョット調べてみました

毒は、日本の法律では、成人が2グラム以下を飲んでしまうと、死に至る物質なのだそうでございます。毒物は法律で! 28種類がリストアップされており、このほかに政令でも数十種類があげられています。水銀、ヒ素、青酸カリなどはおなじみの!?毒ですが、ニコチンも毒物指定されているんですねー。でも、なんだか聞いたことないような物質もいっぱいですな。今回は毒についてチョット調べてみました。

[10:00 11/25]

見つめ合うと同じ脳活動パターンに 相互理解研究に新知見

人間同士が見つめ合い、互いに注意を向け合うと、脳の活動パターンが同じように変化する¬ことを、自然科学研究機構生理学研究所の定藤規弘(さだふじ のりひろ)教授と名古屋大学の田邊宏樹(たなべ ひろき)教授らの研究グループが明らかにした。人間が相互理解する上で互いに視覚的な注意を払うことが大切であることを示す興味深い研究成果だ。

[07:00 11/25]

筑波大学オープンアクセス方針決定 学術誌掲載論文ネット公開

筑波大学は、学術雑誌に掲載された学内研究者の論文をインターネット上で公開し、自由に利用できるようにする「オープンアクセス方針」を決定し、公表した。大学は教育研究に携わるばかりでなく、その成果を公開する発信源として学術情報伝達の即時性や公開範囲の拡大を図るという社会の要請の応えた対応だ、としている。

[06:00 11/25]

2015年11月24日(火)

遺伝子組み換えサケを食用に承認 FDAが動物で初

米食品医薬品局(FDA)は19日、遺伝子組み換え操作をして自然界での生息より速く、大きく成長するサケを、食品として販売することを承認した。現在世界中でさまざまな遺伝子組み換え作物が栽培されているが、食用のために飼育されている動物の承認は世界でも初のケース。

[22:38 11/24]

大阪市立大学など、非平衡状態にある「量子液体」の挙動を解明

大阪市立大学は11月24日、理論的に予測されてきた非平衡状態にある量子液体の挙動を詳細に明らかにすることに成功したと発表した。

[18:01 11/24]

幸福を感じやすい人は特定の脳領域が大きい - 京大

京都大学はこのほど、より強く幸福を感じる人は、特定の脳部位が大きいことがわかったと発表した。

[13:38 11/24]

2015年11月20日(金)

理研など、スパコンでK中間子崩壊におけるCP対称性の破れの計算に成功

理化学研究所(理研)は11月20日、原子より小さい極微スケールで起こるK中間子崩壊における「CP対称性の破れ」のスーパーコンピュータ(スパコン)を用いた計算に成功したと発表した。

[17:50 11/20]

ワインの長期熟成に適した温度環境とは? – 寺田倉庫と山梨大学

寺田倉庫と山梨大学は11月20日、ワインの熟成効果による味の複雑性や広がりが最も進行する温度を明らかにしたと発表した。

[14:39 11/20]

国立科学博物館、人類は進化の過程で劇的な小型化を経ていたことを確認

国立科学博物館は11月19日、フローレス原人の歯の詳細な形態比較解析を行った結果、身長1.1mほどの同原人が、身長1.7~1.6mほどのジャワ原人あるいはその仲間から進化したことを示す重要な証拠が得られたと発表した。

[10:53 11/20]

京大など、台湾でしか発見されていなかった光合成しないランを屋久島で発見

京都大学(京大)は11月19日、これまで台湾の一部地域でしか発見されていなかったラン科植物「Gastrodia uraiensis」を屋久島の低地照葉樹林にて発見し、和名を発見場所の「椨川(タブガワ)」にちなみ、「タブガワヤツシロラン」と名づけたと発表した。

[10:02 11/20]

岡山大、過冷却水の緻密な秩序構造を解明

岡山大学は11月19日、低温の水は均質ではなく、多様で豊かな内部構造を持っていることを明らかにしたと発表した。

[08:00 11/20]

基盤的経費拡充を 国公私立大学3団体が要望

国立大学協会の里見進(さとみ すすむ)会長(東北大学総長)、公立大学協会の清原正義(きよはら まさよし)会長(兵庫県立大学長)、日本私立大学団体連合会の清家篤(せいけ あつし)会長(慶應義塾長)は18日、馳浩(はせ ひろし)文部科学相、麻生太郎(あそう たろう)財務相を訪れ、国公私立大学の基盤的経費拡充を求める要望書を手渡した。

[06:00 11/20]

2015年11月19日(木)

「第二次オープンサイエンス革命」は起こせるか? - 科学研究におけるオンラインコラボレーションの事例

インターネットを通して研究者に直接資金提供を行うだけでなく、情報やマンパワーの提供、さらには研究者同士のコラボレーションを促し、“第二次オープンサイエンス革命”を起こしたい――こう語るのは、学術研究に特化したクラウドファンディングサイト「academist」を運営するアカデミスト 代表取締役の柴藤亮介氏だ。

[10:00 11/19]

潰瘍性大腸炎に新薬登場 臨床試験で効果確認

原因不明の難病である潰瘍性大腸炎の治療用に開発された新薬が効果的であることを臨床試験で確認した、と東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科の研究グループが、このほど発表した。潰瘍性大腸炎は国内で推定16万人の患者がいて増加傾向にある。研究グループは、日本でこの病気の新薬が開発されたのは十数年ぶりで、治療の選択肢が増える、と期待している。

[09:40 11/19]

2015年11月18日(水)

【イベント報告】サイエンティスト・トーク「あなたと自然をつなぐ分類学」!?(西岡真由美)

大好評の企画展「ポケモン研究所~キミにもできる!新たな発見~」が10月12日、無事に会期を終えました。お越し頂いた皆様、ありがとうございました!ポケモン研究所での体験が、「楽しみな...

[08:00 11/18]

2015年11月17日(火)

東北大、レアアース元素を全く含まない廉価なFeNi磁石の作製に成功

東北大学(東北大)は11月17日、SmやNd、Dyなどのレアアース元素を全く含まない“レアアースフリー”なFeNi磁石の作製に成功したと発表した。

[15:02 11/17]

2015年11月16日(月)

もんじゅの研究開発主体変更を 原子力規制委が勧告

原子力規制委員会の田中俊一(たなか しゅんいち)委員長は13日、高速増殖原型炉「もんじゅ」について日本原子力研究開発機構に代わる新たな研究開発主体を決めるよう馳浩(はせ ひろし)文部科学相に勧告した。

[17:54 11/16]

江戸時代人は極めて胴長短足であることが明らかに - 国立科学博物館と東大

国立科学博物館および東京大学大学院理学系研究科は11月13日、縄文人の体形について調査を行った結果、縄文人の胴体サイズに対する相対的な腕・脚の長さが、東北アジア起源の渡来系弥生人と違わないこと、江戸時代人が極めて胴長短足であったことを明らかにしたと発表した。

[17:19 11/16]

10代の若き研究者たちがバイオテクノロジーで世界へ挑戦! - WBT アンバサダー・プログラム

日本科学未来館(未来館)は11月15日、ワールド・バイオテクノロジー・ツアー(WBT)の一環として4月より実施している「WBT アンバサダー・プログラム」の最終プレゼン審査および表彰式を、科学コミュニケーションイベント「サイエンスアゴラ 2015」にて開催した。本稿ではその様子についてレポートする。

[15:17 11/16]

北風が蔓延していませんか?~象牙を巡る取組から考えたこと(熊谷 香菜子)

冬が近づいています。東京でもコートが手放せなくなってきました。 私には時々思い出すおとぎ話があります。 「北風と太陽」です。 内容を簡単におさらいすると、北風と太陽が強さ比べをして...

[08:00 11/16]

2015年11月13日(金)

地球最後の秘境・深海はどんな世界? - 日本人映像監督初! 山本氏の深海体験 第3回 ピンチにならない船にピンチを作り出す - ドラマを生み出すための苦悩

明日最終回を迎える、連続ドラマW「海に降る」(WOWOW)。JAMSTECの全面協力を得て、有人潜水調査船「しんかい6500(以下、6K)」の女性パイロットがトラウマやピンチを乗り越えて深海に挑む過程を圧倒的リアリティで描く。山本剛義監督が頭を悩ませたのは実際の6Kが安全性を誇り、ピンチに遭遇しないことだった。そんな安全の塊ともいえる6Kをドラマの舞台とするための苦労とは、そして制作チームがドラマで伝えたいこととは?

[09:00 11/13]

2015年11月11日(水)

東北大、ランタニドナノ粒子の光で神経細胞活動のオン/オフ制御に成功

東北大学(東北大)は11月11日、ラット脳の神経細胞活動のオンオフを近赤外光により制御することに成功したと発表した。

[17:17 11/11]

京大、障害のある野生チンパンジーを家族でケアしている様子の観察に成功

京都大学(京大)は11月10日、重度の先天的障害のある野生チンパンジーを観察し、母親が過去の子育てとは異なる方法で障害児のケアを行っていた点、他個体が障害児に対して恐れや攻撃といった特異な反応を示さなかった点などを明らかにしたと発表した。

[12:42 11/11]

東工大、高温高圧力下における流体水素のプラズマ相転移の観察に成功

東京工業大学(東工大)は11月10日、水素を高温高圧下においても周囲の物質との化学反応なく安定して保持する技術を開発し、高温高圧力下における流体水素のプラズマ相転移の観察に成功したと発表した。

[11:02 11/11]

どこでもサイエンス 第63回 凧とかみなり、フランクリン

アメリカの100ドル札に描かれているのは、ベンジャミン・フランクリンでございます。で、この人は、かみなりの下で凧上げをして、電線を発明したんですな。もちろん、それで100ドル札になるわけもなく、アメリカでは「国父」として絶大なる尊敬を集めている人物でございますが、そのあたりも入れつつ、ご紹介いたしますねー。

[10:00 11/11]

EF、国別英語力ランキングおよび脳科学分野での東大との共同研究実施を発表

留学・語学教育事業を展開するイー・エフ・エデュケーション・ファースト(EF)の日本法人イー・エフ・エデュケーション・ファースト・ジャパンは11月11日、国別英語能力指数レポート「EF English Proficiency Index 2015」および東京大学との共同研究開始を発表した。

[09:28 11/11]

基盤的研究費、科研費、間接経費の充実を 主要11大学要望

国際競争力のある研究大学を目指す国内11大学で構成する学術研究懇談会(RU11)が、基盤的研究費、科学研究費補助金(科研費)、競争的研究費における間接経費の充実を求める提言を6日、公表した。

[07:00 11/11]

2015年11月10日(火)

世界の貧困層1億人増も 温暖化対策で世界銀行予測

地球温暖化に速やかに対応しないと、世界の貧困層は2030年までに1億人増加する可能性があるとの報告書を世界銀行がまとめ、日本時間9日公表した。報告書は、温暖化による熱波や洪水、干ばつや、気候変動に伴う病気が世界の低所得者層の生活を直撃し、貧困層に転落させる可能性がある、と予測。キム総裁は報告書で、温室効果ガスを減らすために強力な対策をとらない限り貧困の問題も解決できない、と強調している。

[19:33 11/10]

第3回 科学の甲子園ジュニア全国大会の出場チームが決定-12月に東京で開催

科学技術振興機構(JST)は11月10日、全国の中学生がチーム対抗で科学的思考力や技能を競う「第3回 科学の甲子園ジュニア全国大会」を2015年12月4日から6日までの期間、東京都・江東区のBumB東京スポーツ文化館で開催すると発表した。

[19:28 11/10]

気象庁、太平洋の海中で酸性化が進行していることを確認

気象庁は11月9日、東経137度線および東経165度線に沿った海洋内部の酸性化に関する解析の結果、両観測線とも北緯15度以北では海洋表面だけでなく海洋内部でも海洋酸性化が進行していることが確認されたと発表した。

[13:33 11/10]

岡山大、イネの生育に不可欠なマンガンの吸収に必要な排出型輸送体を発見

岡山大学はこのほど、イネの生育に欠かせないマンガンの吸収に必要な排出型輸送体タンパク質「OsMTP9」を突き止めたと発表した。

[07:00 11/10]

2015年11月06日(金)

救命実績、がん検診受診率、医療費支出に問題 OECD報告で明らかに

日本の病院に心臓発作(急性心筋梗塞)で入院した患者の死亡率はOECD(経済協力開発機構)加盟国平均を50%上回っていることが、OECDの「図表でみる医療2015年版」で明らかになった。

[20:34 11/6]

地球最後の秘境・深海はどんな世界? - 日本人映像監督初! 山本氏の深海体験 第2回 日本人監督初! しんかい6500で潜った深海 - 天国ってこういうところかな

前回の記事では、現在放送中の連続ドラマW「海に降る」(WOWOW)の山本剛義監督が、2015年4月、ドラマのために「しんかい6500」に乗船するという千載一遇のチャンスを得ながら、内径2mのコックピットの中に大男3人が乗り込み、息苦しさと暑さと気持ち悪さのトリプルパンチに「出してくれ」という心の叫びと葛藤する、危機的状況を紹介した。その三重苦をどう乗り越えて、深海にたどり着いたのか?

[09:00 11/6]

2015年11月05日(木)

「さっとひと吹き」で有機EL照明に - 東北大、新材料を開発

東北大学は11月5日、短い工程でほぼ理論限界となる発光効率を実現する有機ELが出来上がる分子材料を開発したと発表した。

[18:06 11/5]

東工大と芝浦工大、蓮の葉を鋳型にして超薄膜メタマテリアルを高効率に作製

東京工業大学と芝浦工業大学は11月5日、蓮の葉のナノ構造を鋳型に使い、高効率で大面積の「超薄膜光吸収メタマテリアル」の作製に成功したと発表した。

[17:16 11/5]

2015年11月04日(水)

早稲田大、学位取り消しに対する小保方氏のコメントに反論

早稲田大学は11月4日、11月2日に行われた小保方晴子氏の博士学位の取消しに関する記者会見の直前に代理人を通じて発表された小保方氏のコメントを受けて、同大学としての見解を文書にて示した。

[13:09 11/4]

理研、重イオン加速器施設で鉄・クロム原子核の異常変形を確認

理化学研究所(理研)は11月4日、中性子過剰Cr(元素番号24、中性子数42)、鉄同位体(元素番号26、中性子数44,46)のガンマ線分光に成功したと発表した。

[10:41 11/4]

CCSって何だ!? 地球合宿2015の予習です!(野副 晋)

ブログをご覧の皆様こんにちは。 科学コミュニケーターの野副です。 11月に突入しました。今月も未来館はイベントが目白押しです。サイエンスアゴラ2015(11月13~15日)が開催さ...

[04:45 11/4]

今後5年の科学技術政策は?ご意見募集中(詫摩 雅子)

先日、「第5期科学技術基本計画」の答申素案が公開されました! それって何?といわれてしまいそうですが、日本の科学技術に関する政策の基本的な方向性を決めるものとなります。第5期は来年...

[02:50 11/4]

2015年11月03日(火)

小保方氏学位論文取消しについて「科学的根拠、論理性に問題」 - 早稲田大

早稲田大学は11月2日、小保方晴子氏に授与した博士学位について、猶予期間が満了し学位の取り消しが確定したことを受けて、同大学における博士学位論文の取り扱いに関する記者会見を開催した。

[09:30 11/3]

2015年11月02日(月)

東京海洋大、長期間冷凍したニジマスの次世代個体を生産することに成功

東京海洋大学は11月2日、長期間冷凍庫内で凍結していたニジマスから機能的な卵と精子を生産し、これらから受精した正常な次世代個体を生産することに成功したと発表した。

[21:08 11/2]

国際的対応に強い危機意識 第5期科学技術基本計画答申素案まとまる

第5期科学技術基本計画について検討している総合科学技術・イノベーション会議基本計画専門調査会の答申素案がまとまった。

[19:20 11/2]

産総研、新素材創出のスピードアップを目指した研究センターを設立

産業技術総合研究所(産総研)は11月1日、部素材のバリューチェーン強化を目指す「材料・化学領域」の3つ目の研究センターとなる「機能材料コンピュテーショナルデザイン研究センター(CD-FMat)」を設立したと発表した。

[16:38 11/2]

世界の結核患者1年で新たに960万人 WHOが報告書

世界保健機関(WHO)は28日、結核に関する報告書を発表し、2014年の1年間に世界で新たに結核に感染した患者が推定960万人、結核による死者が約150万人に上ったと発表した。死者の内訳は成人男性が89万人、成人女性が48万人、子どもが14万人。死者のうち約40万人がエイズウイルス(HIV)感染者で、結核とHIVとの二重感染が深刻であることを示した。

[11:46 11/2]

2015年10月30日(金)

地球最後の秘境・深海はどんな世界? - 日本人映像監督初! 山本氏の深海体験 第1回 扉が閉まった瞬間、「出してくれ!」と叫びたかった

2015年10月10日(土)から放送されている連続ドラマW「海に降る」(WOWOW)。JAMSTEC(海洋研究開発機構)の全面協力のもと、有村架純さん演じる女性初のパイロットが、深海に挑む様子が描かれ、毎週見逃せない展開になっている。監督は山本剛義さん。なんと自ら2015年4月、有人潜水調査船「しんかい6500」に乗り、沖縄近海の潜航調査に同行している! ジェームズ・キャメロン監督がマリアナ海溝に単独潜航しているが、本格的な深海調査潜航は山本監督が「世界初」だ。

[09:00 10/30]

2015年10月29日(木)

背の高い木には『貯水タンク』があった

スギのような樹高の高い木の葉には、水分を必要に応じて補給する「貯水タンク」の役割をする組織がある-。神戸大学大学院農学研究科の石井弘明(いしい ひろあき)准教授らの研究グループがこのような興味深い発見をした。

[07:00 10/29]

2015年10月28日(水)

どこでもサイエンス 第62回 はやぶさ2も見られるの?? 人工衛星を見るはなし

世の中には、人工衛星を見るという趣味、がございます。そして、さらに写真を撮影しようなんてことまでやられています。あの、はやぶさ2探査機も接近時に観測しようなんてキャンペーンまで行われていますね。どうしたら人工衛星を見られるんでしょうか? 初歩の初歩をご紹介します。

[10:00 10/28]

2015年10月27日(火)

アフガニスタン北部でM7.5の地震

米地質調査所(USGS)によると、26日午後(日本時間26日午後6時すぎ)、アフガニスタン北部、ヒンドゥークシ山脈の近くでマグニチュード(M)7.5の地震が発生した。

[22:26 10/27]

がん化起こす活性酸素の検出に成功 東大と慶大が生きた動物で世界初

生きた動物の体内で活性酸素を検出することに、東京大学大学院薬学系研究科、同医学系研究科と慶應義塾大学医学部の共同研究グループが世界で初めて成功した。活性酸素は、がんや生活習慣病、老化に伴うさまざまな病気の原因であることが指摘されているが、これまでは、人間をはじめ生きた動物の体内で観察することが困難だった。活性酸素の生体内での役割解明や、活性酸素発生を抑える新薬の開発につながる成果として今後の研究の進展が注目される。

[20:47 10/27]

2015年10月24日(土)

政府、温暖化影響で初の「適応計画」豪雨、洪水被害やコメ大幅減収など予測

政府は、地球温暖化による環境、社会、経済など広範囲にわたる影響を極力抑えるための対策基本方針などを定めた「気候変動の影響への適応計画」案をまとめ23日、公表した。この適応計画案は、同日午前開かれた政府関係省庁連絡会議に提出、審議された。政府は、11月末から始まる国連気候変動枠組み条約第21回締約国会議(COP21)までに正式な適応計画として閣議決定したい考えだ。

[08:00 10/24]

2015年10月23日(金)

浅い眠りが記憶形成を促進 筑波大、睡眠研究で解明

夢を見る浅い眠りである「レム睡眠」が、記憶を形成させる脳波を強めることを、筑波大学国際統合睡眠医科学機構と理化学研究所脳科学総合研究センターの研究グループが解明したと23日、発表した。レム睡眠と深い眠りの「ノンレム睡眠」を切り替える脳の神経細胞も発見し、研究グループは、睡眠障害のほか、アルツハイマー病やうつ病など脳波低下がみられる病気の研究に役立てたい、としている。研究成果は米科学誌サイエンス電子版に掲載された。

[20:02 10/23]

東京・北の丸公園の科学技術館、来館3000万人を達成 - 記念イベントを開催

東京・北の丸公園にある科学技術館は10月23日、1964年の開館以来の来館者数が累計で3000万人に達したと発表し、併せて記念式典を開催した。2007年5月に2500万人を達成しており、約8年で500万人が来場したこととなる。

[16:28 10/23]

理研がうつ病モデルマウスを作製 病因研究進むと期待

理化学研究所脳科学総合研究センターの加藤忠史(かとう ただふみ)チームリーダーらの共同研究グループが、うつ症状を繰り返すモデルマウスを初めて作製し、うつ状態の原因が脳内の「視床室傍核」という部位の機能障害に関係がある可能性が高いことを明らかにした。研究成果は米国科学誌に掲載された。

[14:00 10/23]

中国が英国の新規原発建設に協力 中英首脳会談で合意

訪英中の習近平中国国家主席とキャメロン英首相は21日、共同記者会見で中国の国有企業が英国の原発建設に協力することで合意したことを明らかにした。

[13:00 10/23]

地球最後の秘境・深海はどんな世界? - しんかい6500パイロットに聞いてみた 第3回 実は世界でも約40人しかいない!? - 「深海パイロット」になるためには?

「しんかい6500」の現役パイロットである大西琢磨さんに、深海そしてパイロットの魅力を聞くこのインタビュー。大西さんのお話を読まれて、「自分も深海に潜ってみたい」、「しんかい6500のパイロットにはどうやったらなれるの?」と、うずうずしている方も多いことでしょう。3回目となる今回は、大西さんはどうやってパイロットになったのか、そしてこれを読むアナタはどうやったらなれるのか? そこのところを聞いてみました!。

[11:00 10/23]

50の遺伝子に異常 T細胞白血病で判明

ウイルスが原因の血液がんである成人T細胞白血病(ATL)の患者約400人の大規模遺伝子データ解析から、約50の遺伝子異常が生じていることが分かった、と京都大学、東京大学、宮崎大学などの共同研究グループが21日発表した。京都大学の小川誠司(おがわ せいし)教授は、「今回遺伝子異常の全体像を解明できた。診断や治療への応用が期待できる」としている。研究成果は米科学誌ネイチャージェネティクスに掲載された。

[10:10 10/23]

2015年10月22日(木)

カラス型ドローンを作りたい! - academistでプロジェクトがスタート

エデュケーショナル・デザインは10月21日、学術系クラウドファンディングサイト「academist」においてカラスと対話するドローンを製作するプロジェクトを開始したと発表した。

[16:40 10/22]

一般的でない読みで個性を出す傾向が増加 - 京大が子供の名付け方を調査

京都大学(京大)は10月22日、新生児の名前の経時的な変化を分析することで、日本文化は個性をより重視する個人主義文化に徐々に変容しつつあることが実証的に示されたと発表した。

[16:14 10/22]

COP21を控え最後の公式会合 議長案に途上国冒頭から反発

京都議定書に代わる地球温暖化対策の新たな国際枠組みについて議論する国連気候変動枠組み条約の特別作業部会が19日、23日までの予定でドイツのボンで始まった。11月30日から12月11日までパリで開かれる第21回締約国会議(COP21)を控え、新枠組みの合意案の方向性を決める重要な、最後の公式会合となる。

[15:30 10/22]

西之島噴出物量が雲仙普賢岳の3分の2に 海上保安庁調査で判明

一昨年11月以来、活発な活動が続く西之島の噴火による噴出物総量は約1.6億立方メートル、という推定結果を20日、海上保安庁が発表した。

[14:00 10/22]

新目標でも気温上昇2度未満は困難 OECDが報告書

経済協力開発機構(OECD)は20日、各国が新たに表明した温室効果ガス排出削減目標を達成したとしても、2040年ごろには累積排出量が、気温上昇をセ氏2度未満に抑えるのに必要とされる上限値を上回る、との報告書を発表した。ドイツのボンで開かれている国連気候変動枠組み条約特別作業部会に合わせた発表で、各国に排出削減の加速を強く求めている。

[11:21 10/22]

2015年10月21日(水)

上智大学を運営する上智学院、栄光学園など4学校法人と2016年に合併

上智大学を運営する学校法人「上智学院」は10月21日、2016年4月1日付で計画している神奈川県の学校法人「栄光学園」兵庫県の学校法人「六甲学院」、広島県の学校法人「広島学院」および福岡県の学校法人「泰星学園」の4学校法人との合併が文部科学大臣より認可されたことを発表した。

[19:38 10/21]

犬の起源は1万5000年前の中央アジアにあった - コーネル大などがDNAを解析

人類最初の家畜とされる犬が、いつごろ、どこで飼いならされたのか。米コーネル大学を中心とした国際研究チームはこのたび、世界各地の犬のDNA解析を行った結果、約1万5000年ほど前に中央アジアにてユーラシア大陸に生息していたハイイロオオカミから現在の犬の起源となる種が誕生したとする研究結果を発表した。

[18:13 10/21]

1985年から来た人はいませんか!? ~映画バック・トゥ・ザ・フューチャーの未来に生きて~(佐竹 渉)

2015年10月21日午後4:29分になりました。  本日のニュースで度々取り上げられていますが、映画「バック・トゥ・ザ・フューチャー(Back to the Future)」で...

[07:29 10/21]

2015年10月20日(火)

ゆっくり地震を再現 巨大地震研究進める成果

海洋研究開発機構海洋掘削科学研究開発センターの研究グループが、ドイツのブレーメン大学、京都大学防災研究所、筑波大学と共同で、東北地方太平洋沖地震(東日本大震災)の前に観測された「ゆっくり地震」を室内実験で再現することに成功した。甚大な被害をもたらす巨大地震のメカニズム研究を進める研究成果で、英国科学誌に掲載された。

[17:53 10/20]

潜在的内部脅威者のチェック策 核物質防護で規制委検討会提言

原子力施設の従業員が不正な意図をもって核燃料物質や核燃料物質防護情報に接近するのを防ぐ「個人の信頼性確認制度」について検討していた原子力規制委員会核セキュリティに関する検討会のワーキンググループが、制度の基本的方向を示す報告書をまとめた。

[17:51 10/20]

中央大、イヌ用人工血液を開発 - 動物医療の輸血確保問題に光

中央大学は10月19日、イヌ用人工血液の開発に成功したと発表した。

[15:53 10/20]

産総研、化学物質の漏洩事故に対応した大気/河川モデルを公開

産業技術総合研究所(産総研)は10月19日、従来より公開している化学物質リスク評価のための大気モデルADMERおよび河川モデルSHANELに、化学物質の漏洩事故を想定した新たな機能を追加し、ADMER Ver.3.0.およびSHANEL Ver.3.0として公開した。

[10:14 10/20]

高い血圧に耐える生体用接着剤開発 外科手術で活用期待

物質・材料研究機構生体機能材料ユニットの研究チームが、正常血圧の2.8倍の耐圧強度を持つ生体用接着剤を開発した、と発表した。血管を主な対象とする生体用接着剤は心臓血管外科のほか、多くの外科手術の術中術後の出血を防ぐために極めて重要。耐圧性に優れた新接着剤の外科手術での活用が期待される。

[08:00 10/20]

2015年10月19日(月)

北極海航路、資源開発にも積極関与 北極政策決定

温暖化で急激な環境変化が起きつつある北極圏の諸問題に、科学技術力を生かし積極的に関わる姿勢を明確にした初の「北極政策」が、16日開かれた政府の総合海洋政策本部(本部長・安倍首相)で決まった。

[20:20 10/19]

東大、弾性率が極めて大きいガラスの開発に成功 - 薄くても丈夫な新素材

東京大学は10月16日、これまでガラスにならないと思われていた、酸化アルミニウムと酸化タンタルのみからなる新しい組成のガラスの合成に成功したと発表した。このガラスは、酸化物ガラスの中で最高の弾性率を有しているという。

[10:22 10/19]

2015年10月16日(金)

地球最後の秘境・深海はどんな世界? - しんかい6500パイロットに聞いてみた 第2回 「しんかい6500」のコックピットを徹底解剖! - そして緊急時とは?

「しんかい6500」の現役パイロットである大西琢磨さんに、深海そしてパイロットの魅力を聞くこのインタビュー。第2回となる今回は、1990年の初潜航から約25年経ち、1400回以上の潜航で一度も大きな事故を起こしていない絶対的な安全性と信頼性が売りの「しんかい6500」。そんな「しんかい6500」の数少ないトラブルに何があったのか、そして驚異の安全性を誇るそのコックピットの内部を徹底解説して頂きました!

[10:00 10/16]

川内2号機再稼働 九電、供給余力に期待

九州電力は15日午前、川内原発2号機(鹿児島県薩摩川内市)の原子炉を起動し、再稼働させた。新規制基準に適合した原発の再稼働は8月11日の川内1号機に続いて2基目。

[08:00 10/16]

車のCO2排出量90%削減 トヨタが2050年目標発表

トヨタ自動車は、2050年の新車走行時の二酸化炭素(CO2)排出量を2010年時点に比べ90%削減するなどの目標を掲げた「トヨタ環境チャレンジ2050」を14日、発表した。

[07:00 10/16]

2015年10月14日(水)

遺伝研など、成長後の記憶能力を制御するタンパク質を発見

国立遺伝学研究所と理化学研究所(理研)は10月14日、脳の神経細胞の樹状突起に存在する「スパイン」と呼ばれる棘状構造の形態形成に「α2キメリン」というタンパク質が関与していることを発見したと発表した。「スパイン」の形態は脳機能に重要な影響を及ぼすと考えられている。

[20:22 10/14]

脳死の6歳未満男児から3臓器提供、患者へ移植

千葉県内の病院に急性脳症で入院していた6歳未満の男児が、臓器移植法に基づき脳死と判定され、この男児から提供された心臓、肝臓、腎臓がそれぞれ別の病院に入院中の患者に移植された。14日までに手術は無事終了した。

[19:33 10/14]

環境省が温室効果ガス対策で有識者懇談会

環境省が、長期的な温室効果ガス削減の取り組みを進めるため、有識者に議論してもらう「気候変動長期戦略懇談会」を設置した。初会合が11日に開かれ、丸川珠代(まるかわ たまよ)環境相、懇談会座長の大西隆(おおにし たかし)日本学術会議会長らが出席した。会議冒頭のあいさつで丸川環境相は、削減目標の達成のためには、個別の対策の積み上げだけでなく社会システムの変革が重要であることを強調した。同懇談会は2015年度末までに提言をまとめる予定だ。

[12:04 10/14]

どこでもサイエンス 第61回 ノーベル賞をゲットしたニュートリノ探知装置

日本のお家芸・ニュートリノ実験で、2015年のノーベル物理学賞が決定しましたー。受賞者は、日本の梶田隆章さんとカナダのアーサー・B・マクドナルドさん。いやー、めでたい! 今回は、日本でニュートリノを探知した実験装置カミオカンデのパーツ、実物が、あちこちで見られますよー、というお話でございます。

[10:00 10/14]

2015年10月09日(金)

スマホで農作物の生育・環境関連データ監視 IoT機器販売へ

農作物の生育と環境に関するデータを収集し、スマートフォンやパソコンで簡単に農地の様子を知ることができるIoT(モノのインターネット)機器を売り出す、と日立製作所とソフトバンクグループのPSソリューションズ株式会社が7日発表した。

[19:58 10/9]

地球最後の秘境・深海はどんな世界? - しんかい6500パイロットに聞いてみた 第1回 深海の音が聞こえた! - 五感で感じる深海探査の醍醐味とリアル

2015年10月10日から、「しんかい6500」の女性パイロットを女優の有村架純さんが演じる連続ドラマW「海に降る」(WOWOW)が始まる。「しんかい6500」と言えばJAMSTEC(海洋研究開発機構)の有人潜水調査船で水深6500mまで3人を乗せて潜ることが可能。ドラマにはそんなJAMSTECが全面協力、本物のパイロットが専門用語や、機器の操作を指導したそうだ。そんなパイロットに、深海の魅力について語ってもらった。

[11:00 10/9]

多発性硬化症に関わる新しいリンパ球発見 治療薬開発に期待

国立精神・神経医療研究センターの山村隆(やまむら たかし)神経研究所免疫研究部長らの研究グループは、神経難病である多発性硬化症のうち特に高度の神経障害を残す二次進行型で、エオメスというタンパクを発現する新型リンパ球が重要な役割を果たすことを明らかにした。このリンパ球は神経細胞を障害する物質を分泌して脳や脊髄の慢性炎症を引き起こすことが分かっていたが、研究グループは、マウスモデルでこのリンパ球が病気の発症に関係することを証明した。

[08:00 10/9]

梶田先生の監修展示で分かる! ノーベル物理学賞2015 スーパーカミオカンデとニュートリノ(谷 明洋)

 目に見えない素粒子の世界も、  未来館の展示を見れば   イメージが湧くかもしれません。 2015年のノーベル物理学賞のテーマは、「ニュートリノに質量があることを示す、ニュート...

[06:30 10/9]

2015年10月08日(木)

先端科学の紹介にも熱心 ノーベル賞受賞の梶田隆章氏

ノーベル物理学賞受賞が決まった梶田隆章(かじた たかあき)東京大学宇宙線研究所所長は、先端科学に対する一般の人々の関心を高めることにも熱心であることが、科学技術振興機構の資料からうかがえる。

[08:28 10/8]

2015年10月07日(水)

【速報】2015年ノーベル化学賞はDNA修復の研究(詫摩 雅子)

今年のノーベル化学賞が発表されました。 DNA修復のメカニズムの研究で、イギリスのフランシス・クリック研究所のTomas Lindahl博士(ノーベル財団提供の下のイラストで左),...

[09:30 10/7]

【速報】2015年ノーベル化学賞はDNA修復の研究(詫摩 雅子)

今年のノーベル化学賞が発表されました。 DNA修復のメカニズムの研究で、イギリスのフランシス・クリック研究所のTomas Lindahl博士(ノーベル財団提供の下のイラストで左),...

[09:30 10/7]

2015年ノーベル賞を予想する 皆さまの予想・化学賞(詫摩 雅子)

生理学・医学賞に続き、物理学賞でも日本人の受賞があって、わいております。今日はノーベル賞の自然科学3賞のトリを飾る化学賞。これは、予想が難しいのです。生理学・医学賞や物理学賞で名前...

[08:00 10/7]

2015年10月06日(火)

ノーベル物理学賞に東大の梶田氏 - ニュートリノの質量を発見

スウェーデンの王立科学アカデミーは10月6日、今年のノーベル物理学賞を東京大宇宙線研究所の梶田隆章 所長ら2名に授与すると発表した。

[19:36 10/6]

2015年ノーベル物理学賞発表!「ニュートリノ振動の発見」で梶田隆章博士ら(谷 明洋)

「私たちは、まだ世界のすべてを知ることが出来ていない」。 その証拠を示した発見に、ノーベル物理学賞です。 2015年のノーベル物理学賞は、東京大学宇宙線研究所長の梶田隆章博士と、カ...

[13:50 10/6]

【速報】2015年ノーベル物理学賞は梶田隆章先生とマクドナルド先生(詫摩 雅子)

2015年のノーベル物理学賞は、ニュートリノ振動の研究で、梶田隆章先生のアーサー・マクドナルド先生です! ニュートリノは、質量がないと考えられていました。ところが、梶田先生らの観測...

[09:50 10/6]

【速報】2015年ノーベル物理学賞は梶田隆章先生とマクドナルド先生(詫摩 雅子)

2015年のノーベル物理学賞は、ニュートリノ振動の研究で、梶田隆章先生のアーサー・マクドナルド先生です! ニュートリノは、質量がないと考えられていました。ところが、梶田先生らの観測...

[09:50 10/6]

日本の大学200位内にわずか2校 英教育誌の世界ランキング

英国の教育誌「タイムズ・ハイヤー・エデュケーション」が9月30日発表した「世界大学ランキング」で、200位内に入ったのは東京大学と京都大学の2大学だけだった。東京大学は昨年の23位から43位に、京都大学も59位から88位にそれぞれ順位を落としている。昨年、アジア地区では最高位だった東京大学は、シンガポール国立大学と北京大学に抜かれ、アジアで3位の評価となった。

[09:15 10/6]

2015年ノーベル賞を予想する 皆さまの予想・物理学賞(詫摩 雅子)

始まりました、ノーベル賞ウィーク!昨日の生理学・医学賞では大村智先生の受賞で大いにわきました(でも、キャンベル先生やト・ヨウヨウ先生のことを忘れてはだめですよ)。 さて、今日は物理...

[08:00 10/6]

2015年10月05日(月)

2015年ノーベル生理学・医学賞発表!受賞者は感染症の薬を開発した3名! ~トゥ・ヨウヨウ博士編(古澤 輝由)

世界三大感染症の1つに数えられ、その中で最も感染者数が多いのがマラリア。年間2億人もの人が罹患し、その62万人もの人々が命を落としています。しかし、医療の発展により、マラリアの死亡...

[13:56 10/5]

2015年ノーベル生理学・医学賞発表!受賞者は感染症の薬を開発した3名! ~大村博士・キャンベル博士編(鈴木 啓子)

みなさん、ようやくノーベル生理学・医学賞が発表になりましたね!なななんと、日本人受賞者!きましたね~! 今年のノーベル生理学・医学賞のブログは2本立てでお送りします。私がご紹介する...

[13:42 10/5]

【速報】2015年ノーベル生理学・医学賞は大村智先生ら3人(詫摩 雅子)

感染症の治療薬の開発で、ウィリアム・キャンベル先生、大村智先生、屠呦呦(トウ・ヨウヨウ)先生のお三方です。 中国人の方がノーベル生理学・医学賞をとったのは、初めてですね。(※すみま...

[08:18 10/5]

2015年ノーベル賞を予想する 皆さまの予想・生理学医学賞(詫摩 雅子)

未来館の科学コミュニケーターが予想するだけでなく、皆さまにも参加していいただこうという趣向は、一昨年から始めております。展示パネルもありますが、ネットで気軽ににご参加いただける特設...

[08:00 10/5]

2015年10月02日(金)

2015年ノーベル賞を予想する 皆さまの予想・中間報告(詫摩 雅子)

10月に入りました。来週はいよいよノーベル賞ウィークです! 私たち未来館の科学コミュニケーターの予想はそれぞれのブログ記事をご覧いただくとして、今回は特設サイト(私たちは投票サイト...

[09:23 10/2]

紀伊半島南東岸沿いに古い地質帯 巨大地震震源域の違いに影響か

紀伊半島南東岸に沿ってこれまで知られていない約1,400万年前までに形成された古い地質帯が沖合40キロメートルまで張り出していることを、九州大学と東京大学の研究者たちが明らかにした。

[07:00 10/2]

2015年10月01日(木)

未来の動物園・水族館②〜動物園や水族館の役割をみんなで考える〜(大渕 希郷)

みなさん、こんにちは!!動物園から未来館へと転職してきた男、ぶっちーです! 動物園では、主に両生類や爬虫類の飼育展示と保全、普及活動を行っていました。イボイモリEchinotrit...

[08:00 10/1]

スペインで電力系統安定化実証実験 東芝製蓄電池システム使い

蓄電池システムにより、電力需要が変動しても配電系統の安定化を可能にする新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)の実証実験が、スペインのアルカラ・デ・エナレス市で始まった。

[07:00 10/1]

2015年09月30日(水)

神奈川大学、繰り返し分裂できる人工細胞を開発 - 「進化」の可能性も?

神奈川大学は9月30日、「何世代にもわたって細胞分裂できるモデル人工細胞」の構築に成功したと発表した。

[11:43 9/30]

2030年に向けた国内大学のパラダイムシフト 第4回 対象マーケットの転換 - ダイバーシティの実現

前回において、外部環境変化に伴い競争原理が生まれること。その結果、国内大学のあり方は一変し、多くの大学では出口指向に立った教育プログラムに転換していくことを示唆した。今回は、学生獲得という観点からどのような対象が潜在的な志願者として存在し得るか、という点について解説をする。

[11:00 9/30]

どこでもサイエンス 第60回 科学者が、虹遊びをすると…

今年は、国際光年なんだそうです。で、光のなかでも一番キレイなのは、レインボー、虹でございます。ってなわけで、虹遊びのお話です。いや、科学者はかなーり、虹遊びしてるんですよ。

[10:00 9/30]

外科手術ロボット開発のテイラー教授に本田賞

本田財団は28日、今年の本田賞(Honda Prize)を、医療用ロボット開発の先駆者であるラッセル・テイラー米ジョンズ・ホプキンス大学教授に授与すると発表した。

[09:00 9/30]

2015年ノーベル化学賞を予想する番外編 化学賞の予想は難しい(松浦 麻子)

タイトルでいきなり弱音を吐いている、ノーベル化学賞担当リーダー松浦です。 主張したいことなので、もう一度言います。 ノーベル化学賞の予想は難しい。 え?ノーベル化学賞チームの田中、...

[08:00 9/30]

QS世界大学ランキングでは京都大学が日本最高位

英国の大学評価機関「クアクアレリ・シモンズ(Quacquarelli Symonds)」が発表した最新の世界大学ランキングで、京都大学が日本の大学では最高位の38位に評価された。

[07:00 9/30]

2015年09月29日(火)

2015年ノーベル生理学・医学賞を予想する④ 輸血の肝炎問題を解決に導く(樋江井 哲郎)

こんにちは! 最近、油井飛行士の活動を紹介しており、専門の生物学に関する情報発信ができていない樋江井です(本当の専門は学部時代の経済学かもしれませんが・・・)!  でも、ようやくこ...

[09:00 9/29]

2015年09月28日(月)

2015年ノーベル物理学賞を予想する③ 宇宙には膨大な秘密がある(Hejcik Pavel(ヘイチク・パヴェル))

English version is HERE 今年のノーベル賞発表まであと少し、多くの科学愛好家が、今回は誰が受賞するかを予測しようとしていることでしょう。受賞者を選ぶのは簡単な...

[08:00 9/28]

2015年09月26日(土)

防衛省、理研や電大など9件の研究課題を安全保障技術研究推進制度にて採択

防衛省は9月25日、装備品への適用面から着目される大学、国立研究開発法人などの研究機関や企業などにおける独創的な研究を発掘し、将来有望な研究の育成を目指して2015年度より開始した安全保障技術研究推進制度において9件の研究課題を採択したと発表した。

[23:53 9/26]

2015年09月25日(金)

理研、電気をエネルギーにして生きる微生物を発見

理化学研究所は9月25日、電機エネルギーを直接利用して生きる微生物を特定したと発表した。

[18:15 9/25]

近大、キハダマグロの海面生簀での幼魚飼育に成功 - 完全養殖の実現に前進

近畿大学は9月24日、キハダマグロを卵から幼魚まで飼育することに成功したと発表した。

[16:16 9/25]

国際地学オリンピックで金1、銀1、銅2メダル獲得

ブラジルのポソス・デ・カルダスで20日まで開かれていた国際地学オリンピックで、日本代表の高校生4人全員が、金、銀、銅メダルを獲得した。

[10:00 9/25]

STAP細胞再現できず ネイチャー誌論文掲載

4カ国7つのチームによる研究でもSTAP細胞は作製できなかったとする論文と論説記事を、英科学誌「ネイチャー」最新号が掲載した。

[09:12 9/25]

2015年ノーベル化学賞を予想する③ 縁の下の力持ちDNAマイクロアレイ(伊藤健太郎)

 こんにちは、そしてみなさん初めまして。科学コミュニケーターの伊藤 健太郎です。私は今回がこの未来館ブログ「初投稿」です。専門は地学なので分野がまったく違いますが、専門が違うから...

[02:00 9/25]

2015年09月24日(木)

トムソン・ロイター、ノーベル賞有力候補者18名を発表 - 日本人は2名選出

トムソン・ロイターは9月24日、同社の学術文献引用データベース「Web of Science」を元にした「ノーベル賞有力候補者(トムソン・ロイター引用栄誉章)」を発表した。

[17:30 9/24]

2015年ノーベル生理学・医学賞を予想する③ ゲノムを編集するツールCRISPR/Cas9の開発(鈴木 啓子)

こんにちは。科学コミュニケーターの鈴木啓子です。ノーベル賞予想をするのは2年ぶり、一昨年はテレビやニコ生で、多くの方に科学の楽しさを伝えられたのが楽しかったのでまた舞い戻ってまいり...

[08:00 9/24]

2015年09月23日(水)

2015年ノーベル物理学賞を予想する② あったぞ!太陽系外惑星(谷 明洋)

「生命がすむ星は、やっぱり、地球以外にもきっとある!」 今から20年前、私たち人類にそう確信させた男がいました。あるスイス人天文学者が、夜空の彼方に輝く恒星の周りを回る「太陽系外惑...

[03:00 9/23]

2015年09月21日(月)

2015年ノーベル化学賞を予想する② 小さな孔から大きな世界へ(陳ドゥ)

ニーハオ! 科学コミュニケーターの陳ドゥです。 恒例になった未来館ノーベル賞イベントが今年もやってきました! 去年も化学賞予想をさせていただいた者として、 今年は去年以上に化学賞を...

[03:00 9/21]

2015年09月19日(土)

2015年ノーベル生理学・医学賞を予想する!②  細胞のなかのお掃除係(志水正敏)

こんにちは。志水です。 本日は、ノーベル生理学・医学賞の予想、第2弾。 私たち予想チームは、どなたが受賞するか当てにいくだけではなく、今、注目すべき研究をみなさまにご紹介したい!と...

[05:00 9/19]

2015年09月18日(金)

世界のイノベーティブな大学トップ100、日本からは9校- トムソン・ロイター

トムソン・ロイターは9月16日(現地時間)、世界で最もイノベーティブな大学を選出するランキング「The World Most Innovative Universities」を発表した。

[15:51 9/18]

チンパンジーも印象的な出来事を長期記憶できる? - 京大が動画で実験

京都大学は9月18日、チンパンジーをはじめとする類人猿がヒトと同様に一度見た出来事を覚えていることができることを見出したと発表した。

[10:05 9/18]

【速報】日本人9年連続受賞!2015年イグノーベル賞(古澤 輝由)

みなさん!やりました!昨年に引き続き、今年も日本人がイグノーベル賞を受賞しました!これで9年連続受賞になります。 =イグノーベル賞の概要についての記事は→こちら昨年の受賞内容につい...

[08:00 9/18]

農水産業も知の集積・活用の時代に 農水省検討会が中間まとめ

強い農水産業を作り上げるために異分野との連携を推進する新たな産学連携研究の仕組みが必要だとする中間とりまとめを、16日、農林水産省の「『知』の集積と活用の場の構築に向けた検討会」が公表した。

[07:00 9/18]

2015年09月17日(木)

岡山大、コオロギの脚が切断されても元通りに再生する仕組みを解明

岡山大学は9月17日、切断されたコオロギの脚が元の形に再生する仕組みを解明したと発表した。

[15:00 9/17]

2015年09月16日(水)

どこでもサイエンス 第59回 日本人は、元素の名づけ親になれるか!?

現在118種類発見されている化学元素。その名前の由来は、性質から神話、人物名、地域名などいろいろでございます。そして、その名付け親になれるのは、発見・確認者なのでございますな。その中には、日本人どころかアジア人が発見したものは一個もありません。いや1908年(明治41年)ごろに、「ニッポニウム」という名前がつきそうになったことがあるとか、最近ついに、新元素に名前がつけられそうだとか。そんなこんなで、元素にまつわるゴッドファーザーな話でございます。

[10:00 9/16]

理研、脳などの生体組織を微細構造を保ちながら透明化する新技術を開発

理化学研究所(理研)は9月15日、生体組織を抗体や色素で染色し微細構造を保ちながら透明化する新しい技術を確立したと発表した。

[10:00 9/16]

2015年ノーベル物理学賞を予想する① 電気を通す絶縁体!?(雨宮崇)

こんにちは!科学コミュニケーターの雨宮崇です。 「日本人が青色発光ダイオードでノーベル物理学賞を受賞!」 というニュースに日本中が沸いてから、はや1年。今年もノーベル賞予想イベント...

[08:00 9/16]

2015年ノーベル生理学・医学賞を予想する① 免疫制御の分子の発見とがん治療への応用(沈晨晨 (シェン チェンチェン))

みなさん、こんにちは! 科学コミュニケーターの沈晨晨(しぇん ちぇんちぇん)です。 未来館恒例のノーベル賞予想の季節になりました。 私は初参加ながら、自信をもってノーベル生理学・医...

[08:00 9/16]

化石は生物の死後数週間で形成されていた - 名大が形成メカニズムを解明

名古屋大学(名大)は9月15日、富山県八尾地域の約2000万年前の地層から採取されたツノガイの化石を解析した結果、ツノガイは死後、数週間から数カ月以内に、周囲に球状に炭酸カルシウムが濃集・沈殿し、良好な保存状態を維持したまま、化石として保持される形成メカニズムを解明することに成功したと発表した。

[07:30 9/16]

風力発電総設備容量293万キロワットに 世界全体の0.8%

日本の風力発電設備は今年3月末時点で、2,034基、総設備容量で約293万キロワットに達したことが、11日新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が公表した調査結果で明らかになった。昨年度の1年間で、113基、設備容量で約24万キロワット増えた。この10年間でみると、総設備容量の伸びは3倍強となっている。

[07:30 9/16]

私もできる?新たな発見!(濱 五十鈴)

こんにちは、科学コミュニケーターの濱です。涼しくなってきて、過ごしやすくなってきましたね。秋の訪れを感じると、季節の味覚が楽しみである一方で憂鬱にも感じられます。 なぜならば、「衣...

[06:00 9/16]

2015年09月15日(火)

浸水地域鬼怒川など8県72河川 床上浸水5,000棟超す

台風18号による浸水被害は、政府の災害対策本部の調べによると、14日午前9時時点の集計で、利根川水系の鬼怒川など国が管理する5河川、都道府県管理の67河川で発生した。

[09:09 9/15]

2015年ノーベル化学賞を予想する① モバイル機器の原動力を開発した男たち(田中 健)

こんにちは!! 科学コミュニケーターの田中 健です。 未来館恒例、ノーベル賞予想イベントの季節がやってきました。 私は、昨年は物理学賞チームでしたが、今年は化学賞チームでイベントを...

[08:00 9/15]

2015年09月14日(月)

信州大、人工タンパク質ナノブロックにより多様な自己組織化ナノ構造を創出

信州大学は9月14日、独自の人工タンパク質を用いた「タンパク質ナノブロック(PN-Block)」を開発し、複数種類の超分子ナノ構造複合体を創り出すことに成功したと発表した。

[12:50 9/14]

阿蘇山が噴火、噴火警戒レベル3に - 火口周辺約2kmは噴石に注意

気象庁は9月14日、熊本県・阿蘇山で同日9時43分にに噴火が発生したと発表した。

[11:27 9/14]

空港利用客の満足度向上策探り実証実験 数学理論活用し

空港利用客の満足感を高める方策を数理研究者と空港ビル運営会社が協力して探る実証実験が、福岡空港で始まった。2年間の実証実験で、旅客の満足度を高める方策の立案と検証を行う、と実証実験チームは言っている。

[10:05 9/14]

今年もやります!2015年ノーベル賞を予想する!(詫摩 雅子)

皆さま、こんばんは。 未来館ノーベル隊の名ばかり隊長・詫摩です。2012年から、このブログを通して、その年のノーベル賞受賞者を予想するという活動を行ってまいりました。 今年もやりま...

[02:30 9/14]

2015年09月13日(日)

未来館でお月見!Moonは月のみにあらず!?(浜口友加里)

みなさん、こんにちは!ブログでは「はじめまして!」になりますね。 科学コミュニケーターの浜口友加里です。 さて、突然ですが明日9月14日(月)は、新月です。 この月が日の経つごと...

[03:00 9/13]

2015年09月11日(金)

あなたの知らない、イグノーベルの世界(西岡真由美)

みなさんは、「イグノーベル賞」をご存じだろうか? 本家本元のノーベル賞受賞者が、間もなく決まろうという頃、由緒あるハーバード大学の講堂では爆笑の渦が巻き起こる。―そう、イグノーベル...

[09:00 9/11]

2015年09月09日(水)

油井飛行士の女房役に話を聞いてみた【油井さんのミッション編】(樋江井 哲郎)

前回に引き続き、ニコニコ生放送「油井飛行士、宇宙へ!フライトディレクタ生出演」のダイジェスト後編である【油井さんのミッション編】をお送りします。 JAXA・フライトディレクタであ...

[08:00 9/9]

藻から油脂、バイオ燃料生産も 脂質蓄積増と組成改変技術開発

油脂をため込む能力を持つ藻に別の藻の遺伝子を導入することで、油脂の生産能力をさらに増強できることを、東京工業大学の研究チームが発見した。さまざまな有用油脂を工業規模で生産する技術につながるのでは、と期待されている。

[08:00 9/9]

2015年09月08日(火)

油井飛行士の女房役に話を聞いてみた【フライトディレクタ編】(樋江井 哲郎)

8月24日、無事に補給機「こうのとり」が国際宇宙ステーションに到着しましたね! 地上からの管制を若田光一さんが担当し、油井亀美也さんが「こうのとり」をロボットアームでキャプチャす...

[08:00 9/8]

国際競争力弱い重要領域 科学技術予測調査で判明

今後、30年程度を見越して重要と見なされるにもかかわらず国際競争力が低いとされる科学技術領域が、2日公表された科学技術・学術政策研究所の「分野別科学技術予測」で浮き彫りになった。データサイエンス関連など最近、関心が高まっている領域が含まれている。

[08:00 9/8]

2015年09月07日(月)

フライホイール蓄電試験施設完成 再生エネ安定導入の実証へ

電力を大きな弾み車の回転運動として貯蔵し、必要な時に回転力を再び電力に変換する次世代フライホイール蓄電システムの実証施設が山梨県米倉山に完成した。施設の出力は300キロワット、蓄電容量は100キロワット時と、世界最大級。山梨県が運営する米倉山大規模太陽光発電所と、電力系統につないで、変動の大きい再生エネルギーの安定的利用に向けた実証試験が始まる。

[09:37 9/7]

葉っぱの中には空気がいっぱい(光合成チャレンジ結果発表もあるよ)(髙橋 麻美)

夏休みのイベントにて、とある実験をお見せしました。 何をしているところでしょうか? 葉っぱは実験材料、メインは手前のピストンです。 この実験は夏休みに実施したワークショップ「日光を...

[08:00 9/7]

2015年09月04日(金)

高性能リチウム空気電池開発 電気自動車走行距離大幅増の期待

これまで報告されているものよりはるかに性能が上回るリチウム空気電池を、東北大学の研究者たちが開発した。リチウム空気電池は、現在、幅広い用途に使われているリチウムイオン電池に代わる次世代の高性能蓄電池として注目されている。新開発のリチウム空気電池を電気自動車に使用すれば、1回の充電で走行距離を500~600キロに伸ばすことも期待できる、と研究チームは言っている。

[11:26 9/4]

2015年09月03日(木)

芝浦工大、アメフラシの脳神経の伝達活動をモニタリングする手法を開発

芝浦工業大学は9月3日、アメフラシの脳神経の伝達活動をモニタリングする手法を開発したと発表した

[18:02 9/3]

カルボン酸をアルコールに変換 CO2資源化の期待も

カルボン酸をより有用なアルコールに効率よく変換できる触媒を名古屋大学の研究チームが開発した。研究の究極の狙いは、温暖化の原因となる二酸化炭素(CO2)を有用な物質に変換することにある。カルボン酸をCO2から合成する方法は既に数多く知られており、今回の研究成果と組み合わせればCO2の資源化も期待できる、と研究チームは言っている。

[08:00 9/3]

2015年09月02日(水)

どこでもサイエンス 第58回 数字のケントーをつける話=フェルミ問題

世の中、トホーもない数字がたくさんでてまいります。で、そんなん、どうやって出したのかわからないわけでございますなー。今回は、そんなお話でございます。あ、理系の人にはたぶんジョーシキなので、そうでない方々にお話する時の「思い出しネタ」にでもしてくださいませー。

[10:00 9/2]

2015年09月01日(火)

未来の動物園・水族館① ~イルカ問題って何?~(新山 加菜美)

  なぞなぞです。     普通にはかると軽いけど、逆立ちしてはかると軽い動物ってな~んだ?      答えはこちら!...

[08:00 9/1]

2015年08月31日(月)

福島第一原発近くの放射線量が高い地域でモミの形態変化が増加 - 放医研

放射線医学総合研究所(放医研)は8月28日、東京電力福島第一原子力発電所近くの期間困難区域の放射線量が特に高い地域に自生するモミの木において、放射線量が低い地域のものと比べ、主幹が欠損した二股様の形態変化を示す個体の頻度が増加していると発表した。

[16:53 8/31]

人間にとっての最短距離は?-みどりの博士から学んだこと(本田 ともみ)

こんにちは、みどりの本田です。 内閣府「みどりの学術賞」とともにみどりの面白さ、すごさをお伝えしている最近ですが、今年の受賞者2名のうちの一人、東京農業大学名誉教授、進士 五十八(...

[08:00 8/31]

2015年08月28日(金)

広島大など、理論的に予言されていた液体ビスマス中の構造の実証に成功

広島大学は8月27日、理論的に予言されていた液体ビスマス中の原子が等間隔に整列した構造(パイエルス歪)の実証に成功したと発表した。

[15:06 8/28]

油分解能力抜群の排水処理システム実証試験へ

複数の微生物を利用することで油分の多い工場排水を効率よく処理するシステムを、名古屋大学の研究者が開発した。デモ機も完成し、実証試験の協力企業を募っている。

[12:56 8/28]

理研、フラーレン分子が高温超伝導体になる仕組みを解明

理化学研究所(理研)は8月22日、炭素が60個集まってできるサッカーボール状のフラーレン分子の結晶が、アルカリ原子が挿入されることで、約40Kの転移温度を持つ高温超伝導体になる仕組みを解明したと発表した。

[12:40 8/28]

星に名前をつけるとは(志水正敏)

みなさーん!はやぶさ2の目的地、小惑星「1999 JU3」の名称募集は8月31日午前10時までですよー! こんにちは、志水です。 先日のブログでご紹介した通り、JAXA(宇宙航空研...

[08:00 8/28]

2015年08月26日(水)

グリーンランドの気温2025年ごろ以降上昇か

現在観測されている太陽活動の低下により、2025年ごろ以降にグリーンランドの気温が上昇する可能性が高いことが、国立極地研究所の研究チームによって明らかになった。これまで指摘されていた温室効果ガスによる気温上昇に太陽活動の影響が重なることで、これまで考えられていたよりも早くグリーンランド氷床の融解が進むことが懸念される、と研究チームは言っている。

[17:56 8/26]

理数教育は進むのか? - 2022年までに5回の科学五輪を開催する日本

科学技術振興機構(JST)は8月25日、都内で会見を開き、同日時点の2015年度の国際科学オリンピック(五輪)についての成果報告、ならびに今後の科学オリンピックの動向についての説明を行った。

[09:00 8/26]

2015年08月25日(火)

代表4人全員銀・銅メダル獲得 国際地理オリンピック

ロシアのトヴェリで10~17日に開催された「第12回国際地理オリンピック」に参加した生徒が、銀メダル等を獲得した、と国際地理オリンピック日本委員会が発表した。

[18:28 8/25]

2030年に向けた国内大学のパラダイムシフト 第3回 教育プログラムの転換 - 競争原理の萌芽

少子化/大学数増加による学生獲得競争の激化、日本経済の急速なグローバル化。歴史的にみても、国内大学は極めて厳しい環境に晒されている。この逆境に対し、国内大学はどのように変化し、さらなる成長を実現するのか。アクセンチュアでは4つの視点で転換が生じ、国内大学そのものがパラダイムシフトを実現すると考えている。

[10:00 8/25]

2015年08月24日(月)

「こうのとり」、ISSに到着 - 油井宇宙飛行士がキャプチャを担当

8月19日に種子島宇宙センターからHII-Bロケット5号機により打ち上げられた宇宙ステーション(ISS)補給機「こうのとり」5号機(HTV5)は24日、ISSに到着し、JAXAの油井亀美也 宇宙飛行士が操作するISSのロボットアームによってキャプチャ(把持)された。

[20:05 8/24]

アルツハイマー病関連の新たなタンパク発見

神経の生存と機能に重要な役割を果たしているタンパクが、アルツハイマー病の発症にも重要な役割を果たしていることを、星美奈子(ほし みなこ) 先端医療振興財団客員上席研究員(京都大学大学院医学研究科特定准教授)を中心とする研究チームが発見した。

[09:50 8/24]

2015年08月21日(金)

熊本大と東邦金属、線径0.05mmの耐熱マグネシウム合金製ワイヤを開発

熊本大学は8月20日、東邦金属と共同で線径0.05mm(50μm)の耐熱マグネシウム合金極細ワイヤの製造技術を開発したと発表した。

[12:08 8/21]

2015年08月20日(木)

橋梁点検ロボット開発の実物大実験施設完成

大きな橋の点検用ロボット開発に使われる実物大実験施設が、川崎市内に完成した。

[08:00 8/20]

2015年08月19日(水)

岡山大、イネが籾殻にケイ素を優先的に分配するための仕組みを解明

岡山大学は8月18日、イネが籾殻にケイ素を優先的に分配・蓄積するための仕組みを解明したと発表した。

[17:58 8/19]

JOGMECとINPEX、カナダでシェールガス開発技術の共同研究を開始

JOGMECと国際石油開発帝石は8月19日、カナダ ブリティッシュコロンビア州のホーンリバー、リアードおよびコルドバ地域でのシェールガス開発技術に係る共同研究を開始したと発表した。

[14:09 8/19]

南海トラフ巨大地震の想定震源域でプレートの移動を観測 - 海上保安庁

海上保安庁は8月18日、南海トラフ巨大地震の想定震源域における、東北地方太平洋沖地震後の海底の移動速度を捉えることに初めて成功したと発表した。

[13:42 8/19]

どこでもサイエンス 第57回 「星の名決定」総選挙に参加できるぞ!

最近、世界がSFっぽくなっておりますが、なんと「20恒星系の星の名前を決める総選挙」がただいま行われております。いやホント。だれでもPCかスマホとネットで参加できますぞ! 締め切りは11月1日朝8時59分(日本時間)。レッツVote!!

[10:00 8/19]

洋上風況マップ作成へ NEDO風力発電本格導入に向け

洋上風力発電の事業家を支援するため、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は17日、新たな「洋上風況マップ」を作成する計画を発表した。今年度をめどにデモ版を公開、最終版を来年度末に公開するという。

[08:00 8/19]

こうのとり5号機打ち上げはもうすぐ! ―大切なモノを運ぶ技術と心意気(松浦 麻子)

こうのとり。 こんなイメージの方もいるでしょうが、ヨーロッパの言い伝えからくるイメージで、生物学的には日本で言うコウノトリとは別の鳥。そして、今日の話題は生き物のこうのとりではなく...

[02:50 8/19]

2015年08月18日(火)

桜島に特別警報 噴火警戒レベル4避難準備

気象庁は15日午前10時15分、地震が多発している桜島に噴火警戒レベル4 (避難準備)の特別警報を発表した。

[19:33 8/18]

東電福島原発から出た海のセシウム、台風で沖へ拡散か - JAMSTEC

海洋研究開発機構(JAMSTEC)は8月18日、東京電力福島第一原子力発電所(東電福島原発)南東沖の大陸斜面において、放射性セシウムが付着した東電福島原発沖の海底堆積物が沖合に向かって移動している様子を捉えることに成功したと発表した。

[16:49 8/18]

2015年08月17日(月)

海面水温も気温上昇を加速 数値シミュレーションで解明

日本近海の海面水温が上昇すると海水の蒸発によって水蒸気量が増加し、関東地方の夏の気温をさらに高めることを、首都大学東京などの研究チームが過去31年分のデータに基づいた領域気候モデルを用いた数値シミュレーションにより明らかにした。

[12:42 8/17]

【祝!のはずでした...】113番目の元素 命名権を日本の理化学研究所が獲得!?(雨宮崇)

こんにちは!雨宮です。 つい先日の2015年8月12日、日本の科学史に残るビックニュースが発表されました!...いえ、【されるはずでした】。。。 どんなビックニュースを期待していた...

[08:00 8/17]

2015年08月13日(木)

慢性的かゆみ微弱な電気刺激で抑制 新治療法の期待

アトピー性皮膚炎など慢性的なかゆみに対し、脳に微弱な電気刺激を与えると抑制効果があることを、自然科学研究機構生理学研究所の研究者たちが確認した。慢性的なかゆみに悩む患者は、患部を過度にかく結果、さらに症状を悪化させることが少なくない。今回効果が確認された方法は、副作用の恐れもないとみられ、新たな治療法として期待できる、と研究者たちは言っている。

[17:11 8/13]

【結果発表!】みんなでつくろう!ピペットアート(雨宮崇)

こんにちは!雨宮です。 日本科学未来館では、8月3日から9日にかけて "バイオにハマる7日間!バイオテクノロジー・フェスティバル" が開催されました! (なんだそれ...?って思っ...

[08:30 8/13]

ビッグデータで共同研究所設立 統計数理研究所と外資系企業

情報・システム研究機構統計数理研究所と外資系企業のSAS Institute Japanが、ビッグデータの活用を推進する「ビッグデータイノベーションラボ(BIL)」を共同で設立することになった。9月に活動を開始、一般企業をはじめさまざまな組織に、ビッグデータを活用するための実践的研究の場を提供する、としている。

[07:00 8/13]

2015年08月12日(水)

川内原発再稼働 新規制基準下で初めて

九州電力は11日午前10時半、鹿児島県薩摩川内市の川内原発1号機(加圧水型軽水炉、出力89万キロワット)の原子炉を起動した。2011年3月の東京電力福島第一原発事故後にできた新規制基準の下で、再稼働する最初の原発となる。

[08:00 8/12]

2015年08月10日(月)

有村架純が「しんかい6500」のパイロットに - 全編4K収録で描かれた深海探査の「圧倒的リアリティ」

2015年10月10日から注目の連続ドラマが始まる。女優・有村架純さん主演の「海に降る」(WOWOW)だ。深海の科学研究を題材にした朱野帰子さんの同名小説を連続ドラマ化したもので、有村さんは有人潜水調査船「しんかい6500」の日本人初の女性パイロットを演じる。

[08:00 8/10]

メタン排出抑える高収量のイネ新種開発

主要な温室効果ガスの一つであるメタンの排出を抑え、かつ収量も増えるイネの新品種が、米、スウェーデン、中国の研究機関、大学によって共同開発された。英科学誌ネイチャー7月30日号に成果が報告されている。

[08:00 8/10]

2015年08月07日(金)

「生命の起源」解明を目指す東工大ELSI、米財団から約6億7千万円を獲得

東京工業大学地球生命研究所(ELSI)は8月7日、米ジョン・テンプルトン財団(テンプルトン財団)から総額550万ドル(約6億7千万円)の研究資金を獲得し、同資金を使用する「EON(ELSI ORGINS NETWORK)プロジェクト」を開始すると発表した。

[17:57 8/7]

東京・神田で南海トラフ巨大地震の被害軽減に向けたシンポジウムが8日開催

海洋研究開発機構(JAMSTEC)は8月8日土曜日に、「南海トラフ広域地震防災研究プロジェクトシンポジウム ~南海トラフ地震被害軽減のための研究戦略と課題~」と題したイベントを開催する。

[16:34 8/7]

将来はスーパーエンジニア? - アクセンチュアがSTEM人材育成講座を開催

アクセンチュアとNPO法人のCANVASは8月6日および7日の2日間、東京・台場の日本科学未来館において、小学校高学年の児童を対象とした「課題解決型」のロボットプログラミング講座を開催した。

[12:56 8/7]

続報!冥王星!(小熊みどり)

先日、探査機ニューホライズンズが冥王星に行きます!というブログを書かせていただきました。今回はその続報です。 7月14日に、ニューホライズンズは無事に冥王星への最接近を果たしました...

[03:00 8/7]

2015年08月06日(木)

ニカラグアも日本方式採用 地上デジタルテレビ放送

高市早苗(たかいち さなえ)総務相とカスティージョ・ニカラグア通信郵便庁長官は4日、地上デジタルテレビ放送規格として日本方式を採用する協力覚書に署名した。日本方式を採用した国は18カ国となる。

[13:00 8/6]

フォトン・アップコンバージョン 固体材料でも新成果

フォトン・アップコンバージョンと呼ばれるエネルギー創生技術の研究開発を進める九州大学などの研究グループが、これまで困難だった固体材料を用いて低いエネルギーを高いエネルギーに変換することに成功した。

[10:00 8/6]

2015年08月05日(水)

どこでもサイエンス 第56回 夏休み、おてがるサイエンス

夏休みまっさかりですねー。ということで、今回は、ちょっとその気になれば楽しめる、科学ネタあれこれをご紹介しちゃいましょう。星や流れ星の観察、科学イベント、プチ実験。読むと楽しい本などでございます。ワタシ自身が引きこもりぎみなので、それでもやれる、お手軽なものをならべました。

[10:00 8/5]

2015年08月04日(火)

花王、「しなやかな髪質」の内部構造を解明

花王は8月4日、日本人女性のしなやかな髪質の要因を解明したと発表した。同成果は10月22~23日に開催される「繊維学会秋季研究発表会」で発表される予定。

[17:06 8/4]

大阪市立大、魚にも論理的思考力があると発表 - 戦わなくても力関係を推測

大阪市立大学はこのほど、カワスズメ科の熱帯魚「ジュリドクロミス」が論理的に思考することが可能であることを証明したと発表した。

[13:31 8/4]

2015年08月03日(月)

肥満が炎症性疾患発症促進する仕組み解明

肥満により自己免疫疾患を含む炎症性疾患が発症しやすくなる仕組みを、千葉大学の研究チームが解明した。症状悪化をもたらすことが分かった脂肪酸合成酵素を制御することで、肥満によって引き起こされる自己免疫性炎症疾患の治療につなげることが期待できる、と研究者たちは言っている。

[09:20 8/3]

【クローズアップ・ニュース】夏のデング熱と話題の感染症 ―共通点と課題(西岡真由美)

梅雨のころから、ちらほらと耳にするようになっていたのが「デング熱」という言葉。 昨年夏、東京を中心として各地でも患者が確認された感染症です。夏、という季節限定で流行したことには理由...

[08:00 8/3]

2015年07月31日(金)

岡山大、「人類最古の農業」で収穫されていた栽培オオムギの起源を解明

岡山大学は7月31日、「人類最古の農業」で収穫されていたと考えられている栽培オオムギの起源を解明したと発表した。

[09:22 7/31]

2015年07月30日(木)

「なぜ酒はまろやかになるのか?」宇宙ステーションで検証へ - 東北大など

東北大学は7月30日、国際宇宙ステーション(ISS)の「きぼう」日本実験棟において、微小重力環境を利用したお酒のまろやかさの形成に関する研究に協力すると発表した。

[18:27 7/30]

ダークマター理論に新成果、湯川粒子と酷似

村山斉(むらやま ひとし)東京大学国際高等研究所カブリ数物連携宇宙機構(Kavli IPMU)機構長らの研究チームが、従来の考え方とは大きく異なるダークマターの新理論を発表した。新理論では、SIMP(Strongly Interacting Massive Particle)という粒子を提唱しており、この粒子は、湯川秀樹博士が1935年に提唱したパイ中間子(湯川粒子)と大変良く似た性質を示すという。

[09:33 7/30]

バイオは社会とつながっている アンバサダー・プログラム活動レポート④(志水正敏)

こんにちは。志水です。 5人の高校生・大学生が研究を進める「アンバサダー・プログラム」。 そのレポートも今回で4回目となりました。 そろそろ読者のみなさまにも覚えていただけましたで...

[08:30 7/30]

2015年07月28日(火)

強誘電体薄膜を作製 超高密度メモリーなど応用期待

15ナノメートル(100万分の15ミリ)という薄さの強誘電体を作ることに、東京工業大学と東北大学の研究グループが成功した。非常に薄い単結晶膜を作製できたことで、超高密度メモリーや、電池の寿命が飛躍的に延びた高性能のスマートフォンやノートパソコンが実現できる、と研究者たちは言っている。

[19:18 7/28]

NEDOドイツで実証事業 地産地消型スマートコミュニティ

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が、太陽光発電の導入が進むドイツで地産地消型スマートコミュニティの実証事業を実施することになった。

[18:06 7/28]

2015年07月27日(月)

人文・社会科学軽視に抗議 日本学術会議が声明

日本学術会議の大西隆(おおにし たかし)会長は23日記者会見し、国立大学の教員養成系と人文・社会科学系の学部・大学院について組織の廃止や社会的要請の高い分野への転換を求めた下村博文(しもむら はくぶん)文部科学相の通知に対する抗議声明を公表した。

[09:26 7/27]

2015年07月24日(金)

海底下2500mに微生物の群れ - JAMSTECなどが青森県・八戸沖で発見

海洋研究開発機構(JAMSTEC)は7月24日、地球深部探査船「ちきゅう」を用いて青森県八戸市沖の約80kmの地点(水深1180m)から採取した海底下2466mまでの堆積物コアサンプルを分析した結果、海底下に埋没した約2000万年以上前の地層に、陸性の微生物生態系に類似する固有の微生物群集が存在することを発見したと発表した。

[18:34 7/24]

ウナギは、生き物です...が、食べ物でもあります(髙橋 麻美)

昨日熊谷のブログでは生き物としてのウナギをご紹介してきました。 といっても、絶滅危惧種、漁獲量低下などなど、近年ウナギに関するネガティブな言葉をたくさん耳にします。 うーん.......

[08:00 7/24]

2015年07月23日(木)

代表4人全員メダル獲得 国際生物学オリンピック

デンマークのオーフスで12~19日に開かれた国際生物学オリンピックに出場した日本人4人全員が金、銀、銅メダルを獲得した、と国際生物学オリンピック日本委員会が発表した。

[07:30 7/23]

代表6人全員銀、銅メダル 国際数学オリンピック

タイのチェンマイで7月4日から16日にかけて開かれた「国際数学オリンピック」で、日本代表の高校生6人全員が銀メダルないし銅メダルを獲得した、と文部科学省と数学オリンピック財団が発表した。

[07:00 7/23]

ウナギは、生き物です(熊谷 香菜子)

  7月23日、今日は二十四節気の「大暑(たいしょ)」です。 もう文字を見るだけで暑い、やめてくれ、と言いたくなります。   スーパーには夏バテ防止の食材が並んでいます。今の目玉は...

[05:30 7/23]

2015年07月22日(水)

水を調べるだけで生息する魚の種類が判別可能に - 千葉県立中央博物館など

千葉県立中央博物館などの研究グループは7月22日、魚から体表の粘液や糞などともに水中に放出されたDNAを分析することで、DNAを放出した魚の種類を判定する技術を開発したと発表した。

[15:47 7/22]

どこでもサイエンス 第55回 冥王星に接近しました

2015年7月14日午後8時49分。人類は、未踏の天体、冥王星に9年半! かけて宇宙探査機ニューホライズンズを到達させました。いやーめでたい! 今回は、第51回に続いて、冥王星第2弾でございます。写真マシマシでお送りしますー。

[10:00 7/22]

2030年温室効果ガス26%削減 国連への約束草案決定

2030年の温室効果ガス排出量を2013年度比で26%削減する日本政府としての約束草案が、17日の地球温暖化対策推進本部(本部長・安倍首相)で決定された。日本政府の削減計画として国連気候変動枠組条約事務局に提出される。

[09:05 7/22]

2015年07月21日(火)

2030年度原発20~22% 長期エネルギー需給見通し決定

経済産業省は16日、2030年度の原子力発電の電源構成比率を20~22%とすることなどを盛り込んだ長期エネルギー需給見通しを発表した。

[12:00 7/21]

研究開発投資効率の悪さ 財政諮問会議で指摘

日本の研究開発投資効率の低さが、16日開かれた経済財政諮問会議(議長・安倍首相)で指摘された。

[09:33 7/21]

2015年07月20日(月)

月面着陸から46年後の今、冥王星の月と火星の月と(佐竹 渉)

今日、7月20日は人類が初めて月に降り立った日です。 1969年7月20日、アメリカ合衆国によるアポロ11号計画によって、ニール・アームストロング船長とバズ・オルドリン月着陸船操縦...

[06:00 7/20]

2015年07月19日(日)

南部先生、ペンタクォークが見つかりましたよ(福田 大展)

(CERN提供) 身の回りの物は何でできているのか? 好奇心を突き詰めると、小さな粒に行き当たる。 その粒が2、3個集まった粒子は知られているが、 5個も集まった粒子が、新たに見つ...

[06:00 7/19]

2015年07月17日(金)

「氷と水の区別がなくなる『固液臨界点』は存在する」ってどういう意味? - 研究を発表した岡山大学の先生方に聞いてみた

「氷と水の区別がなくなる」とはどういうことだろうか?「氷と水の区別がなくなる新たな臨界点が存在することを世界で初めて明らかにした」と発表した岡山大学大学院自然科学研究科(理)の望月建爾 特任助教と甲賀研一郎 教授のもとを訪ね、同研究成果について話を聞いてきた。

[11:00 7/17]

南部陽一郎先生に感謝を込めて(詫摩 雅子)

悲しいニュースが入ってきました。 シカゴ大学名誉教授で、2008年のノーベル物理学賞を受賞した南部陽一郎先生が7月5日に他界されました。1921年(大正10年)のお生まれで、享年9...

[08:08 7/17]

2015年07月16日(木)

高校生が選んだ驚きの研究テーマとは?アンバサダー・プログラム活動レポート③(新山 加菜美)

   WBT(ワールド・バイオテクノロジー・ツアー)アンバサダーの研究が本格的にスタートしました!    "アンバサダー"とはバイオテクノロジーと社会との関係を考えるために任命され...

[08:00 7/16]

2015年07月15日(水)

世界を彩る 数学レシピ 第41回 フォント×数学

あなたは学校の勉強で数学・算数は好きでしたか(好きですか)?。数学なんて社会に出たら役に立たないじゃないか、などと思って勉強してないあなた。大間違いです。社会を、そして世界を形作っているものこそが数学なのです。今回は、そんな身近に存在する数学の謎として、フォントと数学の関わりを解き明かします。

[10:00 7/15]

歩き方で誰かがわかる時代が到来!? - 未来館、メディアラボ第15期「アルクダケ 一歩で進歩」の展示を開始

日本科学未来館は7月14日、2015年7月15日~2016年4月11日までの期間、メディアラボ第15期展示として「アルクダケ 一歩で進歩」を開催するのに合わせて、プレス向け内覧会を開催した。

[09:00 7/15]

明日7月16日19:00~ 油井飛行士のミッションをご紹介!(樋江井 哲郎)

いよいよ7月23日(木)、油井亀美也宇宙飛行士が国際宇宙ステーション(ISS)へと飛び立ちます。 前回のブログでも少しだけご紹介しましたが、 いったい油井宇宙飛行士はどんなミッショ...

[03:05 7/15]

2015年07月14日(火)

多言語音声翻訳さらに便利に

多言語翻訳システム開発で実績を積み上げているヤマハ株式会社と国立研究開発法人情報通信研究機構(NICT)が、肉声を自動的に多言語化する機能強化を目指し、共同研究を始めた。

[19:55 7/14]

国内初、長崎で大型ティラノサウルスの化石を発見

福井県立恐竜博物館は7月14日、2014年度の長崎市との共同調査で、同市内の長崎半島西海岸に分布する約8100万年前(白亜紀後期)の地層から、ティラノサウルス科の大型種としては国内初となる化石を発見したと発表した。

[19:54 7/14]
  • <<
  • <

1/3

バックナンバー

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事