マイナビニュース | テクノロジー | サイエンス | ヘッドライン(2008)(1ページ目)

ヘッドライン

2008年12月31日(水)

JAXA、日本最大の宇宙機「HTV」の実機を公開

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は25日、国際宇宙ステーション(ISS)に物資を輸送する「宇宙ステーション補給機(HTV)」の1号機を筑波宇宙センターで公開した。実験装置などに加え、水や食料などを地上からISSに届ける役割を担う機体で、2010年のスペースシャトル退役以降はISSへの大型物資輸送で活躍することが期待されている。

[23:57 12/31]

2008年12月11日(木)

今後5年間に生活を一変させる5つのイノベーション - 米IBMが発表

米IBMは、「IBM Next 5 in 5」の第3弾を発表した。「IBM Next 5 in 5」は、今後5年間に人々の働き方や生活、娯楽などを一変させる可能性を持つイノベーションをまとめたもので、2006年に第1弾を、2007年に第2弾を発表している。

[16:52 12/11]

2008年12月03日(水)

AMAT、TSV形成用エッチング装置を発表

半導体製造装置大手の米Applied Materials(AMAT)は12月3日、幕張メッセで同日から5日まで開催されている半導体製造装置の展示会「Semicon Japan 2008」において、貫通電極(TSV:Through Silicon Via)形成用エッチング装置「Applied Centura Silvia」を発表した。

[21:54 12/3]

2008年12月01日(月)

2009年1月1日、3年ぶりに"うるう秒"発生 - 何時何分何秒かご存知?

2009年1月1日には3年ぶりに「うるう秒」が挿入される――このような発表が今年9月12日、独立行政法人情報通信研究機構(NICT)により行われた。3年前にも実施されているため、うるう秒という単語には聞き覚えのある方も多いだろう。その名前から、時刻を調整するために1日の時間が1秒増やされるであろうことも察しがつく。ただし、具体的にそれがいつ実施されるのかご存知の方は少ないのではないだろうか。

[09:00 12/1]

2008年11月12日(水)

超豪華審査員が選考! 第22回「日本IBM科学賞」受賞者発表

日本アイ・ビー・エムは12日、第22回「日本IBM科学賞」の受賞者を発表した。受賞者には賞金300万円と賞状および記念メダルが贈呈される。

[18:08 11/12]

2008年10月24日(金)

VLCC、IrDA、ICSAが可視光通信の標準化に向け活動開始

可視光通信コンソーシアム(VLCC)は24日、赤外線データ協会(IrDA)および光無線通信システム推進協議会(ICSA)と共同で、光無線通信技術である「可視光通信」の標準化に向けた活動を開始した。

[18:05 10/24]

2008年10月23日(木)

理研ら、液晶性有機半導体を開発 - 従来比10倍の電子輸送特性を実現

理化学研究所(理研)と東京大学、高輝度光科学研究センターの3者は、親水性と疎水性の側鎖を導入した両親媒性を持つ有機分子をカラム(円柱)状に積層化し、高い電子輸送能と加工成形性を併せ持つ液晶性有機半導体を開発することに成功したことを発表した。

[16:56 10/23]

2008年10月15日(水)

英国の宇宙会議体験記 - 英国の宇宙事情

またまた、IAC(International Astronautical Congress)の季節がやってきた。この会議は、宇宙関係の国際会議では最大のもので、昨年はインドのハイデラバードで行われている。今年は9月29日から10月3日まで、英国のスコットランド地方にあるグラスゴーで行われるとのことで、英国へ飛んだ。

[21:34 10/15]

2008年10月06日(月)

2000時間の録音データから3秒でキーワードを検索 - 日立が開発

日立製作所は、大規模な録音データの中から、任意のキーワードを含む音声を高速に検索する技術を開発したと発表した。

[13:13 10/6]

2008年10月01日(水)

CEATEC JAPAN 2008 - リニアモーターカーが走る! 週末は科学実験ショーも

米Tyco Electronicsの日本法人であるタイコ エレクトロニクスは、自社ブース内に今回のために開発したというリニアモーターカーを設置、試乗会を行っていた。これは自社製品の技術デモンストレーションとして開発したもので、市販は予定されていない。

[18:54 10/1]

2008年08月14日(木)

USB 3.0の標準化直前ドラフト仕様が公開、製品開発と普及へ向け弾み

米Intelは8月13日(現地時間)、Extensible Host Controller Interface(xHCI)ドラフトのRev. 0.9を公開した。同仕様は「SuperSpeed USB」の名称で呼ばれる「USB 3.0」向けのホストコントローラの動作を定義するもの。USB 3.0に対応したソフトウェア・スタックや周辺機器の開発が可能になる。早期に仕様を公開し、メーカーの製品開発の促進や機器間の相互接続性の向上を実現するのが狙い。

[13:49 8/14]

2008年07月30日(水)

HP、Intel、Yahoo!がクラウドコンピューティングの研究開発環境

Hewlett-Packard(HP)、Intel、Yahoo!は7月29日 (米国時間)、クラウドコンピューティングのための研究プラットフォーム「Cloud Computing Test Bed」を発表した。米欧にデータセンターを設け、オープンソースプロジェクトを利用した研究・試験環境を用意する。クラウドコンピューティングに関するソフトウエア、ハードウエア、データセンター管理、サービスなどの研究において、産官学による従来にない規模のオープンなコラボレーション実現を目指す。

[10:37 7/30]

2008年07月28日(月)

科学者らがBletchley Parkの保存状態改善を呼びかけ

第2次世界大戦中、英国など連合軍はロンドンから約80kmはなれたBletchley Park内にドイツ軍の暗号解読拠点を設立した。これが連合軍勝利に大きく貢献したことはよく知られている。そのBletchley Parkの保存のため、100名近くの科学者が状態改善を呼びかけている。

[22:08 7/28]

2008年07月04日(金)

光ファイバの海底ケーブルが地震の予兆をキャッチ!? 敷設船「すばる」公開

気象庁は、ケーブル式常時海底地震観測システムの敷設を7月6日から開始するのにあわせて、海上で敷設作業を行う敷設船「すばる」の内部を報道関係者に公開した。気象庁では、東海地震・東南海地震の想定震源域の海域における地震観測強化を目的に、2003年度から新たなケーブル式常時海底地震観測システムの開発に着手しており、このほど、NECが作業施工者となり、既設の東海沖常時海底地震観測システムの西側に敷設する。

[14:19 7/4]

2008年06月12日(木)

Google創設者が宇宙へ、Space Adventuresの新プログラムに参加

Space Adventuresは6月11日 (米国時間)、民間宇宙旅行プログラムへの支援を募る「Orbital Mission Explorers Circle」を発表した。弾道宇宙飛行が実現した場合、サークルメンバーは優先的に搭乗できる。同社によると、Googleの共同創設者でテクノロジ担当プレジデントのSergey Brin氏が、500万ドルを預託し、同プログラムのFounding Explorerグループの設立メンバーになった。

[10:47 6/12]

2008年06月02日(月)

日立と東大、「裸眼立体ライブ映像システム」の開発成果を発表

日立製作所と東京大学大学院情報理工学系研究科の苗村健准教授は2日、「裸眼立体ライブ映像システム」に関する共同研究の成果を発表した。裸眼立体ライブ映像システムは、東大苗村研究室で開発した64台のWebカメラを利用した「可搬型カメラアレイシステム」と、日立が開発し、2006年に発表したIV方式による「裸眼立体視ディスプレイ」を組み合わせ、さらに高速な画像処理ソフトウェアを新規開発して両者を接続したもの。

[18:42 6/2]

2008年05月30日(金)

東京大学大学院の松井孝典教授が語る - 宇宙・生命・地球・人類・文明

21世紀、人類の文明は地球環境問題をはじめ、様々な問題に直面している。我々は、これらの諸問題を解決する鍵をどこに見い出せばよいのだろうか。自然科学者であり、かつ宇宙的視点から文明を論じる東京大学大学院の松井孝典教授にお話をうかがった。

[22:55 5/30]

2008年05月14日(水)

目の前のPCで宇宙旅行はいかが? MSが「WorldWide Telescope」を発表

世界探検に飽きた冒険者の貴方に、最後のフロンティアである宇宙探検はいかが!? - こんな夢を叶えるソフトが高解像度の画像ライブラリ群とともに提供される。米Microsoftは5月13日(現地時間)、宇宙の天体や星雲などを探索できるソフトウェア「WorldWide Telescope」のパブリックベータ版を公開した。専用ソフトとインターネットを介したWebサービスを組み合わせた製品で、学生や宇宙に興味のあるアマチュア研究者らをターゲットに無償で提供される。ちょうど、Googleの公開しているGoogle Earthの宇宙版ともいえる存在だ。

[17:07 5/14]

2008年04月01日(火)

国際科学オリンピック - いかにして人材を育成するか

2008年3月30日、立教大学池袋キャンバスにおいて、「2009国際生物学オリンピック・2010国際化学オリンピック開催に向けて 国際科学オリンピック日本開催シンポジウム」が「伸びる才能を育てよう!」をテーマに開催された。

[10:00 4/1]

国際科学オリンピック - 日本開催に向けたシンポジウムが開催

2008年3月30日、立教大学池袋キャンバスにおいて、「2009国際生物学オリンピック・2010国際化学オリンピック開催に向けて 国際科学オリンピック日本開催シンポジウム」が「伸びる才能を育てよう!」をテーマに開催された。

[09:00 4/1]

2008年03月31日(月)

NECと東大、クチコミ効果を可視化するシミュレーション技術を開発

日本電気と東京大学は31日、サービスの普及過程における人と人との相互作用を分析しモデル化することで、サービスがどのように普及していくのかをシミュレーションする技術を開発した。

[17:37 3/31]

2008年03月28日(金)

「未知との遭遇」してみませんか? 日本科学未来館でエイリアン展が開催中

東京・青海の日本科学未来館にて、企画展「エイリアン展――モシモシ、応答ネガイマス。」が始まった。「エイリアン=地球外生命」をテーマにしたこの企画展は、フィクションの世界のエイリアンたちにはじまり、地球外生命の存在まで、科学的に迫る内容となっている。

[20:10 3/28]

2008年03月25日(火)

高専機構とマイクロソフト、6,500台のPCで高性能計算実現へ

国立高等専門学校機構とマイクロソフトは25日、共同で進める「高専連携グリッドプロジェクト」が来年にも本格的に始動すると発表した。本プロジェクトは、全国の国立高等専門学校が保有する教育用PCにマイクロソフトの「Windows Compute Cluster Server 2003」を搭載し、大規模なグリッドコンピューティング環境を構築しようというもの。最終目標としては、約6,500台のPCを利用する。実現すればノード数では国内最大級となり、スーパーコンピュータ並の計算能力を提供できる。

[19:09 3/25]

米Yahoo!と印Tataグループの研究所、クラウドコンピューティング研究で提携

米Yahoo!は24日(米国時間)、インドにある民間の計算機科学研究所Computational Research Laboratories(CRL)と共同でクラウドコンピューティング研究を行うと発表した。CRLのスーパーコンピュータ「EKA」とYahoo!が開発を進めるソフトウェアを組み合わせ、インドの学術機関などを対象にクラウドコンピューティング環境を提供する。

[14:51 3/25]

2008年03月20日(木)

SF小説の大家、アーサー・C・クラーク氏が死去

英国人小説家アーサー・C・クラーク氏が19日、移住先のスリランカで死去した。死因は心肺機能不全、享年90歳。

[11:56 3/20]

2008年03月14日(金)

この技術に注目!! - MITが"もっとも影響力のある10の先端技術"を発表

米マサチューセッツ工科大学が発行する技術情報誌「Technology Review」の最新号にて、将来もっとも大きな影響力があると予測される10の先端技術「TR10」が発表されている。

[09:00 3/14]

2008年03月13日(木)

日清食品が新開発した「うどん」「そば」「焼き鳥」「いなり寿司」が宇宙へ

日清食品は、宇宙航空研究開発機構(JAXA)と共同で開発した新開発の宇宙食が、米国航空宇宙局(NASA)スペースシャトル「エンデバー号」に積み込まれたと発表した。

[20:36 3/13]

2008年02月20日(水)

2008年02月19日(火)

英国、独自の宇宙計画を発表 - 惑星探査へ進出強化、有人計画再検討も

英国立宇宙センター(BNSC: British National Space Centre)は、民事利用分野での宇宙開発の新5カ年計画「UK Civil Space Strategy: 2008-2012 and beyond」を発表した。これまで取ってきた方針を転換し、大幅に宇宙計画を前進させる新ビジョンの提案も盛り込まれている。

[23:27 2/19]

2008年01月26日(土)

映画から実物まで!? 「エイリアン展」 - 日本科学未来館で3月20日より開催

東京・青海の日本科学未来館にて、3月20日から企画展「エイリアン展――モシモシ、応答ネガイマス。」が開催される。会期は6月16日まで。

[01:37 1/26]

2008年01月24日(木)

民間有人宇宙船「SpaceShipTwo」のデザインが公開 - 夏にも飛行試験を実施

米Scaled Compositesと英Virgin Galacticは、民間の有人宇宙船「SpaceShipTwo」とその母艦「WhiteKnightTwo」のデザインを初めて公開した。現在、Scaled Compositesが米カリフォルニア州南部のモハーベ砂漠にある同社の施設内にて製造中で、今年(2008年)の夏にも飛行試験を行う予定。

[19:47 1/24]

バックナンバー

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事